270件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

狭山市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月20日-05号

子どもや子育て家庭をめぐる社会問題として虐待、ネグレクト貧困といったことまで含めると、個別ケースごと、または一般化できることなど、課題ごとに解決していかなければならない問題が複合的に山積している状態であります。  そこで、保育園をめぐる課題を整理する上でもお伺いします。待機児童の問題等、現代の課題に対してどのように捉えていますでしょうか、お示しください。  

春日部市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会−03月14日-11号

このときもネグレクトの疑いを事前に把握していながら、幼い命を救うことができませんでした。  政府の緊急対策では、さらに児童福祉司の増員を図るとしていますが、規模もスピードも不十分です。子供を守る土台を確かなものにするための抜本的対策を講じることが求められます。二度と悲劇を繰り返さないために、早急に春日部市児童相談所を設置することを強く要望します。  

春日部市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会-03月08日-08号

それは身体的なものも含め、いわゆるネグレクトと呼ばれますが、育児放棄というようなものもございました。ですので、時には児童相談所とか、警察に連絡をとって対応することもあり、この貧困や、あるいは夫婦間でのDVなど、家庭の中の問題は子供たちの命に直結してくるのだということを強く思うようになりました。今回の私の一般質問は、まさに子供たちの命に直結する児童虐待の問題を取り上げさせていただきます。  

草加市議会 2019-03-07 平成31年  2月 定例会-03月07日-06号

身体的虐待が1万4,821人、ネグレクトが7,699人、性的虐待が258人となっていて、野田市事件の母親のケースのように、子どもの見ているところで配偶者暴力を振るう面前DVなどの心理的虐待の通告がふえたことにより児童虐待件数も増加をし、担当職員の担当件数もふえ、結果、職員の負担増となっているようです。  

春日部市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-04号

虐待相談の内訳でございますが、平成27年度、身体的虐待53件、ネグレクト48件、心理的虐待113件、性的虐待1件となっております。平成28年度は、身体的虐待62件、ネグレクト61件、心理的虐待235件、性的虐待はございませんでした。平成29年度は、身体的虐待75件、ネグレクト41件、心理的虐待195件、性的虐待は3件となっております。  

桶川市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月26日−07号

虐待には4種類、種類がございますが、内訳としましては、身体的虐待が22件、心理的虐待が30件、保護の怠慢、拒否のネグレクトが20件、性的虐待が2件という状況でございます。  続きまして、対応についてでございますけれども、まずは児童相談所への情報提供ということがございます。それから、直接の状況の確認をするという段階に進む方もおられます。

朝霞市議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月25日−05号

議員がおっしゃったように、貧困定義はもちろんですが、今、虐待ですとかネグレクトですとか、そういったことによって、家庭の問題に学校が踏み込んでいかなければならない場面というのは本当にふえてきているというふうに認識しております。個々の状況について、やはり一人一人に寄り添いながら対応していくこと、そして把握をしていくということに努めているところでございます。  

久喜市議会 2018-09-19 平成30年  予算決算常任委員会福祉健康分科会-09月19日−03号

子育て支援課長(尾﨑弘章) 2件は母の精神疾患によるネグレクトに近い状態、1件につきましては……済みません、3件とも母の精神疾患によるネグレクトということでございます。 ○分科会長(平沢健一郎委員) 斉藤委員。 ◆委員(斉藤広子委員) これこそ本当に子育て支援センターというか、そういうものと連携をとりながら、生まれたときからいろいろ情報をいただきながらやっていくと思うのです。

桶川市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−04号

来年がそういう年になるわけですが、では今子供の現状というものは一体どうなっているかといいますと、格差貧困が広がっているというのも何年も前から言われていることでありますし、また桶川市においても残念なことですが、乳幼児がネグレクトで亡くなって、両親が逮捕される、そういった事件、そして体罰にかかわる裁判が起きてしまったわけです。

草加市議会 2018-09-04 平成30年  9月 決算特別委員会-09月04日-03号

その理由といたしまして、まず同居する親族からのネグレクト、いわゆる放置による一時保護が2人、それと同居する家族死亡後、親族がいなくなりまして独居で自立した生活を送ることが困難になったことによる一時保護が1人となってございます。  以上でございます。 ○委員長 平野委員。 ◆平野 委員  これに関連して、高年者プラン策定事業のほうを伺いたいと思います。  

草加市議会 2018-06-13 平成30年  6月 定例会-06月13日-04号

産後鬱になった母親が治療を受けない状態が続くと、子どもの虐待やネグレクト家族にまで大きな影響を与えると言います。産後鬱を早期発見してケアをし、治療が必要な人を治療につなげることができれば、重症化は防げるそうであります。  平塚市では、デイサービス型の産後ルーム「ママはぐ」と臨床心理士による産後メンタルヘルス相談を、今年度からスタートしておりました。  

朝霞市議会 2018-03-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月28日−06号

もう一つは、介護の事業者の方々、ケアマネジャーさん中心に、それから包括支援センターの職員の方々を中心にセルフネグレクト状態にある高齢者の方への支援というテーマでの研修会を行った。もう1点としては、市の職員も虐待防止マニュアルを活用し、日々、そういった研修に努めており、来年度も同じ形で研修会は計画しているとの答弁がありました。  

朝霞市議会 2018-03-13 平成30年  3月 民生常任委員会-03月13日−01号

もう一つは、介護の事業者の方々、ケアマネジャーさん中心に、それから包括支援センターの職員の方々を中心にセルフネグレクト状態にある高齢者の方への支援というテーマでの研修会を行いました。もう一点といたしましては、市の職員も虐待防止マニュアルを活用し、日々、そういった研修に努めているところでございます。

鶴ヶ島市議会 2018-03-02 平成30年  3月定例会(第1回)予算決算常任委員会-03月02日−01号

◆髙橋剣二委員 今説明がございましたけれども、今年度では97件ということで、後ほど内容についても教えていただければと思うのですが、例えば親の暴力とかネグレクトとか、いろいろあると思うのですけれども、またその対応につきましても、説明いただきましたように48時間以内ということで。

加須市議会 2018-02-27 加須市議会 会議録 平成30年 第1回 定例会( 3月)-02月27日−06号

虐待延べ件数は2,806件、うち新規の取り扱いケースの実人数は57人、同様に平成27年度の虐待延べ件数は2,667件、うち新規の取り扱いケースの実人数は49人、平成28年度の虐待延べ件数は3,109件、うち新規の取り扱いケースの実人数は62人、平成29年9月末の虐待延べ件数は845件、うち新規の取り扱いケースの実人数は12人で、その虐待種別の内訳といたしましては、身体的虐待が1人、心理的虐待が2人、ネグレクト

杉戸町議会 2018-02-23 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月23日−一般質問−04号

◆1番(原田壽々子議員) そのフォローケースというのがよくわからないのですが、どういうものかというのがちょっとわからないのですが、そういった出生したという情報の把握は、最近ですと例えば出生届を出さないケースや出せないケース、そういうのが虐待やネグレクトなどの防止につながる重要な部分と考えますが、出生届をとにかく提出していただかないことには町としてはなすすべがないという現状で理解してよろしいのでしょうか