510件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日−02号

これは至るところで見られるんですが、例えば、山の農道とか、市道の周辺とか、山林、雑種地などでよく見受けられます。だから、多久市の場合でいけば牛津川、羽佐間水道などに流れて、多いのが紙おむつとか、ビニールとかに入ったごみなどが散乱しております。市に対応してもらっていますが、後を絶たないので、不法投棄に地元としても困っている状態です。

みやき町議会 2019-02-08 2019-02-08 平成31年第1回臨時会(第1日) 本文

それは新たに町道として新設されているものか、農道として新設されているものか。かなり大がかりで道路をつくられておるんですよ。ですから、それは私も知らなかった。通りよって、何であがんところ、これは工事用の仮設道路かなと思っとったら、何か基礎工事もばっちりやられておるんですよね。ですから、やっぱりその辺の報告も議会に常任委員会でもいいですけど報告していただけたらなと思う。

伊万里市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号

農道空港構想がありました。これは、これが出たときに、県も伊万里も地域の活性化、それと農業の振興、これに寄与するものということで大変な期待をしたわけですね。だけれども、片やいろんなリスクもあるし、現実にそれが即した事業かなとか、そういう市民の意見はあったんだけれども、伊万里市はこれに着手したんですね。土地を買いましたよ。

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

また、農業は農道や水路などの生活環境から自然生態系までの幅広い環境にかかわっております。農業を通じた農地や水辺環境の適切な保全など、環境保全と資源循環による環境負荷の少ない地域の環境を守り育てる農業が求められています。  5つ目は、地域づくりです。

唐津市議会 2018-12-10 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号

被害を受けた日から11月末日までにおきまして、21農業経営体のうち9農業経営体におきまして施行完了となっており、残りの12農業経営体におきましても復旧工事の準備、あるいは復旧工事に着手がなされておりますが、一部の被災箇所におきまして、農道などの農業用施設等の災害に伴い、園芸ハウス等の復旧作業に着手できない箇所もございます。  

唐津市議会 2018-10-05 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号

事業メニューといたしましては、4つの工事に区分されておりまして、集落道路の舗装や水路の整備、補修などを行う環境整備工事、農業用に使用する水路やため池などの水路施設の新設、改良、補修などを行う農業水利施設工事、農業用道路の改良、補修、舗装などを行う農道改良舗装工事、農地の区画整理や暗渠排水整備などを行う農地整備工事がございます。  

唐津市議会 2018-10-03 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号

事業の内容につきましては、集落の将来像を明確化した活動計画に基づき、5年間以上を継続して行われる農地や農道、水路の管理活動を継続して行う集落が協定を結び、協定内の農用地に対し交付金が支払われる制度となっております。  交付金の算定につきましては、田、畑、それぞれに定められた傾斜率による農用地面積により交付金額を算出して交付をいたしております。  

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

今回、富士、三瀬地域で林道、農道、市道、河川等々を含め、2,000カ所を超える被害が集中しているということで、私も富士支所や三瀬支所に出向いたところ、北部建設事務所や森林整備課なども含め、本当に被害箇所を確認するところから大変な労力を傾けておられました。  後で佐賀RBの代表の方と話しておりましたら、車で行けないところもバイクでなら行ける。

佐賀市議会 2018-09-19 平成30年 9月定例会−09月19日-05号

これは災害のときにどうしても行けない道、それから、孤立したところ、それから、山間部の林道、農道を含めて、そういうところでの活躍が十分に期待できるのではないかと思いますけれども、そういうふうな災害用のドローン、今、市が所有しているのは一般のドローンだと思うんですけれども、災害時に強いドローンですね、この辺も整備が今後は待たれているのではないかと思うんですけれども、その辺のお考えはどうでしょうか。

佐賀市議会 2018-09-18 平成30年 9月定例会−09月18日-04号

7月豪雨では、土砂災害や河川の氾濫などで農作物、農業用ハウス、農地、農道、農家住宅など甚大な被害となっています。農業者やその後継者が将来に展望を持って営農を継続できるような支援が求められております。まず、本市における農業災害の状況について、現時点での状況を述べていただきたいと思います。  4点目は、農業の振興策についてです。  

みやき町議会 2018-09-14 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日) 名簿

中原図書館利用の現状と今後の利用促進につい │教育委員会事務局長┃ ┃  │       │  て                     │社会教育課長   ┃ ┣━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━┫ ┃  │       │1.農地改良に伴う条例制定をすべき       │町     長  ┃ ┃  │       │ 1)盛土作業が重輪車搬入等で農道

みやき町議会 2018-09-14 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日) 本文

103 ◯産業課長(空閑清隆君)  議席番号10番、宮原宏典議員の御質問の農地改良に伴う条例制定をすべきの1項目、盛り土作業が重輪車搬入等で農道及び道路等が破損状況である。雨水がたまり隣接耕作者に悪影響を与えたり、害虫発生を来すと思うが、いかに指導されたかということで、農道の管理面から、私のほうからお答えいたします。  

伊万里市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月13日−05号

事業内容は、農道や水路等の公共性がある農業用施設に限り、国の災害復旧事業に採択できない事業費40万円以下のものが対象になります。  3つ目は、県単事業であります農林地崩壊防止事業です。事業内容は、国の災害復旧事業に該当せず、水害等によって崩壊、または崩壊のおそれがある農地が人家や公共施設に危害を及ぼす危険がある場合、その箇所の復旧を行う事業で、事業費40万円以上が対象となります。  

唐津市議会 2018-09-13 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号

そこで、今回の豪雨により、唐津市の道路河川や農道、農業施設などで特殊なものや甚大な被害なものについてお尋ねをします。  これで1回目の質問といたします。 ○議長(田中秀和君) 新天寺都市整備部長。           (都市整備部長 新天寺勉君登壇) ◎都市整備部長(新天寺勉君) 古藤議員のご質問にお答えいたします。  

伊万里市議会 2018-06-27 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月27日−06号

そういうことで、最初は10町から20町の圃場整備事業があったり、それから、延長が1キロ以上の幹線農道の整備が2本から3本あったり、あるいは生活環境整備におきましては活性化センターとか、農村公園とか、それから、営農飲雑用水整備という簡易水道整備的なものもできるような事業でございました。そういうことで、国県の補助率が85%、農業生産基盤整備で85%あったんですよね。

唐津市議会 2018-06-12 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月12日−04号

集落内道路や農道を通学道路として利用をされております。通学道路でありますので、教育委員会等で予算をつけていただいて、維持管理をするべきと思いますけれども、通学路の維持管理はどのようになっているのか、お尋ねをしたいと思います。 ○議長(田中秀和君) 保利教育部長。           (教育部長 保利守男君登壇) ◎教育部長(保利守男君) 再質問にお答えします。  

多久市議会 2018-03-19 平成30年 3月 定例会-03月19日−03号

災害の長期化と農業被害の対策についてという御質問ですが、一般的な農林災害は、大雨、洪水、地震などによる農地やため池、また、農道の損壊などにより耕作できない状況が発生することが考えられます。これらの農地、農業用施設の被害の対策につきましては、農地・農業用施設災害復旧事業や市単独の復旧事業により、できるだけ早急な復旧に努めているところであります。

唐津市議会 2018-03-16 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月16日−08号

このようなことから、農業用水の安定的な確保と農道の整備、農地造成や農地の区画整理を行うことで、農業の省力化や生産性の向上、農業経営の合理化と近代化を目指して国営上場土地改良事業及び県営畑地帯総合整備事業に着手されたところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 小形企画部長。           

みやき町議会 2018-03-14 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第3日) 本文

節15.工事請負費、これにつきましては、西寒水地区の水路整備と東大島地区の農道整備を予定しております。  項2.林業費、目1.林業総務費、本年度予算1,548千円、2,266千円の減額で、主な要因といたしまして、九千部山横断線の経年劣化による舗装補修工事が完了したことによるものでございます。  97ページをお願いします。  目2.林業振興費、本年度予算5,671千円、これは皆増でございます。