6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

秩父市議会 2016-12-07 平成28年 12月定例会-12月07日−一般質問−04号

現在、秩父市が捕獲区域に関して支出しているもの全て取りやめて、例えば捕獲頭数当たりの報奨金のみの交付に切りかえれば、国の事業を受けることも可能でございますが、現在の年間業務委託費の中にはツキノワグマ出没等の緊急的な対応や市の指示による協力事項等が含まれておりまして、また年間を通じて有害鳥獣捕獲活動にご尽力いただいている方、従事者の方も数多くいらっしゃいますので、捕獲従事者も含めて慎重に、この捕獲報奨金

東秩父村議会 2016-11-30 平成28年 12月 定例会(第6回)-11月30日−一般質問、議案説明、質疑、討論、採決−01号

質問の要旨、野生鳥獣による農作物への被害は、全国で毎年200億円を超える状況にあり、本年にあっては各地区でツキノワグマ住宅地への出没が数多く発生し、その被害は農作物のみならず人にまで及ぶ状況であります。隣接する小川町では先月初め、笠山中腹において、キノコ狩りの住民が熊に遭遇、襲われ負傷するという事案が発生しました。

東秩父村議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月09日−一般質問、議案説明、質疑、討論、採決−01号

それから、ツキノワグマも今日では数が非常に少なくなりましたので、なるべく猟はしないようにということで言われております。一番絶滅しそうなのは狩猟者です。狩猟者が絶滅危惧種です。もう東秩父村だけでは本当に一時は、猟友会自体が東秩父村でも100年を超えている組織なのですが、私が昭和50年代のころ猟をやったときには、100名近い猟友会員がおりました。今では14名ぐらいしかおりません。

秩父市議会 2015-12-10 平成27年 12月定例会-12月10日−一般質問−05号

〔「洞窟探検隊」と言う人あり〕   洞窟探検隊がツキノワグマの骨があったという話をした方なんですけれども、その2者が入っているということで、きちんと保護されていると。いわゆる保全と言っていますけど、そういうことで、これは県議のほうには粗相のないようにやっぱり私ども言わなきゃなんだけど、保全、保護するためには国有林に任せるしかないということだと思うんです。   

東秩父村議会 2006-09-11 平成18年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問、議案説明−01号

狩猟期間中に捕獲できる野生鳥獣のことを狩猟鳥獣と申しますが、それにはカラス、ヒヨドリツキノワグマアライグマハクビシンイノシシシカなどがその対象となっております。したがいまして、東秩父村におきましては、8月は除くことになるわけでございますが、年間、5月から翌年の3月までの約9カ月間弱は実質的な捕獲期間とみなされるのではないかと私は考えております。   

  • 1