運営者 Bitlet 姉妹サービス
371件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 これは宅地と農地が混在しているわけでありますけれども、近年、そこのはざまの土地で農薬散布等されたときに、住民のほうからクレームが出たりとかということで、非常にそういうトラブルというようなこともあってございます。   もっと読む
2018-12-11 みやき町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 また、寒い地域でも育つ国産有機無農薬バナナを生産される農業法人が本町に進出され、来年2月に苗の植えつけを行い、11月には初回の収穫予定となっております。今後はバナナだけでなく、パイナップル、マンゴーなどの南国フルーツもみやき町の新たな産業として育成していきたいと考えておるところでございます。   もっと読む
2018-12-11 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 農薬庫に鍵をかけなさい。入れた農薬は粉剤を上に、液剤を下に置きなさい。手洗い場に石けんを置きなさい。ほうきを置きなさい。  労働者の安全の課題では、草刈り機を使う人に後ろから声をかけてはいけません。  環境を保全するには、過剰な肥料をやってはいけません。環境を守りなさい。   もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 この告示の中で、防除方法については、採取、いわゆる除去でございますが、このように示されておりまして、除草剤などの農薬防除については防除方法に含まれていない状況でございます。本市も、この告示に沿った形でナガエツルノゲイトウ防除実施計画を策定しまして、環境省から防除の確認という承認を受け、防除に取り組んでおります。   もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 1つ目は生き物を育む環境づくりとして、水田に飛来する野鳥やクリークにすむ生き物たちの生物多様性の取り組み、2つ目は環境循環型・環境保全型農業の推進として、下水道由来の肥料や北山ダムに堆積した土の活用、3つ目は安心安全で持続可能な米づくりとして、農薬や化学肥料の使用を減らし、生産の工程を管理する農法の採用、4つ目はIT農業の導入による米づくりとしまして、ドローンで撮影した画像解析による生育状況の管理や もっと読む
2018-09-20 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月20日-06号 JAのほうも農薬散布は今のところヘリでしておりますけど、やはり住宅があったり障害物が多いところではドローンで散布したほうが事故等も少ないんじゃないかなと言われております。  そういった中で、野菜に使用することができないだろうかということで言われております。 もっと読む
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 ドローンを活用して農薬散布に使用することができます。これまでは重いタンクを背負って手作業で行うか、無人ヘリコプターを導入するしかありませんでしたが、無人ヘリコプターは1,000万円を超えるものが多く、誰でも購入できるものではありません。  ドローンを使った農薬散布の場合は、ドローン1台当たりの購入金額が150から300万円前後と無人ヘリコプターに比べて金額は安く、大幅なコストダウンが見込めます。 もっと読む
2018-09-19 みやき町議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第6日) 本文 農業法人神バナナ株式会社          代表取締役  東  晃 3 貸付の期間  契約の日から20年間 4 貸付の価格  無償(ただし契約の日より3年間)   平成30年9月10日 提出                           みやき町長  末 安 伸 之 提案理由  この議案は、新たな町の特産物として、町内の雇用拡大および産業振興による地域活性化 に大きく寄与することが見込まれる国産無農薬 もっと読む
2018-09-14 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月14日-03号 支援の条件としまして、農薬や肥料等の空中散布を行う場合は、農林水産省が策定した空中散布等における無人航空機利用技術指導指針に準じて操作研修により技術認定を受けたオペレーターがいることや、安全性などの性能確認を受けた機体であることなどを満たす必要があるほか、機械の価格が50万円以上であることなどとなっております。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-10 みやき町議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 6月20日、休耕田対策としてバナナを町の特産にしようと、皮まで食べられる無農薬国産バナナの開発者でD&Tファーム取締役の田中節三氏の講演会をこすもす館で実施しました。町施策として取り組む事業について理解醸成を図るきっかけとして、大変有意義な講演会となりました。   もっと読む
2018-06-07 みやき町議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 ドローンを使ってAIが水田とか大豆畑を解析して効果的にピンポイントで消毒することによって、低農薬を市場供給しようと。それを1カ所もう既にやっています。本町は7ヘクタールの水田をことしやります。生産者の協力もいただくように、もう調整しています。それと、白菜の学習もことしやります。 もっと読む
2018-06-06 みやき町議会 2018-06-06 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 その情報をスマートフォンとかタブレットに提供しますので、現在みたいに農薬散布を全面にしなくていいようになります。そのことで減農薬、検査したところ、無農薬とほぼ同じという結果が出ています。昨年の「ガイアの夜明け」でしたか、そこの会社の社長も出演されており、佐賀市のほうで大豆の栽培にそれを活用して、デパートで3倍ぐらいの高値で売れたという報道がなされておりました。 もっと読む
2018-06-04 みやき町議会 2018-06-04 平成30年第2回定例会(第1日) 本文 まずは農業分野での米麦の減農薬栽培に取り組み、その後医療分野での連携も視野に入れているところです。  次に、幕末維新博事業については、千栗土居公園の再整備の一環で、市村清氏の顕彰に係る取り組みとして、市村氏の業績を紹介するパネルサインの作成、設置を検討しており、他の整備工事費用とともに今議会で補正予算を計上しています。   もっと読む
2018-03-14 伊万里市議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 本来、農薬というのは使用基準に基づいて使用することで登録が得られているということで、その使用基準に基づかない方法、要は使用基準は例えば200倍にして使うというのが基準になっているのをその10倍、2,000倍ということは、使用基準よりも薄めて使用基準にのっとらない方法でこれを行政機関として積極的に進めることに対して、農水省のほうから県の部局を通じて、余り好ましくないとの指示があったとのことでした。 もっと読む
2018-03-08 唐津市議会 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月08日−02号 開発の流れといたしましては、まず、使用する唐津産原料の検討及び選定を行い、その成分有効性、医薬品成分の有無、残留農薬の調査を行います。次に、試作品作成、評価、分析、モニタリングを実施し、パッケージデザインの作成、原料調達を行い、本生産、納入となります。   もっと読む
2017-12-15 唐津市議会 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月15日−07号 農家は、施設費、肥料、農薬等々の生産費をかけ、手塩にかけ、出荷経費をかけ、また市場に出荷して競りにかけられ、手数料を引かれ、それから手取りになります。これでは、安定した経営、生活が立てにくいのも一つの要因だと思います。   もっと読む
2017-12-06 佐賀市議会 平成29年11月定例会−12月06日-05号 また、近年、飛来元であります東南アジアや中国では、農薬への抵抗性を持った虫が多く発生しているということも確認されております。  水稲の被害につきましては、幼虫や成虫が稲の水分や栄養分を吸い取ることで引き起こされ、稲の1株当たりに寄生する虫が急激に増加しますと、圃場の一部がサークル状に枯れて、いわゆる坪枯れと呼ばれるような状態になりまして、ひどい場合は圃場全体が枯れてしまうということがあります。   もっと読む
2017-09-13 唐津市議会 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月13日−05号 農林業におきます、ドローンの活用の可能性についてでございますが、まず、農業関係につきましては、近年、農薬散布用のドローンが労働作業の省力化と機動性の高さから関心が高まっているところでございます。 もっと読む
2017-06-20 佐賀市議会 平成29年 6月定例会−06月20日-06号 そこは、農家に対して種子から肥料、農薬、全部支給をしてつくっていただいております。農家の収支決算はどうするのかというと、そこの冷凍工場に搬入したホウレンソウで決済です。農家は最初の手出しが何も要らないということをやられていました。もうそういう時代が来るのかなという気がしますので、やはり青果だけではなかなか難しいと思います。 もっと読む
2017-06-19 伊万里市議会 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月19日−04号 食品安全、いわゆる4つに大きく分けるんですけれども、食品安全、例えば農薬取締法にもあるように、農薬使用への細かい決まりなんですね。例えば濃度とか、服装とか、異物とか、こういうものが入っていないか。 もっと読む