15813件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴ヶ島市議会 2040-09-13 09月13日-03号

この基礎調査では、過去に市が多方面にわたる事業で策定した計画調査資料から、計画策定に必要なデータを抽出するといった作業を実施しました。なお、作業には専門的な知識と高度な技術が必要とされるため、コンサルタント業者の支援を受けて実施したところです。  (6)のアについてお答えします。市では、これまでの検討をもとに、立地適正化計画の素案をまとめ、去る7月18日の政策説明会においてお示ししたところです。

美里町議会 2026-06-13 06月13日-一般質問-02号

10年間では被災原因の約7割が豪雨で、約3割が地震だったというデータもあります。  そのような中、本町には何カ所のため池があるのか、また所有者らの役割も明確にし、危険箇所等管理強化をし、ハザードマップの作成をするとか、今一重に防災の観点から見直す必要があるのではないかと思います。町長に伺います。  以上でございます。 ○大島輝雄議長 町長答弁願います。          

吉見町議会 2025-12-04 12月04日-一般質問-02号

だけれども、これが中部資源が解散するかしないかはまだこれからのお話でございますので、余り言いたくないのですけれども、この個人データを、測量なんかは特にデータ必要にされる方もいますけれども、個人的にはそれを必要とする方にはこれは提供できるのか。

日高市議会 2024-12-09 12月09日-一般質問-03号

今後は、避難所避難可能人数などの各種状況を市のホームページやSNS、テレビ埼玉のデータ放送等を活用して周知を図ってまいりたいと考えております。   6点目の障がい者、乳幼児、女性が安心して過ごすための方策についてお答えいたします。避難所には、身体に障がいのある人、乳幼児をお連れの人など老若男女さまざまな人が避難されてきます。

東松山市議会 2024-09-19 09月19日-05号

私は、6月議会で湿重量の一般的なデータは把握していますかと伺いました。答弁では、一般財団法人日本環境衛生センター資料を使用して、厨芥類39%、紙類29%、木、竹類3%であるとありました。厨芥類とは、炊事場から出る食べ物のくずとありましたので、生ごみのことです。生ごみへの取組が最も効果がありますので、生ごみ処理について取り上げております。

東松山市議会 2024-06-25 06月25日-07号

との質疑に、「具体的なデータではなく、ある学校の一例になるが、中にはアレルギーを持って洋式便器に触れることができない子や、洋式便器に座るのに抵抗を持つ子などもいるが、全体としてはほとんどの子が洋式トイレを利用しているのが現状である。また、今回のトイレ改修工事の設計に当たり学校とも打ち合わせをしてニーズ調査等をした上で作業を進めている。」

鶴ヶ島市議会 2023-12-16 12月16日-05号

ただ、その調査報告を見させていただきますと、約半分の教員は、何らかの形でその期間にも出勤をしているというようなデータがあります。ですので、学校閉庁を設定するに当たりましては、やっぱり実効性があるものが必要なのだろうなというふうには思っています。ですので、鶴ヶ島市の場合は、現在8月11日から16日までの6日間を学校閉庁にしています。

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

私も職員からもらっているデータしかないので、資料をまた後日提出をさせていただきます。済みません。 △櫻沢克幸議員大島輝雄議長 11番、櫻沢克幸議員、1回目の質問を許します。          〔11番 櫻沢克幸議員登壇〕 ◆11番(櫻沢克幸議員) ただいま議長より一般質問の許可をいただきました、11番議員櫻沢克幸でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

久喜市議会 2023-11-29 11月29日-02号

総務部長中村貴子) 今回こちらのほうの場所のほう現場も確認させていただきまして、やはりまだカーナビのほうがデータがないという状況ですとお店の近くのほうのところに入ってしまうということで、まずあの辺にこちらのほうから交通安全の視点からも看板を設置をするように考えていまして、場所のその足場になるところも確認しながらやりたいと思っております。

川口市議会 2023-09-12 09月12日-03号

議員御提案の順番管理システムは、患者利便性向上の手法の一つと認識しておりますものの、外部遮断が絶対条件である電子カルテデータに基づく順番情報の保守や外部抽出方法複数診療科の受診や生理、画像など、検査を経由する複雑な診療プロセスにも適時対応可能な仕組み、コストなどの課題がございますので、現在の取り組みが成果を上げるよう全力を傾注しつつ、導入可能性につきましても多面的に検証して参りたいと存じます。 

越谷市議会 2023-09-09 09月09日-03号

厚生労働省の発表では、2016年、がん罹患率は10万人当たり402人というデータが示されております。罹患とは、新たにがんと診断された人のことで、越谷市に当てはめますと、毎年約1,000人の方ががんと診断されている計算です。越谷市として、この方々にどのような緩和ケアをしてきたのか、また今後の計画についてお示しください。  

鶴ヶ島市議会 2023-06-13 06月13日-03号

日本スポーツ振興センター災害共済給付制度データ「学校事故ビッグデータ分析した記事で、年間107万件も学校で同じような事故が繰り返されているという厳しい内容です。熱中症なども含めると、事故は、小学校と中学校で各37万件、高校が26万件、幼稚園、保育所など6万件です。中学2年生がピークとなっており、年代によって痛めやすい部位が変わることもわかります。  

久喜市議会 2022-09-12 09月12日-04号

総務部長中村貴子) それで問題が解決するかというようなご指摘かと思うのですが、そういうような形で今生きづらさを感じている方が、実際に先ほどのご答弁の中でもお話しさせていただきましたが、調査の中で8.9%いらっしゃるというようなデータも出ております。そういうようなことで、当事者の方で苦しんでいる方も実際にいらっしゃるということも数字的にも出ております。