21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

吉川市議会 2021-06-14 06月14日-04号

ファイザーは1億4,000万回分を現在、確保しているので、まず高齢者3,600万人分は行き渡ります。 5月21日にモデルナ製、県・国の大規模会場での使用アストラゼネカ製も、公的接種には使用はいたしませんが承認がなされました。ファイザーモデルナ製合わせ2億4,400万回、1億2,200万人分、接種対象者16歳以上の人口約1億1,000万人を上回るとされております。

川越市議会 2021-06-11 令和3年第3回定例会(第11日・6月11日) 本文

ただ、本当にワクチン接種は始まったばかりでございますので、今後、六十五歳未満、現在、ファイザーワクチンは十二歳以上が対象となっていますから、単純に考えたときに、まだ二十万人以上、対象者が残っています。ワクチン接種のいわゆる交通整理というのは、本当に考えようによってはこれからが本番で、これからが本当に大変なのかなとも思っています。  

三芳町議会 2021-06-03 06月03日-一般質問-02号

◆16番(山口正史君) 多分これどういうふうにするかというのは非常に難しくて、その時間も限られています、今のファイザーですと。希釈して3時間でしたっけ、ぐらいでしかもたないということで、要するにその間に来られる人がどのぐらいいるのかという話になってしまうので、ここはどうするのか、ちょっと今までの経験を踏まえて十分検討していただきたいと思いますが。 ○議長小松伸介君) 健康増進課長

朝霞市議会 2021-03-26 03月26日-05号

現時点のファイザーワクチンは、接種後、症状が出づらくなる点や、高い有効率の相対的な数値が存在しているのも見逃してはいけないと思っております。 さらに、アレルギー体質の方や、接種後の体調変化注意が必要とされる状態の方などもいらっしゃり、接種の数か月後に副反応が起きる例もあることから、任意接種という前提の下、接種しかねる選択肢も自然のことだと思います。 

本庄市議会 2021-03-19 03月19日-05号

また、様々なワクチンのお話もございましたが、ファイザーワクチンに関しましても、今マスコミ等では、アナフィラキシーをはじめとするいろいろな情報が出ております。実際に2月17日から3月11日まで副反応疑い報告において、アナフィラキシーとして報告された事例は37件と報告されておりますが、実際に発生頻度を諸外国と比較するということは、簡単にはできないということです。

吉川市議会 2021-03-17 03月17日-06号

ご答弁の中で、4月26日の週に高齢者用ワクチンが入ってくるということで、その後の日程については、まだはっきりとは分からないというようなことでしたが、最初に入ってくるのはファイザーワクチンということですので、新聞等には、1セットが1,000回分ということで、解凍後の使用期限は5日間というふうに大変短いということなんですが、このワクチンが入ってくるのは、ファイザーの場合はマイナス75度のディープフリーザー

深谷市議会 2021-03-11 03月11日-03号

ファイザーワクチンは非常に取扱いが難しいので、高齢者が終わっても集団接種を少しやらなければならないかなとは考えているところでございますけれども、まずアストラゼネカだとか、例えば常温保存のやつですよね。ああいうのが入ってくれば、医院だとかクリニックでももちろん打てるだろうなとは考えているのですけれども、そこの調整はまだ、全くワクチンがどうなるか分かりませんので、これからの調整になると思います。

熊谷市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問-03号

対象者数は、市民全員の約19万5,400人ですが、薬事承認されているファイザーワクチン対象者は16歳以上の方となっています。 接種場所については、集団接種会場として、妻沼保健センター大里コミュニティセンターくまぴあの3か所を設置するほか、市内11病院と地域の診療所47か所に御協力を頂き、身近なかかりつけ医での接種も可能となる予定です。 

伊奈町議会 2021-03-10 03月10日-03号

次に、③計画段階での難問は何かでございますが、例えば、ファイザーワクチンにつきましては、有効期間が非常に短い上、1瓶の容量が5人分となっています。そのことから、町民の皆さんの希望を伺いながら、14の医療機関でいかに効率的に、予約制になりますけれども、それを割り振るかということが課題かと考えております。 

加須市議会 2021-03-04 03月04日-06号

健康医療部長萩原利一君) ファイザーワクチン用の超低温冷凍庫についてございますが、本市においては7台が配置されることになっておりまして、2月に1台、これについては、既に騎西病院に配置されております。今後は、3月に1台、4月に1台、5月に3台、6月に1台の予定でございます。 ○議長柿沼秀雄君) 野中芳子議員

毛呂山町議会 2021-03-03 03月03日-03号

集団接種使用するファイザーワクチンは、超低温冷凍庫のある施設に冷凍で配送され、受け取った後、直ちに超低温冷凍庫に入れ、マイナス75度で保管します。接種前日に、必要な数を冷蔵庫に移し解凍します。ワクチンを取り扱う際は、2人以上で作業し、決められた時間や解凍方法運搬方法を守るなど品質管理に厳重に注意し、細心の注意を持って保管に当たるよう定められております。 ○長瀬衛議長 千葉三津子議員

久喜市議会 2021-03-03 03月03日-07号

市の考えは、集団接種からだんだんシフトして、個別接種になっていくのかというご質疑になろうかと思いますけれども、おっしゃるとおり当初ファイザーワクチンは特殊なワクチンで、1バイアル当たり最少輸送量が1,000人分ということで、一挙に集団接種でさばいていかなければならないという認識でこのワクチン業務に携わらさせていただいたのですけれども、その後小分けができる、そして医療機関のほうも小分けして配送もしていただけるのであれば

桶川市議会 2021-02-24 02月24日-02号

ただし、ファイザーワクチンにつきましては、16歳未満の者は対象から外れております。なお、高齢者等の内訳は資料のとおりでございます。 次に、接種時期でございますが、国からの情報によりますと、3月以降に市内医療従事者優先接種が開始される予定となっております。また、終わりの時期につきましては、資料では期間未定となっておりますが、最新の情報では来年の2月28日までとなっております。 

  • 1
  • 2