920件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

そして、何よりも心強いことですが、地域におかれましては、登下校時の安全対策としまして、警察を初め、自治会交通安全指導員会、またまちづくり協議会PTA、さらには老人クラブなど、さまざまな団体の方々の連携により子どもたちが安全に登下校できるよう見守り活動をしていただいているところでございます。  続きまして、2点目の交差点や横断歩道周辺の交通安全対策についてお答えいたします。  

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

また、すぐに対応できない箇所につきましては、地元自治会PTA協力を求めまして、立ち番の強化をお願いしたり、学校で具体的な箇所についての安全指導を実施するなど、ソフト面での対策を行ってきているところでございます。  以上でございます。 ◆嘉村弘和 議員   8割の改善の対策をとられてきたということでありましたけれども、改善策を講じたが十分な効果が出なかったということもあるかもわかりません。

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

また、地域ボランティアPTAによる通学路の見守り活動も、このときから大変盛んになってきているわけであります。  そういうふうにしてきている中で、昨年5月には、新潟市で下校中の小学2年生の女子児童が殺害されるという事件が発生し、文科省は登下校防犯プランを作成して、学校や住民、警察などが連携して通学路の確認をし、特別な警戒をするようにという指示をされました。  

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

議会の委員には、児童相談所、保健福祉事務所、小城警察署多久市医師会、市内義務教育学校保育園、認定こども園、民生児童委員PTA連合会、健康推進員会の組織のそれぞれの代表の方に就任をいただいています。  虐待を疑われる事案が発生した場合は、この協議会ネットワークを活用して情報収集を図り、必要に応じて実務者レベルで集まってケース会議を開催し、急ぎ対応をしているところです。  

多久市議会 2019-03-18 平成31年 3月 定例会-03月18日−03号

ファミリー・サポート・センター事業と地域de子育てシェアエコ実証事業につきましては、引き続き広報活動としまして乳児健診ですとかPTAの総会、多久まつりなどでパンフレットの配布ですとか行政放送、市報、ホームページなどで事業の紹介などを行って、今後とも周知、啓発を行っていきたいというふうに思います。 ○議長(山本茂雄君)  服部奈津美君。 ◆4番(服部奈津美君)  ありがとうございます。

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

構成委員としましては、佐賀県中央児童相談所を初め、鳥栖警察署や管内保健福祉事務所医師会、歯科医師会、学校PTA代表者などの各団体、庁舎役場内の児童福祉に関する各課関係課などの18名となっております。  実務者におきましては個別ケース会議を中心としまして、要保護児童の対象世帯に対して情報交換を行い、適切な支援内容を協議しながら進めているところでございます。  

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

関係機関の構成員としましては、佐賀県中央児童相談所を初め、鳥栖警察署や管内保健福祉事務所医師会、歯科医師会、学校PTA代表者などの各団体、町内の児童福祉に関する各関係課など18名となっており、実務者において個別ケース会議を中心としまして要保護児童の対象世帯に対しまして情報交換を行い、適切な支援の内容を協議しながら進めているところでございます。  

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

そのためには情報収集・共有システムをしっかり確立しなければいけないということで、各学校地域自治会、各種団体、支所、PTA等とどう情報収集のためのシステムづくりをするか、これを検討していただくことにいたしました。  それから3点目は、各学校危機管理マニュアル、これを全面的に見直していただいて、具体的に動けるようにしたいと。

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

1つは、学校のホームページで公開するということ、それから、PTA総会ないしは部活動保護者会で説明するということ、そして、学校だよりを活用して周知するということ、それから、この部活動の方針なんですが、この方針の中に私どもは生徒、保護者に対しても活動目標、指導の方針、活動計画、指導内容や方法等を具体的に示していただきたいということを思っております。

佐賀市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会−03月01日-02号

また、運動開始当初にまなざし運動を所管しておりました教育総務課が推進していたまなざし休暇につきましては、子育てPTA活動などの理由による年次休暇を取得しやすい職場の雰囲気づくりなどを目的としたものでございます。  現在では、先ほど述べた大人の行動指針の中の企業等の取り組みの一部として掲げ、企業の皆様に取り組んでいただいております。  

多久市議会 2018-12-18 平成30年12月 定例会-12月18日−05号

皆さん、今、自分がお世話になったり、お世話をさせてもらっている地域住民、各種団体やサークル、保育会、PTA消防団農業者、商工業者、老人クラブ、文化連盟、ミュージカルカンパニー、青少年育成市民会議、老人クラブ、男女共同参画ネットワーク観光協会、身体障害者福祉協会、体育協会など、関係者の顔を思い浮かべてください。その人たちに図書館は要らないと言えますか。

多久市議会 2018-12-14 平成30年12月 定例会-12月14日−03号

この協議会の委員には、市内義務教育学校保育園、認定こども園、民生児童委員PTA連合会はもとより、児童相談所、保健福祉事務所、小城警察署多久市医師会、健康推進員会などの各組織代表者の方々に委嘱をいたしております。  児童虐待の取り組みで重要なのは、早期発見と発生時の早期の対応及び情報共有ということでございます。  

伊万里市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号

現在の教育委員の構成につきましては、まず、元小学校校長の女性委員1名、それから、元高等学校校長であり、文化財に精通された男性の委員1名、そして、元市小中学校連合PTAの会長等を務められた男性委員1名、そして、保護者委員としまして、現在、小学校中学校高等学校それぞれの子どもの保護者であり、PTA役員を務められた女性の委員が1名となっており、現在は男性2名、女性2名の合計4名の構成となっております

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

この安全マップはPTAを初め地域の皆様の協力を得て、交通安全面や防犯面、また災害発生時に危険になる場所や注意する要因についてわかりやすくつくられています。  こういった安全マップに危険箇所を記して、児童・生徒が危険を回避できるよう指導に生かしていきたいと考えております。  以上でございます。 ◆中山重俊 議員   それでは、一問一答に入らせていただきます。  

伊万里市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号

実際、督促状を出したり、何度も何度も家のほうに訪問されたりということで大変苦慮されているわけなんですけれども、悩んだあげくなんでしょうけど、私が以前PTA役員をしていたときに相談がありました。前田さん、ちょっと頼みがあるんだけど、こうやって滞納されている方がおられるんですけれども、ちょっと家のほうに行ってもらえませんかという相談を受けたわけなんですけれども、私はお断りしました。

唐津市議会 2018-12-10 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号

東部学校給食センターの給食費は私会計であるため、給食提供校に関係する学校長、PTA会長、市民センター総務教育課長等で構成した唐津市東部学校給食運営委員会が決定機関であり、規約、規定により、当センター内の事務局で食材の調達を行っております。  食材の調達方法としましては、栄養教諭等がつくった献立をもとに、食材の種類と必要量を算出し、契約業者に発注をしております。

唐津市議会 2018-10-03 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号

内訳といたしましては、小学校中学校高等学校学校関係機関56施設公民館25施設、各PTA事務局、校区青少年育成議会などの社会教育団体32団体、からつ少年の船や屋久島探検隊実行委員会、過去に実施された団体など5団体となっております。  今後は多くの青少年団体地域づくりの団体などに活用していただけるよう、ホームページを活用するなど、さらに呼びかけていきたいと考えております。  

佐賀市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会−09月25日-08号

したがいまして、市内の全小・中学校地域の関係団体とか支所、あるいはPTA等、その連携を点検して、そして、情報共有システムを強化するように、今後、お互いに話し合いをしながら指導してまいりたいというふうに考えているところでございます。 ◆重田音彦 議員   わかりました。  私からの提案ですけど、ああいう災害のときは総務地域振興グループが非常に忙しいんですよね。