11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

神川町議会 2017-06-06 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月06日−議案説明、一般質問−01号

企業については、参加企業のコンプライアンス、つまり法令遵守は適切な状況で信用度が高いか、それから2番目はコーポレートガバナンス企業統治はよくできているか、それから3番目は、環境に配慮し、ISO、日本工業規格に登録された企業であるか、これは全部が全部登録はされていないと思いますが、できるだけそういう企業にお仕事をしてほしいということです。  

越谷市議会 2016-06-09 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月09日−一般質問−05号

これらは、もともとはコーポレートガバナンスとコンプライアンスという民間企業における組織管理の問題の発生を端緒に、声高に叫ばれるようになった概念でございます。企業目的は、利益の追求ではありますが、利益のためなら何をしてもよいというわけではありませんし、反社会的勢力の排除ということも重要課題でございます。

鶴ヶ島市議会 2014-03-26 平成26年  3月定例会(第1回)-03月26日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号

◎磯貝秀良総務部長 今回の高木氏の民間企業の経歴でございますけれども、幾つか経歴はございますが、基本的には、民間企業の在職中にはコーポレートガバナンス、このコーポレートガバナンスというのは、企業統治という意味でございまして、企業の経営を監視する仕組みということです。あるいは内部統制など、その企業の中における内部監査部門を長く経験されてきた方ということで本人から聞いてございます。   

所沢市議会 2011-12-12 平成23年 12月 定例会(第4回)-12月12日−07号

中村議長 34番 桑畠健也議員 ◆34番(桑畠健也議員) それでは、少し市長にお休みいただきまして、ワルツのコーポレートガバナンスの問題にいきたいと思います。  ワルツについては、前回松崎議員からも質問がありまして、所沢市の退職者の方が、勤続年数は10年目で、現在任期2年の5期目で代表取締役を務めているということがわかったわけでございます。ありがとうございました。  

所沢市議会 2011-09-12 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月12日−06号

合計4名ということなんですけれども、先ほど当摩市長が元職員の方は民間の方として行っているとおっしゃいましたけれども、これは、もし民間だとすると、所沢市取締役の方というのは7名中の2名しか派遣していないことになり、これはコーポレートガバナンス上、経営権を把握できていないということになるのではないでしょうか。 ○中村議長 答弁を求めます。  

川口市議会 2008-06-18 平成20年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月18日−03号

この主な議題は、コーポレートガバナンス会計監査制度、M&A、労働の流動化、土地の流動化、そして郵政民営化などでした。保険資本日本に本格的に上陸してもうけていくのに、一番のネックになったのは郵便局の簡保であります。アメリカは、民間企業と比べると有利なルールであり、放置すれば構造改革は成功しないと露骨に郵政民営化を要求しました。

深谷市議会 2006-12-20 平成18年 12月定例会(第4回)-12月20日−06号

ですから、今資生堂そうですよ、トヨタ、つまり3C、これで一生懸命環境浄化を頑張っているのです、コンプライアンス、コーポレートガバナンス、コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティー、これの三つ、一生懸命頑張っているのです。このことが大事。私も県土整備事務所へ、私たちも先日そのことについて、これが要望書でございます。これが魚道整備の新井勲所長のところへいってお願いしてきたと。

川口市議会 2005-03-14 平成17年3月定例会 埼玉県川口市議会-03月14日−06号

あの日産が復活したのも、外国人経営者、コーポレートガバナンスであったと思われます。  そこで、このほど組織改正に伴い、企画財政部管理下に (仮称) 行政経営推進室が設置されると聞いております。自治体運営は、従来の管理型から目的志向の経営型へと移行していますことから、民間の経営感覚を持って政策を打ち出さなければならないでしょう。

所沢市議会 2002-12-17 平成14年 12月 定例会(第4回)-12月17日−08号

いわゆるコーポレートガバナンスが行われていない状況にございます。今後とも管理施行者であります県に対しまして、リーダーシップを発揮するよう粘り強く要請してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○青木茂議長 次に、西久保環境クリーン部長          〔西久保正一 環境クリーン部長 登壇〕 ◎西久保環境クリーン部長 北尾議員の御質問にお答え申し上げます。  

蓮田市議会 1968-03-13 03月13日-一般質問-04号

続きまして、(キ)、職員のコンプライアンス研修及び遵守についてですが、私は3年前まで民間企業のサラリーマンでしたが、民間企業では、既に2000年ごろからコンプライアンスの遵守、コーポレートガバナンス、CSR、企業社会責任等の研修実践に積極的に取り組んでいますが、公正取引委員会平成22年に公表した資料によると、東証一部上場企業の7割近くがコンプライアンスマニュアルの整備をしている一方で、国の機関

  • 1