113件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

佐賀は全国23位タイで正答率65%であります。23位タイというのは、23位が6ございますので、実質28位と言えないこともないわけです。最下位の47位は愛知で62%の正答率でありました。佐賀は1位との正答率の差は7%あります。下位とは3%の差ということで、僅差ではありますが、全体的に低い位置にいることは間違いないと思います。近年、全国的に正答率の底上げが進んでいるような傾向があります。

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

そういう状況の中で、先日、佐賀新聞報道では川崎市で発生した事件を受け、佐賀警察学校の新人警察官が8班に分かれ、通学時間に合わせて約30分間、佐賀警察と書かれたビブスを着て、登校する児童らに挨拶したり、不審な人物がいないか周囲に気を配ったりして、通学路などを体力訓練をしながらランニングしたとの報道があり、私も心強く感じた次第であります。  

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

◆村岡卓 議員   実はこの後、虐待の質問でもお伝えするんですけれども、愛知豊田市で起きました三つ子の事件、そのお母さんも実はそういう支援の方法や対策というのを手にして動こうとはされましたけれども、結果的に、やはり三つ子を抱えての外出ですね、それに対して相談に行くこともままならない状況だったという背景がございます。  

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

現在、円滑な交通環境の実現を目指し、県内における交通状況を把握しながら、交通渋滞の解消の実現を目的に、道路管理者、交通管理者、佐賀トラック協会及び佐賀バスタクシー協会から構成される佐賀交通渋滞対策議会が定期的に開催されており、本市もこの協議会参加して情報共有を行っております。  

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

例えば、先ほど総括質問で言いました、新築の住宅補助等については、独自の補助もあるわけですよ。そして、国の補助もあるわけですよ。そういったことを考えると、市のホームページに補助はこうですよとリンクを張ってあげればいいと思うんですね。そうしないと、市民目線での検索にはならないと思うんですよ。  

佐賀市議会 2018-09-18 平成30年 9月定例会−09月18日-04号

また、佐賀有明海漁協、28年前は空港予定地の8つの地元漁協などとの間で結んでいる協定の立会人の立場から、におもねることなく責務を果たしていくとも答弁されました。私は市長の立場に理解を示すものであります。  さて、山口県知事と小野寺防衛大臣の会談が突如、8月24日の午前に行われ、約3時間後に、知事は緊急記者会見を開き、陸上自衛隊オスプレイ配備受け入れを突然表明しました。

みやき町議会 2018-09-14 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日) 本文

また、みやき町で受けられる支援策というものを見てみますと、まず、民間の公共交通機関では、一般社団法人佐賀バスタクシー協会で運転免許証を返納され、公安委員会発行の運転経歴証明書を提示される方につきまして、協会加盟会社バスタクシー運賃が1割引きとなるサービスが実施されているところです。  

佐賀市議会 2018-03-06 平成30年 2月定例会−03月06日-04号

国営諫早湾干拓事業の排水問題に絡み、有明海再生について有明海沿岸地域佐賀福岡長崎熊本で議論がなされています。我々県民としては有明海は宝の海です。これまで多様な恵みをもたらしてくれました。これからもその恵みが続くものと期待しているところです。国策としてどう展開されるか、注視しなければなりません。  干拓事業は潮の干満の差6メートルを巧みに利用し、江戸時代から続いてきました。

佐賀市議会 2017-06-21 平成29年 6月定例会−06月21日-07号

◆中野茂康 議員   集落営農組織に対しては、法人化に向けた取り組みについて、新規就農者に対しては、、JA、農業委員会と連携して就農がスムーズに進むように支援をされております。  今日、佐賀では、栽培技術、経営能力がすぐれた農業者を佐賀農業士として認定されております。県内では138名、佐賀市内では30名の方が農業士として今認定をされております。

佐賀市議会 2017-03-09 平成29年 2月定例会−03月09日-06号

「78円の命」という話ですが、愛知豊橋市の、当時小学校6年生が書いた作文で、平成24年10月に話し方大会で朗読して最優秀賞を受賞したものです。  これまで家の近所でかわいがっていた野良猫が突然いなくなり、管理センターで引き取られたと。悲しみとともにいろんなことを調べると、動物殺処分の費用が1匹78円であるということを知ったときの作文です。重い命が78円というふうな感じですね。