51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川越市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第9日・12月10日) 本文

あの場所は、上江から北のほうに百メートル、二百メートルほどでしょうか、少し低くなっておるところで、それ以外の入間川沿いの堤防とは高さが異なるところでございました。まさに自分の顔が水面に映るような状況の中で、恐怖を覚えました。  車で引き返すときに、Uターンをするのをためらったほどでした。

川越市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

さらに、この交差点は、県道と国道一六号の上江への抜け道交差点であることもあり、右左折をする車両も多く見てとれます。見ている私たちが心配になってしまいます。  四年間、ここを通る児童も毎年ふえているにもかかわらず、具体的な安全策がまだ何もありません。なぜこのような遠距離でなおかつ危険な通学を多くの児童がせねばならないのでしょうか。

川越市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第12日・3月4日) 本文

道路状況は、通勤時間帯に橋や踏切前後などで渋滞が発生されるとのことでしたが、平日の朝、上江の川越方面は、古谷上の交差点を先頭に、長いときには橋の対岸近くまで渋滞することもあります。  そこで、二回目の一点目の質問ですが、平日の朝に起こっている川越へ向かう上江上の渋滞とアクセスする周辺の道路渋滞を市ではどのように考えているか伺います。  

川越市議会 2017-09-15 平成29年第7回定例会(第12日・9月15日) 本文

古谷湿地では平成十四年十月に、江遠島上江河川生物調査を実施いたしました。調査結果といたしましては、オイカワ、タモロコ、モツゴ等が確認され、希少種といたしましては、埼玉県レッドデータブックに載ってございますメダカ、ヌカエビを確認しております。  次に、古谷湿地の活用事例についてでございます。  平成二十二年度から主に小学生を対象とした古谷湿地さかな観察会を実施しております。

川越市議会 2014-12-09 平成26年第6回定例会(第13日・12月9日) 本文

さらに、この交差点は外環状線が廃止された上江と接続する旧来の路線のままとなっているため、外環状線と東環状線との接合がされていない形状となっており、課題が残されたままとなっております。改めて(仮称)川越東環状線整備の今後の見通しについてお尋ねをいたします。  東環状線と接合する川越北環状線についてもお答えをいただきました。

川越市議会 2012-02-28 平成24年第1回定例会(第7日・2月28日) 本文

位置につきましては、釘無橋から上江までの入間川右岸でございまして、延長にして約五・七キロメートルの間を全体計画としております。この河川敷の高水敷の幅が広くスポーツ等の土地利用が図れますのが芳野工業団地裏から入間大橋までの区間約三・二キロでございまして、この区間の公園化を計画しているところでございます。  

川越市議会 2010-06-14 平成22年第2回定例会(第13日・6月14日) 本文

(1)、市内循環線(氷川神社から国道一六号まで)などについて、(2)は、凍結状態にある外環状線(南台一丁目から上江間)についてとして、具体的に表題を掲げさせていただきました。市民の皆様から現状どうなっているのかと問い合わせもあり、また目的効果や整備手法などについて、それぞれお伺いをしていきたいと思います。  

川越市議会 2010-06-10 平成22年第2回定例会(第9日・6月10日) 本文

続きまして、南古谷地区の都市計画道路につきましては、南古谷駅南側に南古谷駅前通り線、川越志木線、外環状線の三路線、また南古谷駅北側には南古谷伊佐沼線、川越駅南古谷線、小仙波上江線の三路線の、計六路線がございます。  それぞれの都市計画道路の役割でございますが、都市間を連絡する広域的な幹線道路として小仙波上江線並びに川越志木線及び外環状線を位置づけております。

川越市議会 2010-06-09 平成22年第2回定例会(第8日・6月9日) 本文

その代表的な橋梁といたしましては、荒川にかかる橋長約一千六百メーターの上江がございます。その十一橋のうち耐震調査済みの橋梁は八橋でございます。また耐震補強済みの橋梁が六橋と、耐震強度が十分な橋梁が二橋で、合わせて八橋でございます。  続きまして、埼玉県において管理する市内の橋梁は、主要地方道川越・上尾線や国道二五四号などにかかる三十五橋でございます。

川越市議会 2010-06-01 平成22年第2回定例会〔6月〕 一般質問通告事項書

都市計画道路の遅れについて            │        │二五一~   │ │    │       │ (1) 市内循環線(氷川神社から国道一六号まで)などにつ│        │       │ │    │       │   いて                      │        │       │ │    │       │ (2) 凍結状態にある外環状線(南台一丁目から上江

川越市議会 2008-03-11 平成20年第1回定例会(第15日・3月11日) 本文

麦生川の改修整備につきましては、先ほどの荒川廃川敷の取扱に関する覚書に基づき、埼玉県川越県土整備事務所の施工によりまして、平成十八年度には江遠島上江の下流の右岸側ののり面成形及び河道敷内の樹木、柳の木の剪定を実施しまして、平成十九年度には江遠島上江の上流の両岸ののり面成形、及び河道敷内へ幅員四メートルの小段を設け、そして河川の水流れを変化させるなどの整備や、全体区域の転落防止柵の設置などの改修工事

川越市議会 2007-12-12 平成19年第6回定例会(第14日・12月12日) 本文

グリーンパークの西側に広がっております江遠島緑地にかかる江遠島上江は狭隘で通学路としては不十分、改修が必要と考えますが、見通しはどうかをお聞きしたいと思います。江遠島上江は古谷東小と古谷小を結ぶ、あるいはグリーンパークと古谷小を結ぶまさにパイプ役のような橋でありますが、通学路としてはいささか狭い歩道となっております。

川越市議会 2006-09-14 平成18年第4回定例会(第14日・9月14日) 本文

今回、対象となる河川敷の形状は、芳野工業団地に隣接している区域では、比較的堤防から川べりまでの幅が広く活用しやすい形となっておりますが、川下の入間大橋から上江にかけての河川敷は、堤防の補強部分に取られてしまい、幅が狭くなっている地帯で、グラウンドとしての整備が難しい地帯となっております。形状に即した整備が求められております。

川越市議会 2005-12-13 平成17年第5回定例会(第14日・12月13日) 本文

古谷湿地につきましては、平成十四年十月に、江遠島の上江付近で実施いたしました。調査結果といたしましては、タイリクバラタナゴやモツゴ、あと県のレッドデータブックに載ってございますメダカ、ヌカエビも確認しております。また、市民団体環境ネットの自然環境グループの方もここは調査をしているところでございます。  

川越市議会 2005-03-22 平成17年 建設常任委員会 会期中(第2日・3月22日)本文

116 まちづくり部長 やはり大きな公園を市内に設置していくのはむずかしい状況ですので、現在、上江から上流については、釘無橋までは国土交通省土地を買いまして河川改修をし、残りを公園に貸すということで話がついておりますので、芳野工業団地のあたりから裏については大きな公園をつくっていきたいと考えております。  

川越市議会 2005-03-11 平成17年第1回定例会(第12日・3月11日) 本文

そこは江遠島・上江という橋の所で歩道があるわけですが、これが非常に狭い歩道、子どもたちが通学あるいは田舎の年寄りが乳母車を押して買いもの等、非常に田舎にしては珍しく混雑する場所でありまして、この地域でこの場所ではいまから五年くらいまえに自転車での交通事故死亡した方もおりまして、もうすでに長い間の懸案となっております。