800件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川越市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第34日・3月25日) 本文

(四) 簡易検査キットやワクチン等の開発・製造を早急に進めること。 二 学校の臨時休校への対策  (一) 新型コロナウイルス感染症に関連する保護者等の休業に対して、休業補償や   賃金補償等の支援を行うこと。  (二) 未履修の学習を回復するための弾力的カリキュラム編成を保障すること。  

狭山市議会 2020-03-03 令和 2年  3月 文教厚生委員会(第1回)-03月03日-01号

4目予防費中、1番予防接種事業費は、感染症の予防、発病後の軽症化を目的に、各種ワクチンの接種を行うためのものであり、2番食育推進事業費は、食育を推進するため食の大切さを啓発する講習会などの開催に要する費用であり、3番成人保健事業費は、市民健康保持と疾病の早期発見を目的に、胃がん、大腸がんなどの各種がん検診を実施するための費用であります。所管する予算についての説明は以上であります。

春日部市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会−02月27日-03号

ロタウイルスのワクチンは、口から飲む生ワクチンですが、2回接種が必要なワクチンと3回接種が必要なワクチンの2種類があり、いずれも生後6週から初回接種を開始し、4週間以上の間隔を空けて2回ないし3回接種をいたします。  2回接種のワクチンは、生後24週までに3回接種のワクチンは生後32週までに接種を終わらせる必要があります。

狭山市議会 2020-02-25 令和 2年  3月 定例会(第1回)−02月25日-02号

4目予防費中、1番予防接種事業費は、感染症の予防、発病後の軽症化を目的に、各種ワクチンの接種を行うためのものであり、2番食育推進事業費は、食育を推進するため、食の大切さを啓発する講習会などの開催に要する費用であり、197ページにかけての3番成人保健事業費は、市民健康保持と疾病の早期発見を目的に、胃がん、大腸がんなどの各種のがん検診を実施するための費用であります。  

蕨市議会 2019-12-12 令和 元年第 5回定例会-12月12日-04号

日本ワクチン予防接種はほかの先進国に比べ、10年から20年もおくれていると言われています。今、風しんの流行がとまらず、昨年、首都圏の成人男性を中心に3,000人近くが罹患し、ことしも既に患者数は2,000人を超え、深刻な事態と言わざるを得ません。  風しんは妊娠初期の女性が感染すると、胎児が目や耳、心臓に障害を伴う先天性風しん症候群になるおそれがある、決して侮ってはならない病気です。  

川越市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第11日・12月12日) 本文

で、もう一点のこの救済制度の適用、いわゆるほかのワクチンとの同時接種の問題であります。ロタウイルスワクチンは、スポイトのようなもので口から飲むシロップ状のいわゆる経口生ワクチンであります。現在、定期接種の実施要領においては、定期接種化されているこの生ワクチンの場合、接種した後二十七日、約一カ月間、ほかのワクチンとの間をあけなければいけない。その二十七日間はほかのワクチンは接種できない。  

春日部市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例会−12月06日-05号

しかしながら、先日「進まぬ風疹ワクチン接種」と題した新聞記事を目にしました。646万人の男性に無料クーポンを配布しましたが、7月までに抗体検査を受けたのは、わずか8.1%、ワクチン接種を受けたのは、わずか1.5%ということでした。その後の新聞報道によりましても、9月までの抗体検査の受検率においても13.4%にとどまっているとのことでした。  

春日部市議会 2019-11-25 令和 元年12月定例会−11月25日-目次

について                (1)乳児家庭全戸訪問事業                (2)地域子育て支援拠点事業                (3)アウトリーチ型支援事業                (4)子育て短期支援事業                (5)子ども家庭総合支援拠点               2.予防医療について                (1)高齢者肺炎球菌ワクチン

川越市議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第17日・9月18日) 本文

この市町村整備型、現在は秩父市だとか、あるいは小さな町が多いわけですけれども、全然別件になっちゃいますけれども、以前取り上げた肺炎球菌ワクチンみたいな、ああいうのも本当に小さい町から始まって、今は都市部でもみんなやるようになっています。場合によったら、こういったものもこれから都市部に広がってくる可能性もあるのかなとも思っています。  

新座市議会 2019-09-17 令和 元年第3回定例会-09月17日-07号

ここで、なぜedumapを無償で提供できるかについてですが、このedumapからの学校情報は信頼性が高く、例えばここの学校インフルエンザの流行のデータから、予防対策の推進やワクチン準備など効果的な活用が想定されます。このような情報を整理し、有益な情報を有料で提供することでシステム運営を賄っています。

春日部市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-08号

公益財団法人どうぶつ基金も取り組んでいるさくらねこ活動では、行政団体が取り組む場合は、ノミ、ダニ駆除の費用やワクチン代の負担もなくなるというふうに聞いています。市内で、個人で取り組んでいる方には出ないために、負担が大変重くなってしまっています。お隣の宮代町では、町長を初め職員さんたちも立ち上がって、この活動に取り組み始めたというふうに聞いています。

狭山市議会 2019-06-26 令和 元年  6月 定例会(第2回)-06月26日-06号

風疹の抗体検査の費用と、肺炎球菌ワクチンの自己負担金はとの質疑に、風疹は抗体検査、予防接種ともに無料で接種ができる。高齢者の肺炎球菌ワクチンについては、例年どおり5,000円の自己負担金をいただいているとの答弁。  中学校教育振興事業費の寄附の経緯はとの質疑に、市内の金融機関から児童生徒を対象とした文化スポーツ振興を目的とし、例年3月に20万円とテント1張りをいただいている。

狭山市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 文教厚生委員会(第2回)−06月13日-01号

これは、国からも支援がございまして、小児の方も対象になっておりまして、その分の小児用のワクチンの確保も必要でございますので、その中で今回年齢をあえてここで区切って接種対象としたということでございます。以上でございます。 ◆三浦和也 委員 そうすると、昭和47年から昭和54年の方が今回のご案内の対象ということですね。前回予算がついたときには、どの方にお送りしたんでしょうか。

狭山市議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月12日-02号

これはこれとして、風疹と、それから高齢者肺炎球菌感染症、この2つのワクチンを打つということなんですけれども、検査及び接種の費用というんですか。市としてはどうしてこんなに高額なことを見込まなくちゃいけないのか、それについて伺いたいと思います。 ○加賀谷勉 議長 三ツ木長寿健康部長。 ◎三ツ木正幸 長寿健康部長 お答えいたします。  

草加市議会 2019-06-10 令和 元年  6月 定例会−06月10日-02号

4款1項2目予防費の予防接種事業でございますが、高年者肺炎球菌ワクチン定期予防接種の対象者として、平成31年度は65歳になる方のみを予定しておりましたが、予防接種法施行令の一部を改正する政令施行されたことから、70歳から5歳刻みの年齢の方及び100歳以上の方のうち未接種者を定期予防接種の対象とされたものでございます。  

春日部市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会−06月10日-05号

◎折原章哲 健康保険部長  インフルエンザ予防接種効果につきましては、予防接種の意義に関する日本小児科学会の冊子によりますと、インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせてつくられており、インフルエンザウイルスの感染を完全には予防できませんが、予防接種をすることでインフルエンザの発症を防いだり、発症した場合でも重症化を予防したりする効果があるとされております。  

新座市議会 2019-06-07 令和 元年第2回定例会-06月07日-04号

次に、4、骨髄移植を受けた患者に対するワクチン再接種助成についてお聞きしています。白血病などの治療で造血幹細胞移植を受けると、治療前に予防接種で得られていた抗体は失われてしまいます。このため、ワクチンの再接種が必要となる患者に接種費用の助成はできないでしょうかという質問です。  骨髄移植や臍帯血移植では、大量化学療法放射線治療移植前に行い、患者免疫機能を低下、消失させる必要があります。