9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊谷市議会 2015-12-16 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月16日−一般質問−05号

そういうことは二、三年各国で不作になり、食料不足であり、また海では温暖化のために水温上昇のためにクラゲが異常発生しているということで、魚介類の収量不足等になることが言えると思います。  それでは、熊谷市は異常気象、温暖化対策をどのように考えているかお尋ねをいたします。  

行田市議会 2009-03-09 平成21年  3月 定例会-03月09日−04号

昨年度ノーベル化学賞を受賞した下村先生は、非常に型破りの独創性の持ち主と評されている方で、家族総出で5万匹以上のクラゲをとり続け、17年かけて放つ光の謎を突きとめ、ノーベル賞に輝いた方でございます。自分が興味を持った課題を見つけたら、それをやり遂げることが大切であります。面白いものをやれば何か出てくるかもしれないと思ってやってきたと、力説されております。  

富士見市議会 2008-03-13 平成20年  第1回 定例会-03月13日−一般質問−06号

ところが、このレジ袋が川を伝い海に行き、そのレジ袋をクジラだとかウミガメが、それを海藻だとか、それからクラゲというふうに思い込んで飲み込んで、なおかつイタリア海岸に打ち上げられたクジラのおなかの中から50枚ものレジ袋が出てきて、それが主たる死因であったということで大変な反響を呼んだということがありました。

三郷市議会 2007-12-12 平成19年 12月 定例会-12月12日−04号

また、生態系への影響も大きく、ウミガメやクジラ、イルカなど、海洋生物がプラスチック類をクラゲと間違えて飲み込んでしまうなどの問題があり、ウミガメは、産卵に備えて栄養をつけようとして、ごみをお腹いっぱい食べて、満腹状態で餓死してしまうのだそうです。また、生活環境の悪化では、レジ袋が用水路をふさいだり、農機具に絡んだり、ぽい捨てごみにより景観も悪化しております。

川口市議会 2005-09-16 平成17年9月定例会 埼玉県川口市議会-09月16日−03号

先月末には、新聞テレビ日本海に巨大なクラゲが大量発生したと報じ、アメリカではニューオリンズが過去にない巨大なハリケーン「カトリーナ」により大きな被害を受けました。毎年、世界各地で大洪水、異常高温と低温、干ばつ、台風の増加など、異常気象が発生しております。これは、地球の温暖化によって地球全体の気候が変わりつつあり、それが大きな原因となって異常気象を引き起こしているからだと言われています。   

行田市議会 1999-09-09 平成11年  9月 定例会-09月09日−02号

そしてウミガメがその風船をクラゲと間違えるのです。多くのウミガメはクラゲが大好物です。彼らは風船を食べて、そして死んでしまいます。毎年何百匹ものウミガメが風船を食べて死んでいるのです。皆さん信じられますか。本当なんです。注意してください。  最後にウミガメを守ってください。そして風船を放さないでくださいと結んでいます。  

深谷市議会 1998-12-10 平成10年 12月定例会(第4回)-12月10日−03号

と申しますのは、確かに今仙元荘は大変古くなっておりまして、外見は何が何だかわからないということですが、あそこに逆さクラゲの印をするわけにもいきませんので、結構老人ホーム老人福祉施設だというような、別段看板もつけていないわけでございますが、しかしもう既に限界だということは私自身も考えております。  

熊谷市議会 1984-09-14 昭和59年  9月 定例会(第4回)-09月14日−一般質問−03号

熊谷市プールはそこに浮き輪でその位置にぷかぷか浮いているだけ、まさにクラゲではないでしょうか。これではおもしろくないに決まっているのであります。埼玉県は海なし県であります。せめてその感じを出す造波プール、波をつくるプールがあります。そういうものをつくれば子供たちの心をしっかりつかまえると思います。  

  • 1