3493件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新座市議会 2019-09-26 令和 元年第3回定例会-09月26日-12号

また、多国籍企業ユニリーバでは、アメリカ法人ヨーロッパ法人も自社のパーソナルケア製品の香料・原料成分の情報を開示することとしています。  埼玉県では、香料自粛を求める「香りのエチケット」のポスターを作成し、県内自治体に配布しています。当市もそれを受けて公共施設にポスターを掲示し、啓発に取り組んでいます。

狭山市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月19日-05号

アメリカの例では義務教育課程での不登校の状況が発生した場合、学校から警察へ通報される場合があり、その際には学校児童、親、学校カウンセラーなどが裁判所へ呼び出され、親のネグレクト調査や子どもへの聞き取り、学校への聞き取りなどが行われ、その結果、親が義務教育違反で逮捕される場合もあり、罰則を受けることもあるとしています。  

狭山市議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月18日-04号

そして、今、答弁で市長から仕事と家庭幸福についての意見かなと思いましたけれども、私も半分は同感でありますが、アメリカとか欧州諸国では昔からワークシェアリングの考えが意外と定着をしていると聞いておりまして、助け合う関係が成立をしているんじゃないかなと思います。これが日本ではまだまだなのではないかなというふうに受けとめております。  

川越市議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第17日・9月18日) 本文

しかし、アメリカでは、グリホサートについて、がんを発症した原告訴えを受け、企業に賠償を命じる判決が相次いでいます。また、一九九〇年初めからヨーロッパで、また、二〇〇九年には日本でもミツバチの大量死などが報告され、多くの研究の結果、二〇一二年の時点で、ハチの大量死はネオニコチノイド系農薬が主原因だとわかりました。

川越市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第16日・9月17日) 本文

このような研究が進んだ結果、二〇一三年にはアメリカ国内百七十二カ所で、遺伝子組み換えに反対し、食品表示義務を求めるデモが行われた。さらに、二〇一五年には親たちが国境を越えてつながり、遺伝子組み換えや農薬から子供たちを守る国際的なイベントを開催した。そして、いまや遺伝子組み換え作物は頭打ちとなり、世界の有機市場は二〇〇〇年と比較して二〇一八年には約五倍に増加している。  

川越市議会 2019-09-12 令和元年第4回定例会(第11日・9月12日) 本文

時を同じくして囲碁の世界トッププロとアメリカのグーグル社が開発したアルファ碁という人工知能ソフトが対戦し、人工知能、すなわちAIが勝つという出来事がありました。一手目からの変化は、チェスが十の百二十乗とおり、将棋が十の二百二十乗とおり、囲碁では実に十の三百六十乗とおりの変化に及び、当時の最速の電子計算機でも対応は難しいと見られていました。

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

次に、大きな3点目、最後になりますが、アメリカオニアザミの対策についてです。  アメリカオニアザミとは、キク科のアザミ属の多年草です。うちの近所に生息しているのを見つけました。調べたら、日本にもともとアザミという花がありました。しかし、この花は全くの別物で、外来種と呼ばれる海外の種類であり、アメリカとついているのにもかかわらず、なぜかヨーロッパ原産の植物です。

蕨市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-03号

│   │ │   │       │  また、性教育の考え方はどのようか    │   │ │   │       │3 アメリカオニアザミの対策について    │市長 │ │   │       │ (1)アメリカオニアザミの認識はどのようか  │   │ │   │       │ (2)駆除の周知・啓発についてはどのようか  │   │ ├───┼───────┼──────────────

狭山市議会 2019-06-19 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月19日-04号

私は、昨年、日高市に住む友達が家で亡くなったのを見聞きしていますし、アメリカの両親もホームホスピスを望み、ことしに入ってからは母が家で最期を迎えました。残念ながらこれらの例は狭山市のことではありませんが、狭山市でも、望めば家で最期を迎えられればうれしいと思う人は多いのではないでしょうか。  

川越市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第15日・6月18日) 本文

本年度、総務省外務省文部科学省及び一般財団法人自治体国際化協会外国青年招致事業による英語指導助手、いわゆるJETと呼んでいる者六名、アメリカセーレム市の川越市姉妹都市交流事業により招致された英語指導助手、いわゆるKETと呼んでいる者二名、川越市在住者との契約による英語指導助手五名、派遣業務による英語指導助手十七名、合計三十名のAETを各学校のクラス数に応じて配置しております。

新座市議会 2019-06-17 令和 元年第2回定例会−06月17日-08号

また、アメリカロサンゼルスなどの自治体とか、イタリアのフィレンツェの市役所とか公共施設、またイギリス省庁などでは税金でペットボトルは購入しないようになってきているのだそうです。日本は、1人当たりの使い捨てプラスチックの廃棄量がアメリカに次いで2番目に多い国と言われています。  

春日部市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-07号

公益財団法人交通事故総合分析センターという機関の調べによりますと、2016年の、少し、何年か前のデータではありますが、アメリカでは16%、ドイツで15.3%、フランス16.1%と、欧米諸国が総じて全体の約15%なのに対しまして、日本では交通事故で亡くなる方のうち歩行者の方の占める割合が約35%と倍以上になっております。これは何が原因なのか、我々は真剣にこれを考えないといけない問題かと思います。  

春日部市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-06号

最新の平成29年度の調査結果は、県内38地点、いずれの地点においてもアメリカの生涯健康勧告基準値を下回る結果となっているところでございます。この調査結果を踏まえますと、PFOS、PFOAによる河川への環境影響は極めて少ない状況であり、またPFOSの法規制やPFOAが条約に追加されたことを鑑みますと、今後環境中への汚染が拡大していくことは考えられにくいものと認識しているところでございます。  

川越市議会 2019-06-12 令和元年第3回定例会(第9日・6月12日) 本文

スポーツ庁が実施した平成三十年三月、スポーツツーリズムに関するマーケティング調査によると、アメリカオーストラリア香港中国、韓国、タイ、台湾の七カ国、地域の人々が日本で見たいスポーツはとの問いに、一位が武道の三一%、二位が大相撲二八・五%、三位にサッカー二六・八%、四位が野球二三・八%と報告されています。