運営者 Bitlet 姉妹サービス
248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 これらには、発信者が急病を発症したり、けがをされた際に、体の状態、例えば、痛みの程度や痛い場所、持病の有無など、体の状況を指し示すだけで状況を簡潔に説明できるもので、パニック状態や、会話による意思疎通が図れない、コミュニケーションをとることが困難な場合に、大変効果的であると思います。外国人の方向けとしても日本語を含む5カ国語に対応しています。 もっと読む
2018-09-14 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月14日-03号 しかしながら、あんま、はり、きゅうにつきましては、医療費保険のやはり対象であることはもちろん、利用者の声としましては、健康管理としての予防効果及び痛みの緩和などというふうな声が多く寄せられているのも事実でございまして、医療を補完する役割、効果というものはあるものというふうに考えておるところでございます。 ◆山口弘展 議員   大変苦しい御答弁だと思います。 もっと読む
2018-06-20 佐賀市議会 平成30年 6月定例会−06月20日-07号 痛みや傷に気づかないというので有名なエピソードは、画びょうが足の裏に1カ月刺さっているのに気づかなかったとか、ホットプレートの上に足が乗っているのに気づかなくてやけどを起こしてしまったとか、糖尿病がひどくなるとそういう状態になるわけですね。 もっと読む
2018-06-12 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月12日−04号 せっかく2人の予算というか、10人の予算なのかで、2人はまだ見つかっていないと、その心の痛みを、私は吐露していただくなら許します。 もっと読む
2018-06-08 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月08日−02号 これを受けまして、それまで市の一般財源で実施しておりました道路舗装等の補修のうち、路面の痛みぐあいの調査結果に基づく舗装補修を初め、トンネルの点検や道路ののり面対策などについて、国の交付金事業として実施しているものでございます。  このうち道路舗装の補修につきましては、路面性状調査を実施した路線を中心に、路面の劣化状況と地元要望をもとに優先度を判断した上で、実施箇所を選定しております。   もっと読む
2018-03-02 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月02日-02号 乳腺炎になりますと、授乳中に胸に痛みや焼けるような感覚を感じたり、腫れや熱を持ったりします。また、母親自身も発熱や疲労感といった症状があり、原因としましては、授乳方法が正しくなかったり、乳管の詰まりや細菌の侵入、また、ストレスや疲れもあるようです。そのケアや予防として、乳房ケア、いわゆるおっぱいマッサージはとても有効です。   もっと読む
2017-12-14 唐津市議会 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月14日−06号 3月1日に麗水市に慰安婦像を象徴した少女像が設置されました直後に、麗水市の国際協力担当職員に聞き取りを行いましたが、そのときの回答は少女像設置の目的は、昔の痛みを忘れないで平和を追求しようという意味であるのに、この件で唐津市と問題が生じるなど思ってもいなかったという回答を当時受けております。  また、問題は像の傍らにある議員おっしゃいました碑文の内容だと思っております。 もっと読む
2017-12-08 佐賀市議会 平成29年11月定例会−12月08日-07号 当然、その中には、今言われた4名の子どもが参加したかどうか、私も定かではございませんが、そういうふうにしてやっぱり同じ仲間の、共通の痛みを持った子どもたち同士で話をしているということだけは御理解をいただきたいと思っております。とにかくそういう子どもたちが、よりよい生活が送れるような学校にしなければと思っております。  では次に、長期入院の子どものことについてお尋ねいたします。   もっと読む
2017-12-08 唐津市議会 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月08日−02号 したがいまして、これまでは場所がわからず、歯の痛みを我慢されていた方々もおられたと思いますので、より市民の口腔ケアの向上の一助になると思っております。  また、現在は午前中だけの診療となっておりますが、午後の診療も実施していくよう考えておりますので、より市民の皆様が利用しやすくなると考えております。   もっと読む
2017-12-07 佐賀市議会 平成29年11月定例会−12月07日-06号 研修会の開催に当たっては、受講者に偏見や差別の本当の痛みや障がいのある人が日常生活の中で真に困っておられることを理解していただくために、当事者の方を講師にお願いするよう努めてもおります。  一例としましては、去る11月23日に開催した人権ふれあい講演会におきましては、視覚障がい者への理解をテーマに映画上映と講演会を開催したところ、予想を超える来場者があったところでございます。 もっと読む
2017-06-08 鳥栖市議会 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月08日−02号 直接いじめにかかわらない児童生徒の中には、いじめを否定的に感じつつ、とめたいのにとめられない児童生徒や無関心な児童生徒などさまざまでありますので、いじめはいつでも誰にでも起こり得るを大前提として、いじめられている子供の心の苦しみを理解させ、心の痛みに共感させることで、児童生徒が当事者意識を持たせるような指導が大切であると考えております。   もっと読む
2017-03-16 唐津市議会 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月16日−08号 そこで、何よりも受診率が低い理由として、個人差はありますが、痛みだと私は思っております。耐えられない痛みに、一度受けた方が、もう二度と受けたくないと思う人も多いようです。  しかし、死亡率を減らすためには、検診を受け続けてもらうということが重要です。  そこで、痛みが全くないエコー検査を導入できないでしょうか。 もっと読む
2017-03-16 多久市議会 平成29年 3月 定例会-03月16日−04号 学校現場に長らく身を置いておりましたが、督促状をもらうことでの子どもたちの痛みというのは、本当につらいと思いますが、もっとつらいのは、うちの親は給食費も払いよらんとねと思うことであって、それを渡す人への何とかではないと思っているので、先ほど申し上げたように、ちゃんとうちの親もきちんと払ってくれているねと思ってくれるように、払っていただくことのほうがいいなと思っています。 もっと読む
2017-03-10 唐津市議会 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月10日−04号 他の競技場に比べて10年間痛みが本当にこうひどかったというふうに思います。ウレタンラバーでその分が薄いんではないかとか、手抜き工事ではなかったんではないかなというふうにも、みんなで言っていました。そうした検証をしながらの改修であるというふうに思います。そうした陸上競技場の検証とそして改修の内容をお伺いしたいというふうに思っています。   もっと読む
2016-12-15 唐津市議会 平成 28年12月 定例会(第5回)-12月15日−07号 今おっしゃったように、日々今なお5年9カ月たった今なお、ほぼ毎日どこかのチャンネルで事故発生時から現在に至るまでのさまざまな報道がなされており、よく目にし、そしてまたご当地の心の痛みといったものは、私のみならず多くの皆さん方が受け取られているだろうと思います。   もっと読む
2016-10-13 唐津市議会 平成 28年 9月 定例会(第4回)-10月13日−11号 被保険者の痛みを感じない発言であります。国民健康保険加入者が払いたくても払えない重い負担になっている事実は、今回の国民健康保険特別会計の決算によると、滞納額が7億円を超え、不納欠損処理が加入者の約1割に当たる3,381世帯、1億円にも上っています。被保険者に払いたくても払えない重い保険税にした原因は国にあり、その責任を明確にさせ、改善に向けた実施を迫ることが重要であります。   もっと読む
2016-09-13 唐津市議会 平成 28年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 糖尿病性神経障害では、痛みを感じにくくなり、ちょっとした足の傷等に気づかずに、壊疽を起こす原因にもなります。  また、閉塞性動脈硬化症でも悪化をいたしますと、足に潰瘍や壊疽を起こしまして、場合によっては足を切断するという、重大な事態になると言われております。   もっと読む
2016-09-09 鳥栖市議会 平成28年 9月 定例会(第3回)-09月09日−03号 糖尿病の方は、自分では痛みを感じないことが多く、手遅れになって足の切断を余儀なくされる場合も少なくありません。下肢切断を行った場合の医療費は約100万円から数百万円と言われますが、医療保険者の財政負担以上に、患者本人の日常生活に大きく影響を及ぼすことから、足病の重症化予防はとても重要なことでございます。  足病の原因の一つである糖尿病や動脈硬化は、生活習慣病です。 もっと読む
2016-06-14 鳥栖市議会 平成28年 6月 定例会(第2回)-06月14日−03号 現在、因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度について調査中です。   もっと読む
2016-03-11 佐賀市議会 平成28年 2月定例会−03月11日-08号 また、中学校でございますが、中学校では保健室で対応したけがの件数が5件、内訳が打撲が3件、捻挫が1件、腰の痛みが1件、そのうち病院を受診したのが4件で、これも完治をしていると聞いております。 ◆千綿正明 議員   ということは、骨折とかはなかったということですね。でも、そういったけがが出ているということを考えたときに、少し考えなきゃいけない部分もあるのかなと。 もっと読む