669件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

平成17年度から運用されているようで、システムの内容は、まず品川区在住の児童たちにGPSつき緊急通報装置──これが「まもるっち」と言うらしいんですけれども──を無償貸与して、児童危険を感じたときに、「まもるっち」にストラップがついていて、そのストラップを引っ張ると警報音が鳴り、品川役所にあるまもるっちセンターに連絡が入り、センターが状況の確認を行って、緊急通報であると判断した場合は、センターが保護者

鳥栖市議会 2019-03-25 平成31年 3月 定例会-03月25日−06号

スマートインターの必要性は、物流の効率企業誘致、交通安全、円滑、利便性であります。防災減災もあります。医療救急救命の活動の向上にも役立ちます。  そこでお尋ねをいたします。  今後、事業に優先順位をつけて取り組むべき必要があると思うが、費用対効果も含め精査すべきところはすべきだと思う。  事業を進めるに当たっての考え方はどうなのか。  

鳥栖市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−04号

現在の本市の保育行政では、今後の幼児教育無償に伴い、3歳児から5歳児の保育料が無償されます。  私立保育所につきましては、これが国の負担となり、本市の税負担としてはこれまでと変わりません。  しかしながら、各地方自治体が運営する公立保育所につきましては、各自治体の独自負担となります。  

みやき町議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第5日) 名簿

│       ┃ ┃  │       │ 2)24億円の建設費、運営について        │       ┃ ┃  │15 番    │2.がん・特定健診の自己負担軽減について    │町     長┃ ┃8 │       │ 1)軽減(無償)については、前議会一般質問で │       ┃ ┃  │益 田   清│  紹介されていましたが、その内容について伺い │       ┃ ┃  

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

今後も定住総合対策事業としまして、住宅施策が進んでいくとともに、本年10月からの幼児教育保育無償に伴いまして、より一層の保育利用希望者の増加が見込まれると考えているところでございます。  次に、受け皿整備の件でございます。  待機児童対策ということで、早急な対策としまして、平成30年度におきまして小規模保育園の2園の施設整備を行いました。

鳥栖市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会-03月12日−03号

地方揮発油譲与税、自動車重量譲与税、地方消費税交付金及び自動車取得税交付金などにつきましては、地方財政計画、過去の実績などを踏まえ、また、新設された森林環境譲与税、環境性能割交付金、幼児教育無償地方負担分としての子ども・子育て支援臨時交付金などの諸税につきましては、国、県の見通しを踏まえ、それぞれ見込み額が計上されております。  

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

できればそういう調剤費等もぜひ自己負担を無料していただきたいというのが市民の声じゃないかなというふうに思うわけでございます。  次に移ります。  県内での給食無償、これが今ずっとふえてきているというふうに聞いておりますけれども、その現状はどのようになっているのでしょうか、お答えください。 ◎百崎芳子 教育部長   学校給食費の無償に関する県内の状況についてお答えいたします。  

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

次に、2点目の中学生の医療費について通院、調剤を含めた現物給付を行った場合の市の助成額、現物給付に伴う国保ペナルティー額及び助成額の試算根拠についてお答えします。  中学生の医療費を現物給付した場合の増加する助成額は約1億円となると試算をしております。また、これに伴う国保ペナルティーにつきましては約290万円を想定しております。  

伊万里市議会 2019-02-27 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月27日−01号

公共施設のファシリティマネジメントを推進し、市民会館大ホールや保育園等の整備・運営のあり方のほか、小・中学校施設規模の適正など、今後の人口減少社会に即した市民サービスの提供に必要な施設の管理運営のあり方を見直し、民営や統廃合を含めた再配置等について検討を進めます。  

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会-12月20日-09号

これに対し、委員より、指定管理者制度は、行政が直営する場合と比べ、効率や人件費のコストダウンなどのメリットがあるが、サガスポーツクラブの診断結果には「当社に業務を委託する場合は、定期的に当社の財務内容や事業計画の目標達成状況、指定管理業務遂行状況をチェックし、業務遂行能力を診断することが望まれる。」とある。

鳥栖市議会 2018-12-20 平成30年12月 定例会-12月20日−07号

建設経済常任委員長報告、質疑、討論、採決〕  日程第4 議案乙第31号 平成30年度鳥栖市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)                     〔厚生常任委員長報告、質疑、討論、採決〕  日程第5 議案甲第27号 鳥栖市固定資産評価審査委員会委員の選任について                        〔提案理由説明、質疑、討論、採決〕  日程第6 意見書案第14号 教育無償