664件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

以前、スーツケースが十数個まとまってブロック塀の裏に捨てられていたことについて、また、近年、たばこの吸い殻のポイ捨てが多くなってきたことなどにも触れさせていただいてはおります。  川口市芝との隣接地で、通勤途中などにごみを持参し、越境捨てをしていく話もさせていただいたことがございますが、そちらのほうは少し落ちついたような感じもいたしております。  蕨市内での現状はどうかお聞きいたします。  

蕨市議会 2019-07-04 令和 元年第 2回定例会-07月04日-04号

◆12番(大石幸一議員) 西口、私も年に2回、クリーンわらびの日にやりますと、やはりポイ捨てが多いんですよね。ですから、その辺については、市民の方と言われますか、蕨駅西口をお使いの方、あそこら辺で飲食をされる方について啓発運動も必要なのかなと確かに私も思いますので、その辺はしっかりと推進をしていただきたいなというふうには思います。  

狭山市議会 2019-06-26 令和 元年  6月 定例会(第2回)-06月26日-06号

狭山市では、ポイ捨ての防止に関する条例など全国に先駆けて独自の条例を制定し、注目を浴びたこともあります。また、今では、狭山市介護保険制度は他市に誇れる制度となっております。これを思うとき、私たちは議員として決して無力ではなく、市民の要望に応えるべく頑張ってきたものと自画自賛してもよいかなと思います。

新座市議会 2019-06-17 令和 元年第2回定例会−06月17日-08号

また、プラスチックごみによる環境汚染を防止するために、ごみのポイ捨てをしないこと、正しくごみを分別、そして処理することが重要であります。今後は、市民の皆様に使い捨てプラスチックを使用しないことについて呼びかけるとともに、野火止用水クリーンキャンペーンなどの市の主催の清掃イベントなどでプラスチックごみ問題の啓発を行ってまいりたいと思います。  

狭山市議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月12日-02号

そうすると、第1号から第4号までと第7号、これは私たちがポイ捨ての防止に関する条例をつくったときに、その他禁止行為をしたときに過料を決めました。このように禁止行為そのものをしたときに、市はどういうふうにするんですか。見て見ぬふりはできないし、例えば、壊されたら損害賠償をしていただかなくちゃいけないし、どういうふうに対応していくんですか。 ○加賀谷勉 議長 小出市民部長

草加市議会 2019-03-19 平成31年  2月 定例会−03月19日-付録

│ ├──┼───────┼──────────────────┼──┼────────┤ │ 3 │ 1番    │1 LGBTQのパートナーシップ証明│ 167│総合政策部長  │ │  │矢 部 正 平│  書の発行について        │  │        │ │  │50分    │2 体験型の観光事業について    │ 170│自治文化部長  │ │  │       │3 ごみのポイ捨て

草加市議会 2019-03-06 平成31年  2月 定例会-03月06日-05号

一方で、駅前交差点では、たばこの吸い殻のポイ捨て自動車ドライバーが交差点信号待ちや休憩でごみを捨てたりしています。特に、最近は事業者が投棄したような1カ所で大量のごみが捨てられている悪質なケースが多発しております。その都度、市の窓口に相談させてもらっていますが、国土交通省に連絡しても、ごみ不法投棄撤去まで日数がかかり、市民に不快な気持ちを与えております。  

新座市議会 2019-03-01 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号

次に、272ページ、こちらもいきいき新座21の中の事業概要の中にございます受動喫煙防止についての周知啓発の強化を図るという点については、けむいモンというポスターがございまして、これについては駅周辺のポイ捨てをしてはいけないところに張らせていただいたりしているのですけれども、これを例えば、まだオリパラのこともはっきり決まっていることではありませんが、必要なところにそういうものを張って啓発していくことを

蕨市議会 2018-12-14 平成30年第 5回定例会−12月14日-05号

先日、ごみゼロ運動に参加をしまして、改めてたばこのポイ捨てが多いのだなということを実感をいたしました。さらには地域公園の自主管理団体による清掃参加をしましても、非常に多くのたばこの吸い殻が落ちている公園もあります。歩きたばこは非常に危険であり、公園で小さい子が遊んでいるのに、近くのベンチでたばこを吸っている方もいて、さらにはポイ捨てと、本当に何とかしてくださいという声もいただきます。  

蕨市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会-12月12日-03号

日本共産党市議団は、これまで蕨駅東口、西口の喫煙場所の移動や撤去、また、吸い殻のポイ捨てを防止する啓発の強化、公共施設敷地内での喫煙場所の移動や撤去など、市民から寄せられたご意見の実現に向けて活動してまいりました。  市議団がこの夏に行った市民アンケートでもさまざまなご意見をいただいています。「喫煙者のマナーが悪く、受動喫煙の被害を受けている。

新座市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会−12月12日-07号

たばこやごみのポイ捨て、遊ぶ子供たちを無視した釣りなど、近隣住民とのトラブルが多くなってきました。高齢化が進み、釣りが格好の遊びとなっています。県や漁業協同組合と連携し、新座市の子供たちはもちろん黒目川のすばらしい自然環境、多くの魚、貴重な鳥たちを守るため、黒目川のパトロールをシルバー人材センター委託できないでしょうか。  プロジェクターをお願いします。

白岡市議会 2018-12-07 平成30年  第4回(12月)定例会-12月07日−議案質疑−05号

そうした中に、ご質問の中にございましたけれども、たばこのポイ捨てなど火災の原因等になりますこと、また、そういうことが起こった場合につきましては所有者の責任が厳しく問われる場合もあるというようなことを注意喚起させていただいているところでございます。ご理解賜りますようお願い申し上げまして、答弁とさせていただきます。 ○藤井栄一郎議長 8番、遠藤誠議員

狭山市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)−12月07日-04号

例えば、アダプトプログラムでは、自分たちが生活している地域の美化活動に取り組むことで、ポイ捨てをしない心の育成を図るとともに、快適で美しい環境づくりに取り組んでおり、また、エコライフDAYの取り組みでは、一日の生活を振り返りながら二酸化炭素排出量を減らすことを意識することで、地球温暖化防止に向けた行動を見直すよい機会としております。  

朝霞市議会 2018-09-13 平成30年  9月 教育環境常任委員会-09月13日−01号

活動内容としましては環境美化パトロールということでごみの散乱状況の報告ですとか、町内の清掃活動、また、路上喫煙ポイ捨て防止のキャンペーンに参加いただいたり、月1回いろいろな町内を回っていただいて不法投棄ですとかそういうようなのを発見していただく。またはごみの環境美化の普及啓発を行っていただくというのが活動内容でございます。 ○田原亮委員長 山口委員。

志木市議会 2018-09-11 平成30年  9月 市民文教都市常任委員会-09月11日−01号

こちらは、たばこの吸い殻のポイ捨て防止及び受動喫煙防止等の推進のための費用でございます。  主な支出でございますが、15節の工事請負費でございます。こちらは、志木駅及び柳瀬川駅の路上喫煙禁止地区内に、禁止地区の周知・啓発を図るため、路面に啓発路面シートを設置した費用のものでございます。  続きまして、4款衛生費、2項清掃費、3目し尿処理費の事業1し尿処理に要する経費についてでございます。

蕨市議会 2018-09-06 平成30年 9月決算常任委員会−09月06日-01号

路上喫煙の防止に関する条例については、喫煙マナーポイ捨てがされないような美化意識の向上といった点で条例を制定させてもらっている。電子たばこについては、一部の商品でごみが出るようなものもあり、現在指定をしている禁煙エリアについては、これまでの紙巻きたばこと同様に禁じるような方向性で対応していきたいと考えている。   

小川町議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−一般質問−01号

次に、③のほうへ移りますが、③は要するにごみの減量化といっても町民の道徳的な面も含めてですが、ポイ捨てなんてよく言います。これもやはりごみの問題で大きな問題だと思いますが、人間の心理としてそういうこと、つまり私のうちの近くにもいわゆる信号があってとまるところがあります。つまりちょっとやぶみたいのがある。