562件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-19 多久市議会 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号 市における児童虐待防止の支援体制としましては、多久市要保護児童対策地域協議会を設置しています。協議会の委員には、児童相談所、保健福祉事務所、小城警察署、多久市医師会、市内義務教育学校、保育園、認定こども園、民生児童委員、PTA連合会、健康推進員会の組織のそれぞれの代表の方に就任をいただいています。   もっと読む
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月20日-付録 ──────────────────┤ │    │ 18 │川 崎 直 幸│1.漁業法等の改正による本市漁業への影響について         │ │    │   │       │2.財政状況について                       │ │    ├───┼───────┼────────────────────────────────┤ │    │ 19 │富 永 明 美│1.児童虐待 もっと読む
2018-12-17 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号 待機児童や潜在待機児童がふえないか、保育士は十分なのか、受け入れ施設はどうなのかなどが考えられるし、さらには、病気や体調不良の子供がふえるのではないかなども考えられます。国の方針どおりだと、半年間の財源しか手当てしないとも言われているので、財源問題もあるのではと思います。   もっと読む
2018-12-17 多久市議会 平成30年12月 定例会-12月17日−04号 現在のところ、まだ待機児童のほうはございませんので、ここについては市のほうでの一つの事業になると思います。  それとまた、延長保育、一時預かりの保育、障害児の保育、また休日の保育などがありまして、あと病児、病後児の保育などもございます。 もっと読む
2018-12-14 多久市議会 平成30年12月 定例会-12月14日−03号 また、平成28年5月、全ての児童が健全に育成されるよう、児童虐待について、発生予防から自立支援までの一連の対策のさらなる強化を図るため、児童福祉法の改正が行われましたが、実情としては児童相談所での児童虐待相談対応件数は、平成29年度13万3,778件と、10年前の4万639件から約3.3倍と増加の一途をたどっている現状です。   もっと読む
2018-12-13 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号 伊万里市の留守家庭児童クラブについてお聞きします。  この問題は、ことしの6月議会のときにも私は質問をさせていただいたんですけれども、来年の4月には、当時待機児童が発生する見込みだというふうに言われておりました。 もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 少人数学級の制度の運用についての学校現場の要望でございますが、現時点におきまして、来年度1学級の児童生徒数が30人から40人になる学年がある学校に対して、級外を担任にする少人数学級制度を希望するか、あるいは、これまでどおり級外として、チームティーチングや少人数指導を希望するか予備調査を行いました。 もっと読む
2018-12-13 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月13日-08号 2問目に、放課後児童クラブの施設の増設、支援員の増員について質問いたします。  この質問は9月定例会に続いての質問です。子育て支援部長は答弁の中で、ことし4月時点で登録児童数は2,206人、待機児童は167人、平成30年度は前年度と比べて受け入れ児童を130人ふやしたが、申込者がふえて待機児童は8人の減少にとどまった。 もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 仕事前に2つの保育所に子供を預けるのは大変ですとの相談を受けたことがありますが、まず、最近の潜在待機児童の状況についてお伺いいたします。  最後に、風疹予防対策についてであります。  ことしは、9月ごろからウイルス性の感染症である風疹の患者が東京や千葉など首都圏を中心に急速に拡大しており、おくんち明けのニュースで、唐津市でも患者が出たと知り心配をしております。   もっと読む
2018-12-12 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 この国の方針は、児童クラブにおける支援員のなり手不足により待機児童の解消ができないとの地方の要望を受けての対応でございます。  本市の児童クラブにおきましては、運営を委託したことによりまして人材の安定確保が図られておりますので、支援員の配置基準はこれまでの基準に従い、これからも取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(前田久年)  政策経営部長。 もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 本市においては、待機児童の8割以上がゼロから1歳児となっていることから、その対策として地域型保育施設、とりわけ小規模保育園などの拡充により、待機児童の解消に努めてきたところでもありますけれども、このことを踏まえた上で質問いたします。   もっと読む
2018-12-11 みやき町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 幼児教育・保育の無償化という前に、待機児童問題という重要な課題解決が先なのではないかということでございますけれども、「子育て支援のまち」宣言を行った本町におきましては、全ての子供が良質な保育を受けることができることが重要であると考えております。   もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 また、子どもの健全育成に係る費用となる児童養育加算の支給対象を中学生までから高校生までに拡大されたほか、クラブ活動に係る費用を支給する学習支援費の増額や生活保護法を改正し、大学等への進学を支援する給付金を新設するなど、子育て世帯に手厚い内容となっております。   もっと読む
2018-12-06 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−03号        │             〃  第13款 諸支出金           ││       │        第2条 債務負担行為の補正             ││       │        第3条 地方債の補正                │├───────┼──────────────────────────────────┤│       │議案甲第46号 伊万里市留守家庭児童 もっと読む
2018-12-06 みやき町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 福祉関係では、中原特別支援学校で実施する特別支援学校放課後児童健全育成事業の放課後児童クラブ室新築工事について、10月に工事契約を締結し、来年4月からの供用開始を目指し、現在、建設工事を進めています。  次に、健康増進課について報告をします。  特定健診・がん検診は、未受診の方を対象に北茂安保健センターで9月9日から14日までの6日間、集団健診を実施しました。   もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 例えば、放課後児童クラブは条例上、小学校4年生以上も受け入れるとしていますが、実際に実現できているのは3校区にとどまり、14クラブで167名の待機児童がおり、クラブに入れない子どもの世帯では保護者の仕事が左右される事態にもなっています。保育園の待機児解消も同様ですが、施設整備とともに、保育士、指導員確保のために賃金、報酬の抜本的引き上げなど、処遇改善策を急ぐべきです。   もっと読む
2018-09-26 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-09号 学校給食における食物アレルギー対応状況調査によりますと、食物アレルギーのある児童数は、平成28年は439名で児童数全体の割合では約3.56%、平成29年は394名で児童数全体の割合では約3.19%、本年は477名で児童数全体の割合では約3.83%でございます。   もっと読む
2018-09-25 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月25日-08号 また、民生委員は児童委員を兼ねていることから、児童虐待や子どもの貧困など、子どもをめぐる課題への対応などの重要な仕事も担ってもらっております。  今、民生委員の仕事の負担がふえて、担い手不足が生じて欠員が各地区で出ている現状だと思います。  そこで、質問ですが、民生委員の年齢構成と欠員の状況、また、欠員地区の対応と欠員解消に向けての取り組みなどはどのようにされているのか、お伺いいたします。   もっと読む
2018-09-18 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月18日-04号 2点目は、放課後児童クラブについてであります。6月定例会でも一般質問を行いました。それに続いての質問です。  今、市内34校区で実施している放課後児童クラブは、ことし4月の時点で14のクラブで167人が待機児童となっており、利用したいのにできない状況となっています。待機児童数でも小学校児童数の比率でも県内で最悪となっており、早期の改善が望まれています。   もっと読む
2018-09-18 みやき町議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5日) 本文 また、これに関連して不納欠損額、合計4,765,578円というふうなことで、いわゆる取れなかった、落とさざるを得なかった町税、町税は町民税、固定資産税、軽自動車税という形の中で、もう一つは負担金、いわゆる児童福祉負担金、主に保育所の入所負担金等々と思われるわけでございます。 もっと読む