62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会-02月27日-02号

企業の巨額の内部留保の一部を賃上げに回すことや中小企業への支援を行いながら、最低賃金を全国どこでも時給1,000円に引き上げ、さらに1,500円を目指すなど、まともな賃上げの実現と長時間労働ブラック企業をなくすことを進めるというものが第1であります。  第2に子育て教育の重い負担を軽減すること。

草加市議会 2019-02-26 平成31年  2月 定例会-02月26日-03号

民間企業においてもブラック企業や働き方改革と叫ばれる中で、教職員の残業なども問題になっています。  そこで、教職員時間外労働は月どの程度あるのかお伺いいたします。  教職員の負担軽減を求める声があり、その中の取り組みで部活動指導員の配置についてお伺いいたします。  放課後の部活動により教職員の負担が重くなっております。

川越市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第21日・3月12日) 本文

これまでブラック企業労働法ハンドブックの活用、高校での労働出前セミナーなどの開催などを提案してきました。今回は、今国会で審議をされております働き方改革の問題やこれまでの取り組み状況などを確認させていただきます。  一点目に、現在の雇用情勢、有効求人倍率はどのようになっているのかお伺いいたします。  二点目に、雇用形態別と主な産業別の賃金はどのようになっているのかお伺いいたします。  

春日部市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会−12月08日-05号

ブラック企業の見分けの一つが、離職率が高いかどうかということで見るそうですけれども、2割、3割やめていくというのは、余りまともな職場というふうには見られないようであります。生活を保障できなければやめていくということですから、指導員を確保するためには生活を保障する賃金にすべきだというふうに思いますけれども、そのお考えはどうでしょうか。 ○滝澤英明 議長  小谷子育て支援担当部長

蕨市議会 2017-09-27 平成29年第 4回定例会−09月27日-05号

学生には高い学費奨学金返済の不安がのしかかり、働く若者の間には低賃金雇用破壊、長時間労働ブラック企業の問題も指摘されております。  是正に向けた努力も始まろうとしておりますが、一方で働き方改革の名による残業代ゼロ法案や残業時間の上限を100時間とする大改悪も準備されるなど、危険も広がっています。  

川越市議会 2017-09-19 平成29年第7回定例会(第16日・9月19日) 本文

働いたけれどもなかなか今の賃金では生活が難しい、それからブラック企業と言われるようなことにかかわる労働関係の相談などが出てくると思いますが、あらかじめやられている、特に若年者向けのセミナーだけではフォローアップしづらい状況などもあろうかと思いますので、今後は働いた後の人たちをさまざま相談できる体制が必要ではなかろうかなと、困っているところに手を差し伸べる必要があろうかと、この点を少し考慮した施策展開

草加市議会 2017-03-09 平成29年  2月 定例会-03月09日-06号

幾つかの会社を経験しましたが、どこもブラック企業と言える職場でした。飲食店に勤務していたころは、朝6時半から夜11時半までトイレ以外の休憩がとれない上に、3カ月間で休めたのはたった2日間、知らず知らずのうちに体調が悪くなっていました。あるとき呼吸が苦しいと思い、何でだろうとよく考えてみたら、たびたび息をしていなかったこともありました。

川越市議会 2016-12-09 平成28年第6回定例会(第10日・12月9日) 本文

アベノミクス経済施策と資本主義の中で生まれてきた新しい言葉がブラック企業ではないでしょうか。企業がもうかりさえすれば、一人一人の働き方を過酷にしても、人生を苦しめ、ときに死に至ることもあるブラック企業やブラックバイト、二〇一三年にはブラック企業という言葉が新語流行語大賞を受賞し、毎年ブラック企業大賞というものも発表されております。

狭山市議会 2016-12-06 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月06日-03号

特に、近年ふえてきている精神疾患などについては、その背景に長時間労働ブラック企業など社会的な要因も指摘されているところであり、社会の仕組みそのものを変える必要もあると考えます。  病気になった場合、実際の医療を施すのは医療機関ですが、では、自治体は何ができるのか。病気は予防とあわせ、早期発見、早期治療が重要です。

新座市議会 2016-09-27 平成28年第3回定例会−09月27日-13号

私は、残業時間の上限を法的に規制するなど、労働基準法の抜本改正や、ブラック企業の規制、労働者派遣法の抜本改正を初めとした非正規から正社員への流れをつくる雇用ルールの強化など、人間らしく働けるルールをつくるためにも、今回同一労働同一賃金の実現を求めるこうした意見書を地方から国に提出をしていくということは、非常に意味のあることだというふうに思います。  

新座市議会 2016-09-05 平成28年第3回定例会-09月05日-03号

そういう中で、ブラック企業とかブラックバイトというところで働かされている労働者というのがふえてきて、やっぱりそういう人たちのための施策というのがここで必要だというふうに思うのです。ただ、新座市は頑張っていて、ブラック企業、ブラックバイトを啓発するポスターを出したりチラシも配っているわけです。でも、ここには何も書いていないわけです。

新座市議会 2016-06-17 平成28年第2回定例会−06月17日-09号

こういうことを法律に書き込んで法規制を強化することによって、ブラック企業であったり、ブラックバイトも根絶できるというふうに思っています。  ぜひ皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○議長(森田輝雄議員) お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。    

蕨市議会 2016-03-16 平成28年第 1回定例会-03月16日-05号

ブラックバイトとは、ブラック企業についての被害や実態についての調査や対処方法の発信などを行っている団体ブラック企業対策プロジェクトというところによりますと、学生が学生らしい生活を送れなくなってしまうようなアルバイトのことであり、正社員並みに働かされることによって講義中に疲労で寝てしまったり、あるいはシフトを勝手に決められることによって課外活動試験に出られなくなってしまったりするケースがふえてきていて

狭山市議会 2016-03-09 平成28年  3月 総務経済委員会(第1回)−03月09日-03号

機会のたびにそういうところから女性の就労問題、いろいろな関係を、特に近ごろはブラック企業、ちょっとブラックという言葉を使っていいかどうかわからないんですが、俗に言うそういうブラック企業に対する近況、それらを会議の中で発表していただいている。また、発表していただいたことに対して委員の皆様から質疑等を行う。そういうものも審議会の中のメニューとしてつけ加えさせていただいております。  以上です。

新座市議会 2016-03-04 平成28年第1回定例会−03月04日-03号

子供貧困や、また非正規雇用についての若者のブラック企業、ブラックバイトの問題もありますので、そういった相談窓口を設けるとか、奨学金制度を改善していくとか、やれることはたくさんあるというふうに思うのですが、全国的課題ということではなくて、やはり現状をどう考えるかによって施策が変わってくると思いますが、その点再度お願いします。 ○議長(森田輝雄議員) 市長。    

新座市議会 2015-12-18 平成27年第4回定例会-12月18日-09号

案文には書いてありませんが、ブラック企業やブラックバイトの問題と、この大学学費の問題というのは、密接に関係していると思います。今の大学生の条件、若い人たちの条件をさらに悪くするということは絶対にしてもらいたくはないと思いますので、ぜひ皆さんにご賛同していただけたらと思っています。  以上です。

新座市議会 2015-12-15 平成27年第4回定例会−12月15日-07号

日本民主青年同盟、ブラック企業被害対策弁護団、首都圏青年ユニオン代表が10月に「NO MORE賃金泥棒」プロジェクトを立ち上げています。労働相談窓口の設置、啓発ポスターの公共施設への張り出しなど、ブラックバイトの啓発をさらに進めるとともに、その護身術を周知してくださいという質問です。