運営者 Bitlet 姉妹サービス
6209件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月07日−議案質疑−05号 低線量の被曝でも放射線の影響は細胞内に蓄積され、発がん性のリスクが高まるというのは、国際放射線防護委員会などの専門機関の国際的な合意事項だと指摘する研究者もいます。    もっと読む
2018-12-06 ふじみ野市議会 平成30年  市民・都市常任委員会 ◎桑子恵美協働推進課長 施設の修繕等につきましては、今回のご提案の中にも、仕様書の中にもございますが、リスク分担ということで、まず金額で分けております。30万円という金額につきまして、30万円以上のものは市、またそれ未満のものは指定管理者のほうで、小規模なものになると思いますが、請け負っていただくというようなことを原則としてやらせていただいております。 ○西和彦委員長 新井委員。 もっと読む
2018-12-04 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月04日−一般質問−03号 文科省のセミナーでお聞きしました、トイレにおいての清掃の方法によって、病原菌の感染リスクが違うことをお伝えしたいと思います。和式中心のトイレでは、タイル床に水をまいてぬらし掃除を行う湿式と呼ばれるもの。それから、洋式トイレでの水をまかない乾式があります。 もっと読む
2018-12-01 ふじみ野市議会 平成30年  12月 定例会(第4回) 特に懸念されるのは、営利企業である以上、指定管理業務の安定的継続性の担保という点において、経営方針の突然の変更や不採算を理由として、また倒産などによって、突然あすから閉鎖になるというリスクが内在していることを十分に認識した上で、危機管理としての対応策、業務継続計画を準備していかなければなりません。事業所の社員が待遇の問題などで一斉にやめてしまうなどの問題もよそでは現実に起きています。 もっと読む
2018-11-29 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-11月29日−議案説明−01号 子供たちや孫たちへの影響、リスクと自分たちの生活をどうとるかについて、我々が言うべきことではないと思っているが、全く関係のない立場ではないので、我々の立場を明確にすることに意味があることだと思っている」との紹介議員の発言がありました。   次に、委員から「再稼働には、東海村を含む6市の同意を得る必要があり、日立市は市民の意見を酌み取るために、市民代表でつくる組織を設置すると発表した。 もっと読む
2018-09-26 志木市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月26日−06号 委員より、胃がんリスク検診は現状40歳から行っているが、尿検査によって胃がんのリスクを高めるピロリ菌検査ができるという話を聞いている。 もっと読む
2018-09-13 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−一般質問−07号 窓口業務を地方自治体の業務から切り離すことで、住民の基本的人権を守る自治体の機能が損なわれることや、住民の個人情報の管理や不正な請求などに対して適正な対応ができなくなるおそれがあることなどを考えると、リスクが高いのではないかと思います。    もっと読む
2018-09-12 志木市議会 平成30年  9月 市民文教都市常任委員会-09月12日−02号 ごろに行きまして、駐車場及び駐輪場のところをおりてみたんですけれども、非常に整然と、トイレもあえて入ってみたりしたんですけれども、とてもきれいになっていて、ゴミも本当に階段のところに一つくらいしか落ちていなくて、指定管理だから当然といえば当然かもしれませんけれども、野里電気さんが定期的に巡回するようにするだとか、なかなかそういうのがちゃんとしていないと、やっぱり治安だったりいろいろ地下ということのリスク もっと読む
2018-09-12 志木市議会 平成30年  9月 総務厚生常任委員会-09月12日−02号 がん検診について、胃がんリスク検診でございますが、集団受診者が65人、個別受診者705人と出ておりますけれども、これは大体大人ですね。これは血液採取による検査というところなんですが、前も一度お願いしたかと思うんですが、学校で健康診断をやるときに尿検査をやりますよね。 もっと読む
2018-09-11 志木市議会 平成30年  9月 市民文教都市常任委員会-09月11日−01号 だけど、とてもじゃないけれども、擁壁、お金もかかりますし、それなりの用途もしていかなくてはいけないということで、やはりリスクはあるけれども、きちっと安全性を高めつつ、経費もかからないブロック塀でという理解でいいんですね。だから、擁壁ではなくてブロック塀だよというあたりのところ、その辺だけ、確認しておきたい。 ○西川和男委員長 答弁をお願いします。  原田生涯学習課長。 もっと読む
2018-09-11 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−05号 建て替え等が進むことにより、建物と建物の間に空間が生まれ、延焼リスクが低減します。さらには、緊急時の避難路としての活用も期待できます。現在市内23地区において指定しております。 ○副議長(町田皇介議員) 13番、浦和三郎議員。 ◆13番(浦和三郎議員) ここまで都市計画における火災に強いまちづくりの基礎をお聞きいたしました。去る8月31日金曜日に、大雨による市内での被害報告がされています。 もっと読む
2018-09-11 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-09月11日−一般質問−03号 その一方で、学生、生徒を酷暑のもとで活動させることで熱中症のリスクが増大することも考えるべきだと思うのだが、教育委員会として事前に対策を求めたかどうか、また、来年以降どのように対処を求めるのかお伺いいたします。   また、運動部の夏休み練習、学生、生徒児童の登校日の対策などどのように熱中症対策を行ったか、来年度以降どのように対策を考えているのか、あわせてお伺いいたします。 もっと読む
2018-09-10 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−04号 ◎上下水道部長(田中貞夫) 地震の大きさや布設されている管の種類、材質、経年の違いにより被害の大きさが異なり、断水のリスクも違ってきますが、どのような地震に対しても断水をゼロにするということは難しいと考えます。また、管の被害を抑えられたとしても、水そのものがなければ断水になりまして、応急給水もできなくなってしまいますので、浄水場の施設更新も大変重要だと考えています。 もっと読む
2018-09-06 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)−09月06日-05号 学校のリスクの研究をされておられます、名古屋大学大学院教育発達科学研究科の准教授の内田先生は次のように述べられております。相対的に見れば、運動部については教員と比べ外部指導者、指導員というより指導者と言っておりますが、より多くの練習量を生徒に課し、さらに安全面への配慮が後回しにしがちであると。確かに外部指導者は教員よりも経験豊かであるかもしれない。 もっと読む
2018-09-05 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)-09月05日-04号 開始当初から個人情報の流出や第三者による成り済ましのような悪用が懸念され、そのリスクに備え、現在でも利用することに同意していない方がおられます。利用することに同意しないことは個人の権利であり、利用しないことで不利になることはありません。同意しないと各種手続の際に情報連携を使って地方税関係情報を問い合わせることができず、かわりに課税証明書などを取得し提出することが必要になります。 もっと読む
2018-07-27 上尾市議会 平成30年  都市整備消防常任委員会-07月27日−04号 雨水管理総合計画を策定することで、浸水被害の発生状況や浸水リスク、資産・人口の集積状況等を勘案し、浸水対策を実施する地区や整備順序を決定し、地域に応じた目標を設定して、計画的に浸水対策事業を進めることができます。   この計画は下水道計画で、平成29、30の2カ年で上尾市総合治水計画とともに策定するということとなっております。 もっと読む
2018-06-27 川越市議会 平成30年 防災・減災対策特別委員会 会期中(第2日・6月27日)本文 次に、五、職員の災害対応力の向上・訓練の実施のうち、十三項目めの現地調査班マニュアル改訂、水害履歴・リスク図作成についてですが、現地調査や災害対応を効果的に実施できるよう、水害リスク図を作成するなど必要な見直しを行ったものです。 もっと読む
2018-06-25 川越市議会 平成30年 2020年東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会 会期中(第1日・6月25日)本文 最後に、(3)二〇二〇オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ二〇一九テロ対策「彩の国」ネットワークにつきましては、埼玉県警が中心となり、県内自治体や交通機関、ライフライン事業者などで構成される組織でして、今回は平成三十年度定期協議会としまして、毒ガスなどのテロ対策に対するリスクマネジメントなどを題材とした講演会などが開催されました。  国、県などの動向につきましては以上です。   もっと読む
2018-06-21 川越市議会 平成30年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・6月21日)本文 なぜかというと、栗原委員も言っていましたけれども、今後必要で需要が高まっている中で、そういう形で研修が少なくて失効してしまうというケースが発生した場合、そういう知識を持っている人たちの資格というか、人員を失うというリスクがあるのかなと感じます。  ですから、一度そういうふうな形で失ったものを再度取得するには、もう少し軽減されるような道があるのかどうか、その辺の確認だけさせてください。 もっと読む
2018-06-20 川越市議会 平成30年第3回定例会(第14日・6月20日) 本文 死亡事故に関しては、特に当初、高齢者の利用が多いところで、高齢者が温浴施設をなかなか利用しない環境のことで起きたものと推察をされますが、もう一個、レジオネラ属菌の問題ですね、これは、利用者がふえれば当然水が汚れやすくなりますので、リスクは高くなります。 もっと読む