5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新座市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会−06月14日-06号

その他の消化器系、婦人科系、尿路系のがんや病気、炎症性腸疾患、潰瘍性大腸炎クローンなどの場合もストーマをつくることがあります。また、先天性の病気や小児がんで生後すぐに幼少期にストーマをつくることもあり、オストメイトには赤ちゃんから高齢者まで、広い年齢の幅があります。  ストーマには、便が排せつされる人工肛門と人工膀胱の両方を持っている人もいます。

蕨市議会 2011-03-08 平成23年 3月環境福祉経済常任委員会-03月08日-01号

例えばクローンであるとかハンチントン舞踏病であるとか、家族性のものもある。 ◎沖田 次長  正式名称は難病患者等居宅生活支援事業について、国の厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業の対象患者であり、難病等というのは関節リウマチの方を加えて表現している。  地域活動支援センターについては、自立支援法の関係で市が行う事業として始まったものであり、創作的活動、または生産活動の機会の提供。

宮代町議会 2008-03-26 平成20年  3月 定例会(第2回)-03月26日−05号

また、「埼玉県難病患者等居宅生活支援事業とは」については、主にクローンパーキンソン病などの県指定難病患者生活支援事業であり、対象者は町内に150名ほどいるが、多くが障害者認定を受け、そちらの給付を受けているので金額は多くないとのことであります。  さらに、「子どもの安全・安心対策事業費の増額の理由」については、補助率の変更、かさ上げによるものとのことであります。  

富士見市議会 2006-09-11 平成18年  決算特別委員会-09月11日−01号

それと、特定疾患見舞金支給条例の内容でございますが、主にどういうものが多いかということなのですけれども、特定疾患につきましては先ほど大野委員もご指摘のように70以上の特定疾患の対象がございまして、17年度で多かったものにつきましては、多発性硬化症、サルコイドーシス、クローンパーキンソン病関連疾患、こういったものでございます。    以上でございます。 ○石川新一郎委員長 高齢者福祉課長

川越市議会 2004-06-10 平成16年第3回定例会(第8日・6月10日) 本文

特にいま多いのは潰瘍性大腸炎あるいはパーキンソン、あるいはクローンなどという、名前を聞いただけでも市長もおわかりにならないと思うんですが、そういうような病があるんですね。で、私の知人の方の中にクローンを発病された方がいらっしゃるんですよ。この方は三十代で発病して、それまで体格もいい方でね、八〇キロぐらいあったんだと思うんですね。私と同じような体型なんでしょうけれども。

  • 1