47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

秩父市議会 2016-12-07 平成28年 12月定例会-12月07日−一般質問−04号

県のシルバー・サポーター制度により、秩父ハイヤー様が代金10%割引を実施していらっしゃるということですが、秩父市として、今後運転免許返納サポーター事業について取り組むお考えがないか、見解を伺います。免許を返納して運転を断念する人へのケアとして非常に有効ですので、ぜひご検討いただきたいところです。現状と今後について、見解を伺います。   3番目に、健康マイレージの導入です。

桶川市議会 2016-09-27 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月27日−07号

2点目は、選挙運動用自動車使用の公営に関する改正ですが、条例の第4条にある1日当たりの単価の額を改正するもので、具体的には、一般運送契約、いわゆるハイヤー方式では、旧単価6万200円を改正単価6万4,500円とし、一般運送契約以外の個別契約方式では、自動車借り入れ1万5,300円を1万5,800円に、燃料費7,350円を7,560円に、運転手1万1,700円を1万2,500円にそれぞれ改正し、あわせて

桶川市議会 2016-09-06 平成28年  9月 総務常任委員会-09月06日−01号

具体的には、一般運送契約、いわゆるハイヤー方式では旧単価6万200円を改正単価6万4,500円とし、一般運送契約以外の個別契約方式では自動車借り入れ1万5,300円を1万5,800円に、燃料費7,350円を7,560円に、運転手1万1,700円を1万2,500円にそれぞれ改正をし、あわせて第6条で限度額の改正をするものでございます。  

秩父市議会 2016-03-08 平成28年  3月定例会-03月08日−一般質問−05号

秩父市におきましては、1者、秩父ハイヤーさんのみで、代金10%割引を実施していただいております。   以上でございます。 ○議長(笠原宏平議員) 総務部長。     〔関根 進総務部長登壇〕 ◎関根進総務部長 大きな項目2の(1)、条例制定後の市のかかわりについてお答えいたします。   ご案内のとおり平成25年7月に秩父市空き家等の適正管理及び有効活用に関する条例施行いたしました。

狭山市議会 2014-12-02 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月02日-04号

タクシーハイヤーを使う経済的な余裕もない人もいます。今後の交通政策を総合的に考えるときが来ていると思います。どのようにしていくか、交通弱者のことも念頭にお答えください。  次に、施設を集約化して、狭山市駅前に集めるにあたり、駐車場の整備をし直さなければならないと思います。西口開発では、当初850台を必要だとされた駐車場を157台しかつくりませんでした。今、駐車場が満車のことが多々あります。

朝霞市議会 2013-03-13 平成25年  3月 総務常任委員会-03月13日−01号

ハイヤーハイヤータクシーはあれです、ハイヤーでやっているようなところと費用対効果としてどうかと。 ○須田義博委員長 秘書室長。 ◎田中茂秘書室長 私どものほうとしましては、例えばハイヤーにした場合の価格と、今みたいな委託業務にした場合の価格の調査というのは正直しておりませんので、どちらが有利になるかというのは、ちょっと今の時点ではわかりません。  

春日部市議会 2010-12-01 平成22年12月定例会−12月01日-02号

また、こういった車両については、購入ではなくリースであったり、運転手、燃料費などもトータルで委託するようなハイヤー方式などもあると思いますが、そういった検討はこの過程でなされたのでしょうか、お伺いいたします。  以上、1回目の質疑を終わります。 ○会田幸一 議長  答弁を求めます。  奥沢秘書広報防災担当部長。                    

富士見市議会 2010-09-07 平成22年  決算特別委員会-09月07日−01号

それから、2番目としまして、災害時の情報連絡活動協力に関する協定がございまして、これはふじみ野市、三芳町、東上ハイヤー、ダイヤモンド交通、三和富士交通、みずほ昭和、鶴瀬交通、川越乗用自動車でございます。3番目といたしまして、災害時における避難場所相互利用に関する協定がございまして、これは相手先はさいたま市でございます。

三郷市議会 2006-06-12 平成18年  6月 定例会-06月12日−04号

このため、パトロールを補完する意味から、情報手段といたしまして、社団法人三郷市シルバー人材センターや三郷郵便局及び三郷地区ハイヤータクシー議会等へ情報提供の協力をお願いしているところでございます。  いずれにいたしましても、道路の維持管理につきましては、交通安全上重要な業務でございますので、今後パトロール強化が図られるよう努めてまいりたいと存じます。  

春日部市議会 2006-06-05 平成18年 6月定例会−06月05日-03号

今後消防関係車両等の特殊車両を除く公用車の経費削減の考え方として、例えばハイヤーであるとか、タクシーカーシェアリング等を使用する方法がありますが、今後の公用車経費削減についての考え方を伺います。  さらに、市長専用車や助役専用車車両がありますが、その廃止論についても伺ってまいりたいと思います。特にガソリン代、保険料、走行距離、人件費、車両購入費も含め、近隣状況も含めまして伺いたいと思います。  

日高市議会 2005-03-10 平成17年  第1回 定例会-03月10日−一般質問−04号

全国でも各地で防犯ステッカーによる犯罪の防止対策がとられておりますが、一例を挙げますと、福島県郡山市では、大変大きな市でございますが、市が昨年市の郵便局、ハイヤータクシー組合警察署と不審者についての情報提供に関する協定書を結びました。それに基づいて現在市の公用車300台、郵便局の車400台、タクシー700台の計1,400台で子供たちの見守り体制をしいています。

富士見市議会 2004-12-09 平成16年  第4回 定例会-12月09日−一般質問−04号

災害時の協力体制を万全にするためにもこうした協定は必要ということでございますが、現在協定しているところは2市2町、さいたま市、志木市、旧全国藤の都市9市、埼玉県石油協同組合入間東部支部富士見班6社、社団法人埼玉県LPガス協会朝霞支部18社、東上ハイヤー株式会社ほか5社、株式会社セレスポ、三芳郵便局、富士見市内郵便局8局、その他医師会やトラック協会については県レベル協定をしておりますので、重複して

深谷市議会 2003-12-15 平成15年 12月定例会(第4回)-12月15日−03号

運行事業者の国際ハイヤー株式会社では、現在国土交通省関東運輸局に対しまして、この路線の認可申請中でございます。この路線では、小型バスを利用し、市内に11カ所程度の停留所が設置される予定になっております。また、運行時間は午前5時ごろから午後11時ごろまでの間で、深谷日赤病院籠原駅の間を58往復する予定でございます。

熊谷市議会 2003-12-01 平成15年 12月 定例会(第5回)-12月01日−議案説明−01号

とただされ、同課長から、「市内にバス路線を持っている事業者は、国際ハイヤー及び朝日自動車の2社であるが、国際ハイヤーについては、バスの保有台数が現在51台であり、そのうちノンステップバス平成14年度で熊谷深谷間として4台導入し、本年度は3台、熊谷東松山間に導入している。その他ワンステップバスが18台、残りの26台が通常のバスである。

三郷市議会 2003-09-05 平成15年  9月 定例会-09月05日−03号

それから、これは国や県へのさまざまな、例えば私鉄関係、あるいはまたそこで働く組合の中で毎年毎年、鉄道なりバス、あるいはハイヤータクシー業等への財源支援の要望などたくさんしているわけなんですけれども、このバスの関係で言えば、先ほど言ったように非常に厳しい環境に対する負荷を改善するためのディーゼル規制、これを減らすための機械を導入する。

狭山市議会 2003-03-14 平成15年  3月 定例会(第1回)-03月14日-08号

4項4目市議会議員選挙費中、選挙公営負担金の内訳はとの質疑に、選挙公営については、はがきの関係がはがき1枚50円掛ける 2,000枚の36人分、次に自動車の関係では、いわゆる運転手つきのハイヤー方式で1日6万 4,500円掛ける7日分の36人分、次にポスターが1枚1,707 円掛ける 228カ所の 1.2倍までの枚数が対象になることから 274枚の36人分、これらの合計であるとの答弁。  

狭山市議会 2002-12-03 平成14年 12月 定例会(第4回)−12月03日-01号

第4条第1号は、一般乗用旅客自動車運送事業者、具体的にはハイヤータクシー業者と契約した場合、現行の「6万 200円」を「6万 4,500円まで」に、同条第2号は、一般運送契約以外のもので運転手の雇用契約をした場合、その報酬は1人1日の運転手に限り「1万1,700 円」を「1万 2,500円まで」に改めるものであります。  

熊谷市議会 2002-09-27 平成14年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号

補正の内容は、国際ハイヤー株式会社に対する熊谷駅−深谷駅間の4台分及び朝日自動車株式会社に対する熊谷駅−妻沼聖天間、熊谷駅−妻沼間、各1台に対する補助である。」旨の答弁がなされました。  これに対して、「市民へのお知らせはどのように考えているのか。」とただされ、同課長から、「バス等への表示については、バス会社と調整するとともに、市報等に掲載してお知らせしたい。」旨の答弁がなされました。