1898件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

バイオマス産業都市調査特別委員会中間報告として、8月26日に開催しました委員会の概要について報告します。  この日の委員会では、バイオマス産業都市関連事業について、企画調整バイオマス産業推進課及び上下水道局下水エネルギー推進室の取り組み状況について調査を行いました。  まず、バイオマス産業推進課における取り組み状況について報告します。  

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

中学校では、活動指導、生徒指導、進路指導等が挙げられておりました。活動指導につきましては、佐賀市中学校に係る活動の方針を策定し、状況は策定以前と比べると大きく改善しておりますけれども、依然、超過勤務の要因の一つとなっておるところでございます。  また、共通の要因といたしましては、保護者対応がございます。

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

せっかく上流工業団地として開発するわけですから、経済建設、それから、佐賀県も含めて、お互いが連携して抜本的な浸水軽減対策を考えていただきたいと思いますが、担当副市長いかがでしょうか。 ◎白井誠 副市長   現在計画されております佐賀コロニー跡地の産業団地に隣接する上戸田地区でございますが、おっしゃるとおり、大雨による浸水被害のおそれが非常に高い地区であるというふうに認識しております。  

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

そこで、質問ですが、顕彰碑が神野公園に現在まであったということで、建設の緑化推進課のほうが対処されていますが、岡崎藤吉氏の顕彰は、先ほども教育長から答弁いただきましたように、小学校の副読本でもある「さがの人物探検99+you」の中にもきっちりとあります。そして、佐賀県の100人の人物にも岡崎藤吉氏は取り上げられております。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

干潟隆雄 建設部長   城内地区では、浸水被害を軽減するため、平成28年6月から佐賀城お濠を洪水調整池として活用しており、大雨時にはお濠南東に設置した起伏堰の操作により、お濠と多布施川の水位調整を行っております。また、洪水調整池としての容量を高めるため、多布施川からお濠へ流れ込む水路に設置している5カ所の樋門操作により、お濠への流入を抑えております。

佐賀市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-03号

その災害後は建設、農林水産を初めとして、何カ月もの間、現場の確認、測量設計、激甚災害認定のための書類づくりと、土日返上で平日もほとんど夜中まで復旧のための仕事に当たっていただきました。ことしに入り、ようやくその工事が本格化してきたわけですが、思ったような進捗が見られないように感じております。  そこで総括質問では、現在の状況をお示しいただきたいと思います。

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

まず、総務総務課について報告をいたします。  庶務・人事担当では、7月31日こすもす館研修室において、町職員及び議員を含め、ハラスメントの基礎知識対策をテーマにしてハラスメント研修会を開催し、87名の参加がありました。ハラスメントの知識を深めることができ、大変有意義な研修会でした。  

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-10号

───┘               地方自治法第121条による出席者 佐賀市長        秀 島  敏 行    副市長         伊 東  博 己 副市長         白 井    誠    総務部長        池 田  一 善 企画調整部長      武 藤  英 海    経済部長        百 崎  哲 也 農林水産部長      川 副  浩 顯    建設部長

佐賀市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-09号

昭和60年に当時の国鉄が早岐を経由する博多−長崎のルートをフル規格で公表され、その後、平成4年には、福岡−武雄温泉間は在来線を活用し、武雄温泉長崎間は新幹線規格の新線を整備し、スーパー特急で運行することが、佐賀県長崎県福岡県、JR九州日本鉄道建設公団九州山口経済連合会の6者で組織される九州新幹線長崎ルート建設促進連絡協議会で申し合わせがなされております。  

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

干潟隆雄 建設部長   私のほうからは、1点目の時計がある公園の数とその管理体制についてお答えいたします。  まず、本市で管理している公園の数でございますが、都市公園が70カ所、児童遊園が16カ所、児童広場が3カ所、開発公園が387カ所、低床公園や巨石パークなど、その他の公園が70カ所ございます。

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

───┘               地方自治法第121条による出席者 佐賀市長        秀 島  敏 行    副市長         伊 東  博 己 副市長         白 井    誠    総務部長        池 田  一 善 企画調整部長      武 藤  英 海    経済部長        百 崎  哲 也 農林水産部長      川 副  浩 顯    建設部長

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

都市計画の観点からいくと、このままの制度では問題があるといった意見もあるようで、平成30年2月定例会では嘉村議員も同様の指摘をされております。  私自身は本制度の実現に向けて、当時の執行と再三議論し、実現できた制度でありますので、決してネガティブには捉えておりません。しかし、さまざまな意見を踏まえて、ちょうど10年を経過したこの時期に本制度の総括、課題分析等を行う必要を感じております。