運営者 Bitlet 姉妹サービス
39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 この緩和策もお願いするところでございますけれども、まさにこのまま個人営農では除草作業、水路の保全、それから、イノシシ対策、この辺の負担がかかってくるわけですけれども、このままいくと離農者と休耕田がふえるというのは、もう間違いなく目に見えております。   もっと読む
2018-09-14 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 離農された農家、あるいはリタイアを考えてある農家の機械、設備や土地を一体的に借りたりすれば、初期投資を低く抑えられることになるので、そういった仕組みづくりも重要であると考えております。  日々農家と接するJAは、多くの情報を管理しておりますが、こうした情報は、新規就農者が容易に得られない面もございます。 もっと読む
2018-03-13 唐津市議会 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月13日−05号 給食調理員の推移や既存施設の有効活用、建設費の抑制をも考えれば、複数施設も一つの選択肢かなと考えますどのような方針で対応されるのか伺います。 ○議長(田中秀和君) 金嶽教育部長。           (教育部長 金嶽栄作君登壇) ◎教育部長(金嶽栄作君) 再質問にお答えします。   もっと読む
2018-03-06 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月06日-04号 ◎畑瀬信芳 総務部長   駐車場につきましては、この市議会でもいろいろ御質問があっておりましたので、第2駐車場をゲート式にしまして長時間の駐車を抑制し、さらに民有地をお借りして、全部で65台ふやしております。これで、ほぼ駐車場不足は解消されたと思います。 もっと読む
2017-09-12 唐津市議会 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月12日−04号 駆除や防護対策による効果があらわれているものと思われますけれども、その一方で、離農などによる耕作面積の減少や放任果樹の増加などによる被害調査への報告が減りまして、減っていることも一因と考えているところでございます。  平成28年度は、平成26年度の約4割程度の被害額となっている状況でございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 水上議員。 もっと読む
2017-09-08 鳥栖市議会 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月08日−02号 集落営農組織につきましては、機械の共同化、農地の集約化、作物の団地化につきましては一定の成果が上がっておりますが、農業従事者の高齢化による離農、担い手不足、耕作放棄地の増加という問題が大きくなってきております。   もっと読む
2017-06-08 唐津市議会 平成 29年 6月 定例会(第3回)-06月08日−02号 いずれにいたしましても、地方創生推進交付金対象期間の3年間で、何とかしっかりとした健康マイレージ制度の構築並びに周知活動に取り組み、市民の皆様の健康増進並びに医療費抑制等につながっていく取り組みにしていきたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 石﨑議員。 もっと読む
2017-03-13 唐津市議会 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月13日−05号 離農された農家の機械や設備や土地を一体的に借り入れを行いますと、初期投資を低く抑えることになるので、そういった仕組みづくりもぜひ重要なことであると考えております。このような農家の状況につきましては、JAにおきましても当然把握をいたしているところでございます。 もっと読む
2017-03-08 佐賀市議会 平成29年 2月定例会−03月08日-05号 現在、農家の高齢化が問題になってきておりますし、今後10年ほどで大量離農時代が来ると言われております。もしそのときに相続登記ができていない場合、その農地は集積の弊害になると考えられます。また、農地の価格は低迷しているため、相続するときに亡くなった方に借金があった場合、相続を放棄する方もふえてくるのではないかと考えます。   もっと読む
2017-03-07 佐賀市議会 平成29年 2月定例会−03月07日-04号 65歳以上が現在77%にも上っているようでありますけれども、そういった中で、経営継続判断ですね、これからどうしようかなと、農業しようかなと、続けようかなと思う分岐点が75歳とされており、同居する後継者がいる農家が3割という現状を見ると、数年のうちに、ちょうど我々団塊の世代が75歳になったら、大量離農者が出るんじゃないかと言われております。   もっと読む
2016-12-13 多久市議会 平成28年11月 定例会-12月13日−03号 つまり生活習慣病予防と生活習慣改善を進め、病気の重症化予防を行うことにより医療費の抑制が期待をされているということでもあります。  本市の特定健診は第2次多久市特定健診等実施計画及び第2次多久市すくすく健康プラン(健康増進計画)に基づいて、健康寿命の延伸、健康格差の縮小を目指して事業を進めています。よって、今後さらなる取り組みによりまして受診率の向上を目指していきたいと考えています。 もっと読む
2016-09-30 佐賀市議会 平成28年 8月定例会−09月30日-09号 場周経路は佐賀空港の南側高度300メートル以上とし、騒音を最小限に抑制する。自衛隊機の運用や駐屯地の管理運営により農業や漁業の経営に損失を与えた場合は、責任を持ってその損失を補償したい。建設工事に当たっては、地元や警察と緊密に連携し、周辺の交通安全の確保に努めたい。 もっと読む
2016-09-16 多久市議会 平成28年 9月 定例会-09月16日−03号 この制度を継続していってもらいたんですけれども、先ほど市長が申されましたように、5年間の中で脱落者、また離農といった方が出てきた場合に、この協定そのものが破棄されてしまうと全部補助金を返還していかなければならないということで、本当に組合に、もうかたるまいよねというのが大半です。   もっと読む
2016-06-22 伊万里市議会 平成28年 6月 定例会(第2回)-06月22日−05号 また、伊万里市においても、農業の後継者不足や離農者、荒廃地が増加するなど厳しいものがあります。特に、農業従事者の高齢化問題については著しいものがあります。そういう厳しい環境の中で、今回の質問は伊万里市の特産品であります伊万里梨の現状について御質問をいたします。  伊万里梨の発祥の地は我が大川町であります。 もっと読む
2016-03-14 唐津市議会 平成 28年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 ピロリ菌を除菌すれば医療費を大幅に抑制でき、市の財政の安定化にもつながってまいります。  そのためにも胃にピロリ菌が感染していないか、まず、多くの人に検査を受けていただくことが必要かと考えます。世界保健機構専門組織、国際がん研究機関は、2014年9月24日に、全世界の胃がんの約8割がヘリコバクターピロリ菌の感染が原因であるとの報告書を発表しております。 もっと読む
2016-03-03 佐賀市議会 平成28年 2月定例会−03月03日-02号 これに対し、委員より、農家負担が10分の4とかなりの負担となるが、離農者を出さないためにも、被災農家の実情を聞いた上で、どの程度補助するかを考える必要があるのではないかとの質問があり、執行部より、県のほうで10分の1を市町の義務負担としており、それに合わせている。また、支所やJAと一緒に聞き取りを行っているが、全容把握にはまだ至っていないとの答弁がありました。   もっと読む
2015-12-15 伊万里市議会 平成27年12月 定例会(第4回)-12月15日−05号 今後、離農者等が出ないように何とかしなければいけないと思いますが、そういう方も出るんではないかと懸念をしているところです。  市としましても、まずは国、それから県の情報提供、それから試算の状況、これらをしっかり見据えた上で、今後、対応を検討していきたいというふうに考えております。  以上です。 ○議長(盛泰子)  船津議員。 もっと読む
2015-10-02 唐津市議会 平成 27年 9月 定例会(第6回)-10月02日−09号 本市の農業は農業従事者の高齢化が急速に進展をする中、担い手不足と離農農家の増加によりまして、耕作放棄地の増加が懸念されている現状にございます。持続可能で力強い農業を実現するためには将来の地域農業を担います青年の新規就農を大幅に増加させる必要があると考えております。 もっと読む
2015-09-11 唐津市議会 平成 27年 9月 定例会(第6回)-09月11日−05号 市といたしましては、市農業の5年後、10年後を考えたときに、農業従事者の高齢化の進行と後継者不足により離農される農業者が増加することが、先ほどのように予測をされておりますので、こうした農業者が耕作できなくなった土地を、農地が遊休農地なることを防ぐためにも、安心して農地を預けられる営農組織の整備が必要であると考えております。   もっと読む
2014-09-16 佐賀市議会 平成26年 9月定例会−09月16日-03号 そこで、改めてこの流すだけではなくて、雨水のこの流出を何とか抑制するためのためる方策というのも、ここに掲げてあるんですけども、もう少し工夫ができないかなというふうに考えているところです。   もっと読む
  • 1
  • 2