3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

所沢市議会 1994-12-15 平成 6年 12月 定例会(第4回)-12月15日−06号

本間俊太郎前知事時代に農村部の三本木に立地を決めていた大規模な障害者高齢者のコロニー計画の見直し、予算凍結を知事が打ち出して、議会の強い反発を招いたのだ。この計画は、肢体不自由施設、老人保健施設、生きがい交流施設などの各種施設群を83haの敷地に建設するもの、2005年度完成予定で、事業費は現在でも660億円と試算されている」と。「宮城県シンボル施設ととらえられていた。

草加市議会 1992-12-10 平成 4年 12月 定例会-12月10日-05号

4月1日にはステーションの第1号としてスタートした宮城県看護協会が事業主体となった、三本木の大崎訪問看護ステーションを初めとして、現在全国に99カ所程度開設をされております。  県内におきましても10月1日以降、浦和市、与野市、秩父市、本庄市、戸田市熊谷市の6カ所にステーションが開設をいたしております。

川口市議会 1992-06-15 平成4年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月15日−02号

で、今年中に400か所かなんか新設するということを厚生省は言ってるんですけれども、これ、事業主、いわゆる老人訪問看護ステーションていうんですか、宮城県三本木で1か所、今まであったそうだけれども、厚生省は今年から、4月からですね、400か所やるということですから、これも、どうかひとつ、今後検討してですね、こういうことがあるのはすばらしいことですから、ひとつ御検討願いたいと、要望しておきます。  

  • 1