214件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会−03月22日-付録

                │ │    │   │       │2.中山間地域の活性化に向けて(平成30年11月定例会の続き)   │ │    │   │       │ (1) 子どもがいる世帯の移住の実態と今後の取り組みについて  │ │    │   │       │ (2) 温泉効能を生かした活性化策について          │ │    │   │       │ (3) 地域おこし協力隊員の起業活動

伊万里市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月11日−04号

その視察先が小学校跡地を利用した起業支援で、これは大名小学校というところなんですけれども、天神地区に隣接をしております。その学校の建物を──敷地もですが、そのまま利用して、カフェあり、企業ありで非常に参考になりました。この小学校を中心に半径2.5キロ圏内には博多港、また天神地区、それと福岡空港とJRの博多駅が入っているという好立地条件だったです。

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

◆千綿正明 議員   あくまでも総務省に届け出たものしか受け付けられないという制度でございますので、なかなか難しいかなという気はしますが、実は佐賀出身の起業家の方って結構多いんですよね。リコーの社長もしかり、グリコの創業者もしかり、ハトヤの社長もしかり、そういった方たちによる佐賀出身の企業というのがあるわけです。  

多久市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日−02号

それと、地域おこし協力隊については、定住して起業する人員を育成するような部分もあるかと思うんですよね。そういう中で、地域おこし協力隊で、そういうふうな形で入ってきた人がなかなか居つかない原因と課題、これはどのように考えてあるのか、お尋ねをいたします。  次です。道路橋りょう費についてなんですが、道路維持費についてです。  

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会-12月20日-09号

総務委員会の報告にもあるように、新たに構成団体に加わるサガスポーツクラブはまだ起業して間もないからということで、指定管理者のグループ名称には掲げられていない上、経費の配分率もゼロだとの答弁がありました。サガスポーツクラブからは補助的業務として3名のスタッフが派遣される予定とのことですが、その人件費などはどこから捻出されるのか、きちんとした根拠が述べられていません。

多久市議会 2018-12-17 平成30年12月 定例会-12月17日−04号

これは全国的なことでありますが、生活の場として職場などをどうするか、今後も企業誘致とか、起業をする若者の支援制度を県、国とか連携していく必要があると思いますけど、そういった何か、これは答弁要りませんけど、ちょっと私も見てみましたら、佐賀県では佐賀県のよさに気づかないまま県外に出てしまった若者に、佐賀県の魅力を伝え、そのよさを再確認してもらい、県内の就業やUターン就職、移住等を促進するため、4大都市

伊万里市議会 2018-09-25 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月25日−07号

国のまち・ひと・しごと創生基本方針2018のポイントとしては、「ひと」と「しごと」に焦点を当て、UIJターンによる起業・就業者の創出、女性・高齢者等の活躍の推進、地方における外国人材の活用など、ライフステージに応じた地方創生の充実・強化を図るとされている。また、自らのアイデアで意欲的に取り組む自治体強力に支援をすると示されている。

みやき町議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第6日) 本文

具体的な活用策といたしましては、今計画している分としては、1階を起業のためのオフィスとかであったり、2階を地域おこし協力隊などのお試し期間といいますか、移住者支援、そういったものの居住用として活用できないかとか、それからまた、地域コミュニティの場というようなこと、そういったことに地域活性化になるように多目的に活用できないかというようなことを検討しているところでございます。  

鳥栖市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−05号

また、各種団体及び関係団体の皆様とは、子供貧困と虐待等の状況と、その支援について、あるいは、18歳選挙権と鳥栖市の将来像について、あるいは、生活者としての外国人への支援について、あるいは、鳥栖市での起業についてなど、その時々の課題や現状の問題点などをテーマに自由に語る場を実施してきております。  

唐津市議会 2018-09-12 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−04号

また、この地で学ぶものがこの地で起業・創業する流れも生み出していきたいと考えているところでございます。  さらに、海外人材を受け入れることになれば、国際的な人材交流が起こり、唐津で生活することにより新しい文化や価値をもたらし、地域の活性化に役立つと期待しているところでございます。  

唐津市議会 2018-06-15 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月15日−07号

そのほか、これまでの経験を生かし、みずから思い立たれ新たに起業される方もいらっしゃるかと思います。  おおまかには以上のような就労の形があるかと思っております。  定年後の具体的な就労状況につきましては、市では把握しておりませんが、定年後の就労の受け皿としては、やはりシルバー人材センターが多いのではないかと思っているところでございます。  

唐津市議会 2018-06-14 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月14日−06号

◆24番(山下正雄君) 機運醸成に努めてまいりますというようなお話ですけど、そうやって民間の企業が、いろいろ起業したりとかして、唐津焼を盛り上げていこうというふうにされているんです。市は、それに乗っからないといけないです。  唐津城の展示場で事足りたと思っていらっしゃったら、いかんのじゃないかなと思います。