104件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草加市議会 2019-02-26 平成31年  2月 定例会-02月26日-03号

民間企業においてもブラック企業や働き方改革と叫ばれる中で、教職員の残業なども問題になっています。  そこで、教職員時間外労働は月どの程度あるのかお伺いいたします。  教職員の負担軽減を求める声があり、その中の取り組みで部活動指導員の配置についてお伺いいたします。  放課後の部活動により教職員の負担が重くなっております。

桶川市議会 2018-09-19 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−05号

ですから、少なくともそういう点では、シルバーが個人請負だから、労基法は一切当たらないというのは、実態から見てそういう認識で市がやっていたら、これは市自体がブラック企業を、ブラックの働き方を広げていくことになりますから、その認識はぜひ改めていただきたいというふうに思います。

朝霞市議会 2018-09-13 平成30年  9月 教育環境常任委員会-09月13日−01号

それで事例としては、法律だとか離婚だとかブラック企業だとかいろいろ事例を入れて、自分も該当できると。行けなくても電話で相談もできるのだということが一貫できるような環境をもっとつくったほうがいいのではないですかというふうに、常々思っているのですけれども、どういうお考えを持っていますか。 ○田原亮委員長 地域づくり支援課市民生活・相談係長。

川口市議会 2018-03-08 平成30年3月定例会 埼玉県川口市議会-03月08日−04号

さらに、高校や大学を卒業後に過酷な働き方を強いるブラック企業に就職し、心身を疲弊させてしまう人も多くいます。新卒者が卒業して3年以内に離職する割合は、大卒で約3割、高卒で約4割と高く、こうしたブラック企業存在が一因と指摘されています。社会に出る前に労働者権利などを学ぶ労働法教育は重要だと思っております。  

三郷市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会-12月13日−05号

以上のような背景のもとで奨学金を借りる学生の割合は上昇している一方で、大学卒業でも就職できずに非正規雇用となってしまったり、ブラック企業に就職してしまい、就労を継続することができないために奨学金返還が困難になってしまう若者が増加しています。2003年には222万人が、ピーク時の2010年には341万人が延滞しています。2010年以降の延滞者はおおむね横ばいとなっています。  

春日部市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会−12月08日-05号

ブラック企業の見分けの一つが、離職率が高いかどうかということで見るそうですけれども、2割、3割やめていくというのは、余りまともな職場というふうには見られないようであります。生活を保障できなければやめていくということですから、指導員を確保するためには生活を保障する賃金にすべきだというふうに思いますけれども、そのお考えはどうでしょうか。 ○滝澤英明 議長  小谷子育て支援担当部長

神川町議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月14日−議案質疑、討論、採決−04号

先ほど総務課のほうでメンタルヘルスの話が出たのですけれども、昨年来、法改正によって150名以上のところはというふうになるのですけれども、生徒のほうは、生徒指導だ、いじめ問題だ、不登校だということで、ソーシャルワーカーの方が入ったりなんだりはしていますけれども、最近は学校ブラック企業だと。

朝霞市議会 2017-09-13 平成29年  9月 教育環境常任委員会-09月13日−01号

前に、話は違いますけれども、ブラック企業問題などもあって、一度、毎年やっている百数十人での集会が終わった後に、十数名で、北朝霞駅でチラシを準備して、300だったかな、とんでもなく1時間でなんかはけるような数ではなかったにもかかわらず、10人だったと思うのだけれども、やったら、20分くらいで終わったのですよ。

富士見市議会 2017-09-08 平成29年  文教福祉分科会-09月08日−04号

成人式参加者の方にいろんな資料を配付されていると思うのですけれども、やはりブラック企業やブラックバイトといった働く問題、非常に若者の間では問題になっていると思うのですけれども、改めてこの間、こういった働く人に対する労働法の啓発等の資料、パンフレット、こういったものは資料として配付されているのか確認したいと思います。 ○斉藤隆浩分科会長 生涯学習課長

桶川市議会 2017-06-12 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月12日−03号

これは、そんじょそこらのブラック企業よりももっとブラックな環境になってしまっているのではないかなと思うわけです。そして、それをやはり根本的に解決するには教員の大幅増ということになると思います。1回目の質問におきまして、学級編制に関しては県に対しても物を言っているというようなことで、それに関しては理解はしました。しかし、現実にはそうなっていないと。

鴻巣市議会 2017-06-08 平成29年  6月 定例会-06月08日−議案質疑−02号

そういう人たちが、しかも入れかわりが激しいということで、コンビニも(P.46「一部コンビニは」に発言訂正)いわゆるブラックバイトというか、ブラック企業とも言われるような状況があるということが明らかになっています。そういう点から言うと、店員の教育を誰がどのように責任を持ってやるのかということと、全員が私は基本的には性善説をとります。

杉戸町議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月07日−一般質問−04号

最近はブラック企業とかで賃金が支払われないということで、マスメディアをにぎわせておりますけれども、教職員の関係は残念ながら幸いにそこまではいっていない、残念と言っては大変失礼ですけれども、いっていないということがございます。   聞きたいのは、通知表とか、それから事前学習とか、あるいは旅行に対する下見とか、いろいろと教室でやる以外の仕事というのが教職員の皆さんはあるのだろうと思うのです。

小川町議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月07日−一般質問−02号

一般会社ブラック企業問題、また電通などでの限度を超している超過勤務による過労自殺などの社会問題が一つのきっかけになっているのかもしれません。教職員の過重労働についても、文科省なども取り上げ始めました。埼玉県教育局も昨年6月、1カ月かけて勤務状況調査を実施し、発表しました。その結果を見ても、教職員の過重労働の実態は明らかです。   

神川町議会 2017-06-06 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月06日−議案説明、一般質問−01号

これがふえていくと、この間も大きな会社でありましたけれども、過労死、はっきり言ったらブラック企業です。でも、企業的にはブラックではないですね。すごく有名な優秀な、業績もいい、給与もいい会社です。ただ、労働環境を見ればブラックですよね。ブラック企業です。そういうふうにあるように、過労死ライン寸前の残業を行っている先生って多いのではないかなと思っています。確かに残業をしますとつらいです。

朝霞市議会 2017-03-28 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月28日−資料

めるために  (1) 費用対効果の判断及び住民合意手続の制度化について  (2) 国、県、市の行う事業について−−まちづくり条例を再び考える16 山口公悦 1 心身の健康を脅かす、教職員の超過勤務や過重労働を根絶して、教師が一人一人の児童生徒と向かい合える、ゆきとどいた教育環境をつくるために  (1) 教職員の過重労働・超過勤務の実態と改善について  (2) 学校における労働安全衛生管理について 2 ブラック

朝霞市議会 2017-03-13 平成29年  3月 教育環境常任委員会-03月13日−01号

山口公悦委員 温暖化の関係ではないけれども、後で産業振興のところで出てきますけれども、ブラック企業の啓発の問題については、担当課のほうでポスターをつくって、それをお願いしてやったやつ、デザインもなかなか目を引く内容で、聞きましたらば、職員の方がつくられてあったということで、4市が集まる機会がありましたので、市民団体労働組合110人集まったときに、それを紹介してやったらば、すごいなという話にもなりましたけれども

富士見市議会 2017-03-10 平成29年  第1回 定例会-03月10日−委員長報告・質疑・討論・採決−10号

しかし、働くことから考えると、ブラック企業、ブラックバイトという実態が改善されたようには思えません。男女を問わず過労死の事例は後を絶たず、相変わらずサービス残業や仕事の持ち帰りなど聞かれます。先週から国の推奨で始められたプレミアムフライデーは、消費を促進する意味合いにすぎず、報道にあるように鳴り物入りで、大企業など一部の取り組みにすぎません。   

所沢市議会 2017-03-09 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月09日−08号

すればいわゆるブラック企業ということになるとの御意見でありました。  これについては、弁護士からも、地方公務員法の観点からも、本件は懲戒事由にも当たらず、重過失と評価できないような事案について市が職員に求償権を行使することはできないということですとの判断をいただいております。そこで、本件の経緯を鑑みて文書注意としたところでありました。  

草加市議会 2017-03-09 平成29年  2月 定例会-03月09日-06号

幾つかの会社を経験しましたが、どこもブラック企業と言える職場でした。飲食店に勤務していたころは、朝6時半から夜11時半までトイレ以外の休憩がとれない上に、3カ月間で休めたのはたった2日間、知らず知らずのうちに体調が悪くなっていました。あるとき呼吸が苦しいと思い、何でだろうとよく考えてみたら、たびたび息をしていなかったこともありました。