9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊谷市議会 2019-11-29 11月29日-議案説明-01号

とただされ、保険年金課長から、「ジェネリック医薬品の周知のため年2回、被保険者ジェネリック差額通知を発送している。平成30年度は10月に881通、3月に740通、合計1,621通を発送し、重複を除く1,111人の7.9%に当たる88人がジェネリック医薬品へ切りかえ、その効果額は15万3,381円であった。」旨の答弁がなされました。 

所沢市議会 2019-03-11 03月11日-07号

次に、ジェネリック差額通知抽出条件につきましては、現在服用している先発薬を仮に一番高価なジェネリック医薬品に切り替えたとした場合に、1カ月当たりの自己負担額差額が300円以上になるものを抽出しております。 以上でございます。 ○近藤哲男副議長 10番 松崎智也議員 ◆10番(松崎智也議員) 先発品後発品の中での一番高い額と比較されているということがわかりました。 

富士見市議会 2017-03-10 03月10日-10号

また、利用者への啓発はどうかとの質疑があり、ジェネリック差額通知委託事業というのを平成28年度から実施している。先発の薬をジェネリックにかえると、300円以上差額が出ることを知らせる通知を送る事業である。市の独立の分析で、特定健診に特化した差額通知を普通の治療の薬にも適用して、ジェネリック使用差額が出る人に知らせる。

白岡市議会 2015-09-07 09月07日-一般質問-02号

また、埼玉県の後期高齢者医療広域連合による医療費適正化対策といたしましては、ジェネリック差額通知の発送、健康相談重複・頻回受診者への訪問指導などに取り組んできたところでございます。埼玉県におきましても、平成37年までの75歳以上の人口の伸びが全国で最も高くなる見込みであり、県民の健康保持増進及び医療費適正化への対策が重要な課題となっております。

蕨市議会 2015-03-17 平成27年第 1回定例会-03月17日-04号

こういった将来の広域化に向けてのジェネリック差額通知利用の拡大、そして医療費削減効果につながるジェネリック医薬品紹介先ほど紹介もなかなか難しいような答弁もありましたけれども、県のほうでは糖尿病性腎症重症化予防プログラム事業というのをモデル事業として積極的に進めておりまして、市もぜひ積極的に取り組んでいただきたい旨の県の要望等もあるかと思うんですが、こういったものに市としては、今後、重症化予防として

行田市議会 2015-03-05 03月05日-05号

次に、3点目のジェネリック差額通知取り組みについてですが、本市では、医療費適正化対策の一環として、昨年9月から、ジェネリック医薬品に切りかえた場合の自己負担額差額一定額以上となる方に対し、差額を記載した通知書を送付しております。また、ジェネリック医薬品利用を促進するため、保険証を送付する際に希望カードを同封するなどの取り組みも行っております。 

深谷市議会 2013-12-11 12月11日-05号

塚原寛治市民生活部長 議員さんのおっしゃるジェネリック差額通知というのは、例えば特定健康に係るような、つまり脂質異常とか高血圧とか、それから糖の関係、そういった関係についての薬剤が、今使われているよりもジェネリックのお薬を使えば、もっとこのくらい安くなりますよというようなことをお伝えするのがジェネリック差額通知でございますが、これにつきましては本年度から本市では実施を開始しております。

和光市議会 2011-12-07 12月07日-02号

今年度は、9月に導入しました全国規模国保総合システム標準システムジェネリック差額通知機能が含まれているということでしたので、市独自には業務委託をしなかったのですが、国保中央会全国統一システムの導入を急いだため、現在システムの動作に安定性を欠き、基本的な給付事務が滞るような状態で、副次的なシステムであるジェネリック差額通知を発行するシステムの稼働時期は未定となっています。 

和光市議会 2011-09-22 09月22日-06号

これが全国統一共通基盤に基づいた請求支払いシステムレセプト電算システム共同電算システム保険者レセプト管理システム等を一括して運用するシステムでございまして、資格異動高額療養費レセプト審査医療費分析医療機関への支払い医療費通知作成保険証作成ジェネリック差額通知作成、特定健診・特定保健指導データ連携などの機能が行えるようなシステムが導入されました。

  • 1