運営者 Bitlet 姉妹サービス
4239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月04日−一般質問−03号 また、主要な道路だけでなく、地域における生活道路の整備の要望も高く、そうしたニーズに応えるべく、順次道路インフラの整備が進められているところだと思います。しかし、市民の方々からは、こうした道路の完成はいつになるのか、将来的に市内の道路はどうつながっていくのか、また、道路整備の優先順位はどのようになっているのかという声をいただきます。 もっと読む
2018-09-12 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-09月12日−一般質問−04号 そうした中で、高度経済成長期に整備されたインフラが老朽化し、一斉に更新時期を迎えるなど、時の経過とともにさまざまなこれから問題が顕在化してくるものと思います。白岡市の行財政改革推進大綱につきましては、社会情勢など市を取り巻く環境の変化を的確に捉えた上で、必要に応じて見直しを図ってまいりたいと考えます。 もっと読む
2018-09-10 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−04号 また、市民生活や産業活動を支えるための水道、電気、ガス、電話、下水道などのインフラを支える役割も担っております。さらに、災害時の避難路、避難時、火災の延焼の防止など、人や物を災害から守る役割もあります。この道路が一旦その機能を失うと、社会生活に重大な影響を及ぼすことになります。そのときにも、道路がいかにその機能を保っているかでその後の復旧に大きな差が出ます。    もっと読む
2018-09-06 ふじみ野市議会 平成30年  決算特別委員会 老朽化した水道管の更新事業や水源、取水場の改修工事は、水道インフラの長寿命化との観点だけでなく、大規模災害に対しても重要な備えとなります。また、職員の経験やノウハウを継承し、計画的に職員の人員配置を行うなどの対策を講じ、更新事業の推進についてさらなる努力を期待するものです。  もっと読む
2018-09-05 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)-09月05日-04号 次に、(2)戸田市における自転車事故防止の対策につきましては、市内小中学校PTAや運輸事業者を初めとする交通安全協力団体とともに四季を通じて実施している街頭啓発活動を実施しているほか、子ども自動車運転免許教室の実施、プロのスタントマンが交通事故を再現するスケアード・ストレイト自転車交通安全教室の開催や、インフラ面では路面標示や看板の設置など、自転車が関係する交通事故の防止に取り組んでおります。   もっと読む
2018-09-01 ふじみ野市議会 平成30年   9月 定例会(第3回) 老朽化した水道管の更新事業や水源、取水場の改修事業は水道インフラの長寿命化との観点だけではなく、大規模災害に対しても重要な備えとなります。また、職員の経験やノウハウを継承し、計画的に職員の人員配置を行うなどの対策を講じ、更新事業の推進についてさらなる努力を期待するものです。  もっと読む
2018-08-29 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-08月29日−議案説明−01号 さらに、今後の行財政運営に当たりましては、経済の緩やかな回復基調もあり市税の収入が増加しているものの、社会保障関係経費の増加が見込まれるほか、インフラ等の更新対応が求められていることから、楽観視できない状況であり、「みんなが輝く街、上尾」の実現に向けて、市民ニーズを的確に捉えながら、施策を効率的かつ効果的に進め、持続可能な財政基盤を確立されるよう望むとのご意見をいただきました。 もっと読む
2018-08-27 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)-08月27日-01号 研究会では、自動運転バスを導入した際の路線や導入に必要なインフラ整備など、自動運転バスの実用化に向けた課題について研究を進めているとのことであります。なお、研究会には、SBドライブ株式会社、市内のタクシーや鉄道などの民間事業者、市内にキャンパスがある九州工業大学や早稲田大学などで構成されているということであります。   もっと読む
2018-06-20 秩父市議会 平成30年  6月定例会-06月20日−一般質問−05号 また、これと並行して、県に一般国道140号秩父陸橋の平面化についての要望書を提出しておりますので、秩父市の将来に向け、この地域のインフラ整備を進めることが最も重要と考えております。    もっと読む
2018-06-19 上尾市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−06号 また、私も議員として日ごろのインフラの整備の重要性、特に学校のブロック塀の安全性、こういったことが改めて強く今回表に出たところでございます。万一の場合に備えた迅速な危機管理体制、市民自身の家庭での家具の転倒予防への自助の意識をしっかり持つべきと改めて感じたところでございます。   改めまして、今回大きな4テーマについて一般質問をします。    もっと読む
2018-06-19 深谷市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月19日−04号 発展に見合ったインフラ整備が必要であり、計画的なインフラ整備がさらなる発展につながるのではないでしょうか。   そこで、質問します。アとして、渋滞緩和、安全配慮の視点から、計画的な道路整備が必要だと思いますが、市の対応について聞かせてください。   (2)、排水や生活環境整備について伺います。 もっと読む
2018-06-19 秩父市議会 平成30年  6月定例会-06月19日−一般質問−04号 これまで秩父盆地特有の袋小路的な地理的要素に伴う道路インフラのおくれ、いわゆる物流交通網のマイナス要素が企業誘致に大きな障害となっているという論説が多く語られてまいりましたけれども、それを克服するために、道路インフラ整備の促進によって企業誘致への障害をなくす要望を含めた積極的な諸活動を行ってまいりました。 もっと読む
2018-06-18 上尾市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−05号 今後の予定としましては、本年秋ごろ、開発地のインフラ整備や建築工事に着手し、事業完了予定は、平成32年春ごろと伺っております。 ○議長(道下文男議員) 13番、浦和三郎議員。 ◆13番(浦和三郎議員) 次に、各地域のまちづくりの現状についてお伺いをいたします。    もっと読む
2018-06-15 蕨市議会 平成30年第 2回定例会−06月15日-03号 部長も答弁しましたけれども、広く今、社会インフラの老朽化対策というのは、これは蕨のみならず、日本全体が直面する大変大きな課題となっております。  そういう中で、行政、自治体として、やはり限られた財源の中で優先順位もつけながら対処していくということが大事だということで、下水道について言うと、総延長、先ほどの答弁の中で175キロメートルと。 もっと読む
2018-06-15 上尾市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−一般質問−04号 財政運営上の課題といたしましては、今後も市税収入の大幅な増加は見込めない中にあって、社会保障に要する経費の増大、公共施設インフラの大量更新といった喫緊の課題や予測することのできない自然災害への対応など、財政運営上楽観視することのできない状況の続くことが想定されることでございます。 もっと読む
2018-06-13 川越市議会 平成30年第3回定例会(第7日・6月13日) 本文 具体的には、復原修理に加え、屋根、外壁及び床等の建物の機能、性能の回復、開口部の性能、耐震性及び火災等に対する安全性の確保、トイレの整備等、必要な機能の付加、電気、上下水道及びガス等のインフラの再整備、照明、換気、空調、衛生設備等の設備の整備など、施設の活用をするための基本的な整備を予定しているところでございます。   もっと読む
2018-06-13 戸田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-06月13日-07号 我が国では、高度経済成長期に社会資本が集中的に整備をされまして、公共施設、道路や橋などの社会インフラの老朽化に伴いまして、さまざまな問題が深刻化しております。平成28年11月、福岡市の博多駅前で大規模な陥没事故が発生をいたしました。 もっと読む
2018-06-13 川口市議会 平成30年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月13日−03号 一方で、無人自動運転の安全上の問題や道路等のインフラ整備、自動運転車両導入に係るコスト等、さまざまな問題があり、国などで検討が行われているところでございます。  本市においても、自動運転等についての動向を注視し、国の支援制度等を活用しながら、導入について、調査・研究を行なって参りたいと存じます。   もっと読む
2018-06-12 白岡市議会 平成30年  第2回( 6月)定例会-06月12日−一般質問−03号 主にモバイル端末の使用が中心でありますため、災害により通信インフラが被災してしまい、回線による電話やインターネットが不通となった場合でも、情報の発信や受信が可能となる場合がございます。こうしたことから、政府の機関をはじめ多くの自治体でも導入が進んできているものと認識しているところでございます。    もっと読む
2018-06-12 草加市議会 平成30年  6月 定例会-06月12日-03号 新病院での診療を開始してから既に14年となり、建物や医療機器などインフラの整備が進み、医師数も著しくふえております。病院の理念やマスタープランにうたう高度・先進医療を行う上でのハード面は整ったといえます。  しかし、婦人科手術問題に見られますように、組織としてのコンプライアンスやガバナンス態勢、医療安全や危機管理のあり方などソフト面でのおくれが表面化しております。   もっと読む