395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-付録

────────────────┤ │ 21日 │ 21 │重 田 音 彦│1.地域包括ケアシステムについて                │ │ (金) │   │       │2.まちづくり協議会について                  │ │    │   │       │3.干ばつ対策について                     │ │    │   │       │4.農道林道

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

最後に、農道林道舗装補修について伺います。  今回の干ばつ状況調査のため、山間部の各地域を回っていると、路肩が崩れかけたり、舗装が傷んで亀の甲のようになった農道林道が見受けられました。この管理はどうなっているのか、伺います。  以上、総括質問を終わります。 ◎大城敬宏 保健福祉部長   おはようございます。

みやき町議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

7月豪雨での林道九千部山横断線における土砂崩壊災害箇所については、国の現地査定などが終わり、復旧工事に向け準備を進めています。  県営クリーク防災機能保全対策事業については、平成35年度までの事業で、全体計画30路線、9,020メートルのうち、今年度6路線、1,180メートルの木柵工事を行っています。  

伊万里市議会 2019-02-27 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月27日−01号

林業においては、林道を初めとする生産基盤の整備や間伐材の搬出への支援など、林業経営の安定化と適正な森林の管理を促進します。  水産業においては、漁業者等が実施する海域の環境や生態を維持するための活動を支援するほか、老朽化が進んでいる波多津漁港施設について、地域住民の利用頻度が特に高い2号輸送道路の補修工事を行うなど、漁業者等が安全に安心して活動することができる環境を整えます。  

鳥栖市議会 2018-12-20 平成30年12月 定例会-12月20日−07号

県支出金のうち、災害復旧費県補助金につきましては、7月豪雨により被災を受けた林道及び林地の災害復旧工事費に係る農林水産施設災害復旧費県補助金として587万8,000円が計上されております。  土木費県委託金につきましては、浅井アパート集会所の屋根の補修に伴い111万4,000円が補正されております。  

唐津市議会 2018-12-14 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号

平成30年7月5日から7日におけます梅雨前線豪雨災害につきましては、農地農業施設災害が605カ所、林道災害が235カ所、住宅裏の林地災害が9カ所、合計849カ所と、合併後、過去に例のないほどの災害でございまして、担当課だけでの対応は困難なことから、他の部局からの応援と、佐賀県及びコンサルタント協会への応援要請を行いました。  

みやき町議会 2018-12-14 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日) 本文

今回、7月の豪雨によります林道災害復旧のための財源として3,900千円の地方債の追加をお願いしております。起債の方法、利率、償還の方法については記載のとおりでございます。  9ページをお願いいたします。  歳入の主なものについて説明をいたします。  款12.分担金及び負担金、項1.分担金は、686千円の増額で、農林災害復旧事業分担金でございます。  

みやき町議会 2018-12-06 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文

第3表 地方債補正でございますが、7月豪雨による林道災害の復旧のための財源とするものでございます。  歳入歳出予算では、新規事業や県、関係機関と協議が調った事業及び緊急を要する経費をお願いしております。  主な歳入では、分担金及び負担金、国庫支出金、県支出金、財産収入、寄附金、繰入金、諸収入、町債でございます。それぞれ内容等につきましては記載のとおりでございます。  

鳥栖市議会 2018-12-03 平成30年12月 定例会-12月03日−01号

7月の豪雨により被害が生じた農地林道等の復旧に要する経費を補正いたしました。  以上、補正予算の主なものについて申し上げましたが、歳入といたしましては、市税のうち個人市民税、固定資産税等の見込みによる増額分を補正いたしました。  また、国・県支出金及び地方債は、それぞれの事業に伴う額を計上いたしました。  

鳥栖市議会 2018-09-21 平成30年 9月 定例会-09月21日−07号

災害復旧費のうち、農林水産施設災害復旧費につきましては、7月豪雨に発生しました農地農業施設林道災害復旧工事費として、現年発生公共災害復旧費に1,000万円、単独災害復旧費に2,880万円、土木施設災害復旧費につきましては、7月豪雨に発生しました土木施設災害復旧工事費として、現年発生公共災害復旧費に4,150万円、単独災害復旧費に3,650万円がそれぞれ補正されております。  

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

今回、富士、三瀬地域林道農道、市道、河川等々を含め、2,000カ所を超える被害が集中しているということで、私も富士支所や三瀬支所に出向いたところ、北部建設事務所や森林整備課なども含め、本当に被害箇所を確認するところから大変な労力を傾けておられました。  後で佐賀RBの代表の方と話しておりましたら、車で行けないところもバイクでなら行ける。

佐賀市議会 2018-09-19 平成30年 9月定例会−09月19日-05号

これは災害のときにどうしても行けない道、それから、孤立したところ、それから、山間部の林道農道を含めて、そういうところでの活躍が十分に期待できるのではないかと思いますけれども、そういうふうな災害用のドローン、今、市が所有しているのは一般のドローンだと思うんですけれども、災害時に強いドローンですね、この辺も整備が今後は待たれているのではないかと思うんですけれども、その辺のお考えはどうでしょうか。

佐賀市議会 2018-09-18 平成30年 9月定例会−09月18日-04号

今回の災害では、農地農業施設災害復旧事業以外にも、農林関係だけでも林道施設災害復旧事業や林地崩壊防止事業、農林地崩壊防止事業などの災害関連の事業が多数発生しております。大きな被害をもたらした平成22年災害と同等、あるいはそれ以上の被害となっている災害箇所もございます。  このことから、今後の工事の見通しにつきましては、平成22年災害と同様に複数年かかるものと思っております。

唐津市議会 2018-09-13 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号

ここ唐津市においても平成30年7月、豪雨により林道などまだ確認がとれていない場所を含めると1,300カ所くらいの近年にない多くの被害が発生したことは、議案質疑や前任の質問などでも伺ったところですが、私は、現場からの感想や対策などを中心に質問をしたいと思います。  そこで、今回の豪雨により、唐津市道路河川農道農業施設などで特殊なものや甚大な被害なものについてお尋ねをします。