5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊谷市議会 2008-09-16 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月16日−一般質問−03号

例えばIT調達の効率的透明化の実現に加えて、エンタープライズアーキテクチャーの手法を取り入れた業務改革の実施や、地域情報プラットフォームを活用した業務の標準化、データ化やPDCAサイクルの確立によるITガバナンスの強化などが掲げられているところであります。  

八潮市議会 2007-06-19 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月19日−05号

私も、これまで提案してきました効率的な行政運営を目的としたエンタープライズアーキテクチャーや、500万世帯存在すると言われるSОHО事業者や本市の倉庫等を活用できる優良IT企業の誘致、TMО--タウンマネジメントオーガニゼーションによるまちづくり、中川ウオーターフロント開発、河川交通の利用等、この地域の特色を生かし、この地域でしかできない構想を、ぜひ大胆に提案しつつ、これからの地方分権改革推進に対応

熊谷市議会 2006-12-13 平成18年 12月 定例会(第5回)-12月13日−一般質問−03号

次に、大きな2番、電子自治体とEA、エンタープライズアーキテクチャについてお尋ねをいたします。この質問では、質問の内容がこういう問題ですから、非常に片仮名が多く出てくるわけですが、ご理解をいただきたいと思います。現在地方分権の推進や合併、そして2007年問題などといった社会情勢の変化を受けて、地方自治体のあり方が大きく変わろうとしております。

所沢市議会 2004-12-10 平成16年 12月 定例会(第4回)-12月10日−05号

私のような門外漢の者でも、どういうコンセプトでこのシステムというのができているのかというのを、絵入りで人間が出てくると、これは非常に進んだやり方というか、今全国的にエンタープライズアーキテクチャーといって、なかなか外の人間がこの情報システムを評価できないということで、わかりやすくしようという動きが進んでます。

  • 1