5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

狭山市議会 2011-12-06 平成23年 12月 建設環境委員会(第4回)−12月06日-01号

水道施設課長 発電機につきましては、狭山市が持っている発電機の中にもA重油燃料とする発電機、それから軽油を燃料とする発電機が二通りございまして、柏原浄水場については軽油、あとは同じA重油使用しましても、ガスタービンという発電機、この3タイプ、いわゆるディーゼルエンジンのA重油と、ディーゼルエンジンの軽油と、ガスタービンエンジンのA重油というような種類が設置してございます。

志木市議会 2009-07-13 平成21年  6月 定例会(第2回)-07月13日−05号

また、実際に改修が終わりましてから、ガスタービンエンジンなどエンジン類なんかをかえたり、機種がかわってございますので、なかなかその辺も難しいところがございます。  なお、単価等などについての調査については、これ市場を実際に調査いたしまして設定をさせていただいているものでございます。  以上でございます。 ○鈴木潔議長 2番、水谷利美議員

春日部市議会 2006-09-12 平成18年 9月定例会−09月12日-06号

この非常用自家発電機につきましては、燃料としては灯油を用いまして、ガスタービンエンジン発電により、停電感知後に自動運転をされ、最低でも48時間は電気が供給をされるということでございます。しかし、供給先につきましてはすべてではなく、医療を中心とした病棟の非常用コンセント、手術室、医療用の設備あるいは防災設備エレベーター3基など、医療を中心とした必要な箇所に対しての送電ということでございます。

春日部市議会 2006-09-04 平成18年 9月定例会−09月04日-04号

また、近隣住民への騒音、排出ガスによる環境ベルが適合しなくなったことにより、今回、環境に配慮した低騒音、低排出ガス型のガスタービンエンジン方式に更新を行ったものであります。  次に、ほかの浄水場の自家用発電機の現状についてですが、設置年度の古い順に申し上げたいと思います。東部浄水場が昭和47年の設置、経過年数33年でございます。

熊谷市議会 1988-03-17 昭和63年  3月 定例会(第1回)-03月17日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号

また燃料費については停電等による自家発電の運転に要するものであり、ガスタービンエンジンディーゼルエンジン使用する特A重油、A重油及び軽油である。なおこれらの節減については、現在配水圧力を下げて運転を行っているが、その効果が期待できそうであり、今後も引き続き種々努力していきたい。」旨の答弁がなされました。  

  • 1