12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新座市議会 2015-06-18 平成27年第2回定例会-06月18日-07号

しかしながら、残念ながら8月15日、降伏した後、ソビエト連邦、今のロシアは、戦争捕虜となった満州等での日本の方々、こういった方々をシベリア抑留という捕虜政策をとりました。それで、多くの方々が、戦争は終わっているのに不当労働を強いられたのではないかと私は思います。大変な方々が亡くなられた。残念な結果であります。  

新座市議会 2012-03-07 平成24年第1回定例会-03月07日-05号

こんなところでこんな話を聞くとは思わなかったというシベリア抑留の話だとか、東京大空襲のときに隅田川にみんなが飛び込んで死んでいった話だとか、そんな話が普通のそこら辺のお茶会の場でぽつぽつ出てきているので、ぜひそういうことを一つ一つちょっと丁寧に拾い上げていくような、そういうことを考えていただきたいというふうに思います。  

宮代町議会 2011-09-28 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月28日−07号

そして、次に、本意見書では、この問題を人権問題ととらえておりますが、人権問題は、このほかにも例えば今では北朝鮮による拉致問題や戦後で言えばシベリア抑留ということもありました。これらも重大な人権侵害であるということが言えますけれども、しかもこれは日本国民が被害者となっております。その中で、なぜとりわけ慰安婦問題のみを取り上げるのか、お伺いします。  以上です。

朝霞市議会 1995-09-25 平成 7年  9月 定例会(第3回)-09月25日−06号

しかしながら、さらなる被爆者の救済と、シベリア抑留者の労働補償問題、韓国従軍女性問題、台湾将兵等の軍事貯金及び未払給与問題、中国人強制連行問題、サハリン残留韓国人問題等の残された懸案があります。  今や国際社会において揺るぎない地位を保持し、発言権が増しつつある我が国において、これらの問題解決を放置することは、道義的にも許されないものと考えます。  

朝霞市議会 1995-06-20 平成 7年  6月 定例会(第2回)-06月20日−資料

めることについて7.6.20同意34工事請負契約締結について7.6.20原案可決35議会議員その他非常勤の職員公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例7.6.20原案可決36財産の取得について7.6.20原案可決議提3基地跡地利用計画に関する意見書7.6.20原案可決議提4基地跡地整備計画の促進に関する決議7.6.20原案可決議提5定住外国人地方参政権の確立に関する意見書7.6.20原案可決議提6シベリア

朝霞市議会 1995-06-14 平成 7年  6月 総務常任委員会-06月14日−01号

当然、反省なり謝罪をするというのは、金銭的なものなしにはあり得ないわけですから、そういうことすべてをひっくるめて戦後補償問題というふうに本来言うべきなので、このシベリア抑留というのは、むしろ侵略していった過程で、特に中国東北地方に残された人たち、そういう人たちが、ソ連が参戦する過程で結局帰れなくなって抑留されたという人たちに対する補償という、非常に私はバランス的に言っても日本人のそういう補償というのは

熊谷市議会 1995-03-17 平成 7年  3月 定例会(第1回)-03月17日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号

しかしながら、さらなる被爆者の救済シベリア抑留者の労働補償問題や韓国従軍女性問題、台湾将兵等の軍事貯金及び未払給与問題、中国人強制連行問題及びサハリン残留韓国人問題等の残された懸案であります。  今や国際社会において揺るぎない地位を保持し、発言権が増しつつある我が国において、これらの問題解決を放置することは道義的にも許されないものと考えます。  

白岡市議会 1995-03-06 平成 7年  第3回( 3月)定例会-03月06日−一般質問−02号

そうした反省の上に立ってこそ、従軍慰安婦問題や被爆者援護法の問題、サハリン残留朝鮮人問題、シベリア抑留者問題、軍人恩給未受給者問題、台湾元日本兵への補償などが解決されるのではないかと思っております。町長はこの第二次世界大戦についてどのような認識を持っておられるのか伺いたいと思います。  

熊谷市議会 1991-03-07 平成 3年  3月 定例会(第2回)-03月07日−一般質問−04号

一つは、市内小中学校校長会、シベリア抑留者県連理事会、教科用図書無償給与事務説明会、総務予算事務説明会、北関東ゲートボール選手権大会実行委員会、県北高校校長会、初任者、2年次教員……これは研修会になりますね、等々、まだいっぱいあるのです。  そうすると、本来のものと比べてみますと、例えば第1会議室で見ますと4月に7回使われている。そのうちの3回は目的外。それもさっき言ったような。大体半数。

熊谷市議会 1990-12-13 平成 2年 12月 定例会(第5回)-12月13日−一般質問−04号

政府ではシベリア抑留者に対する平和記念事業特別基金立法化され、シベリア抑留者の運動に成果を見ることができました。  私は、58年に第2次訪ソ墓参団の代表として参加いたし、異国の丘に眠る友に必ず迎えに来るという約束をしてまいりました。そこで、遺骨送還の実現に努力しようと考えております。  そこでお尋ねいたします。このような戦争犠牲者の悲惨な実態をどのように行政としては考えますか。

熊谷市議会 1987-03-10 昭和62年  3月 定例会(第1回)-03月10日−一般質問−05号

私は、またシベリア抑留問題に、戦後ソ連に強制抑留され、過酷な労働と飢えと寒さに耐え切れず5万8,000人の者が祖国に帰る日を夢みながら漂土の地に化したのです。いかに過酷であったか、体験者のみ知ることであります。そのために私は今回、抑留者の埼玉県連合会として抑留体験記を約、埼玉県下の137人によって、その体験記を発刊したのであります。

熊谷市議会 1986-07-18 昭和61年  6月 定例会(第2回)-07月18日−委員長報告・質疑・討論・採決−05号

◆水山正夫議員 民生常任委員長報告中、請願第18号 シベリア抑留者の恩給加算改訂に関する請願の内容について、ちょっと質問しておきたいと思います。  委員長報告では、請願を多数で決めるということについて委員長としての見解を求めたいわけでありますけれども、慎重に審議すべきだという、そういう意見もあった。

  • 1