472件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊万里市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月13日−06号

しかし、それを補完するといいますか、一緒にやっていく意味では、先ほどもありましたが、伊万里市観光やビジネスで来た、それから、市内でどういうふうな行事が行われているのか、市、行政以外で行っているものもたくさんあります。たくさんのもいます。たくさんの情報があると思います。

伊万里市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月12日−05号

児童相談所に一時保護されたものの自宅に戻され、最悪の事態になってしまいました。この叫びは厳粛に受けとめねばならないと思っております。  児童相談所への虐待相談対応件数は右肩上がりに増加していると言われております。2017年度、年間13万件を超え、5年前と比べて倍増している状況にあります。また、児童虐待により年間約80もの子どもの命が失われていると報道もされております。

伊万里市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月11日−04号

本計画の認定申請により認められた規制改革の特定事業といたしましては、1つ目といたしまして、外国研究者の受け入れを円滑に行うことができる事業、2つ目といたしまして、発電実験を行う際の使用安全管理検査などを必要としない事業、3つ目といたしまして、教員など勤務時間内の研究成果活用兼業を認める事業、4つ目に、国以外の者に行政財産使用させ、また収益させようとする際の財務大臣との協議を省略する事業、5つ目

多久市議会 2018-12-17 平成30年12月 定例会-12月17日−04号

何か佐賀県内の出身の社会を含めて、そういったのを取り組んでいるというのは聞きました。こういった取り組みがあるから、今後、市民の方にももっとPRしたがいいかなと私は思いました。  それでは、次の生産年齢人口について聞きます。  今、生産年齢人口につきましては、詳しく市長のほうから述べてもらいました。今、国で外国雇用の問題がやっぱり大きな動きがあっております。

多久市議会 2018-12-14 平成30年12月 定例会-12月14日−03号

1点目、行政・生活情報多言語化と相談体制の整備は。  2点目、日本語教室の充実と日本語教育を担う人材育成は。  3点目、防災減災対策の取り組みの中での在留外国への対応は。  4点目、防犯交通安全対策の取り組みの中での在留外国への対応は。  以上で1回目の質問を終わります。 ○議長(山本茂雄君)  市長。

唐津市議会 2018-12-12 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号

国においては、観光立国を掲げ、観光庁をつくり、国内はもちろんですが、特に外国からの旅行者等の増加を図っていくため、ビザの緩和、免税制度の拡充、出入国管理体制の充実、LCCなど航空ネットワークの拡大等々、ここ3年間、戦略的に改革に取り組んであり、その結果、日本に来る外国旅行者数は、2012年には836万だったのが、2015年には1,974万に急増、外国旅行者の消費額は2012年が1兆846億円

鳥栖市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日−03号

不登校児童生徒への対応につきましては、定期的に行っております生活アンケートや日々の連絡ノートや日記などを活用し、前兆的なサインをいち早く捉え、悩みや不安を把握し、教育相談会などを通して情報共有するとともに、早期対応に努めております。  さらに、学級担任を中心とした児童生徒への積極的な支援に加え、保健室相談室などを活用した児童生徒の居場所づくりに取り組んでおります。  

伊万里市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号

農地の貸借については、新規就農者においても可能でありますので、お気軽に御相談いただければというふうに思っております。  以上です。 ○議長(前田久年)  松尾議員。 ◆17番(松尾雅宏)  今のお話をちょっと先に飛ばしますけど、もう一がお気軽にじゃなくて、もちろんこういう質問をするときにもJAの組合長とも協議をしてまいりました。

唐津市議会 2018-10-05 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号

主要成果説明書の事業内容の説明の中に計画相談支援とありまして、それも平成27年度は64平成28年度が90、そして、平成29年度は106と年々増加をしてきているようであります。  この計画相談支援のサービス内容について、また、市内の相談支援事業所は、どういうところにあるのか、お示しください。 ○議長(田中秀和君) 田中保健福祉部長。           

唐津市議会 2018-10-04 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号

3階子育て相談フロアにつきましては子育て緊急サポートセンター、病後児保育事業、利用者支援事業、地域子育て支援拠点事業を行われていると。また4階はキッズルームとして活用されているとの答弁でありました。  3階の子育て相談フロアは、8,000から1万の利用見込みに対し6,700弱の利用と。

伊万里市議会 2018-09-25 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月25日−07号

国のまち・ひと・しごと創生基本方針2018のポイントとしては、「ひと」と「しごと」に焦点を当て、UIJターンによる起業・就業者の創出、女性・高齢者等の活躍の推進、地方における外国人材の活用など、ライフステージに応じた地方創生の充実・強化を図るとされている。また、自らのアイデアで意欲的に取り組む自治体強力に支援をすると示されている。

唐津市議会 2018-09-14 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月14日−06号

助成金額といたしましては、研修生1当たり年間最大120万円を最長2年間、雇用者である農業法人に助成をされます。  このように、新規就農に関しましては、いろいろな支援策がございます。就農希望者からの電話による問い合わせや、窓口での就農相談を随時行っておりますが、市といたしましては、関係機関との連携、調整を行い、情報共有を図りながら、適切な就農相談に努めてまいりたいと考えております。  

多久市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−03号

3点目、外国に対する取り組みは。  3項目め、災害時の避難場所の安全性確保について。  1点目、液体ミルクの備蓄について。  2点目、空調設備のない施設対策は。  次に、大きな2項目め、全国的に今まででは考えられない子どもに対する事故犯罪の発生が多くなっています。そこで、子どもを守る安全対策について、5点について市長、教育長にお伺いいたします。  

鳥栖市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−05号

また、各種団体及び関係団体の皆様とは、子供貧困と虐待等の状況と、その支援について、あるいは、18歳選挙権と鳥栖市の将来像について、あるいは、生活者としての外国への支援について、あるいは、鳥栖市での起業についてなど、その時々の課題や現状の問題点などをテーマに自由に語る場を実施してきております。  

唐津市議会 2018-09-12 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−04号

また、議員より質問の芳谷炭鉱跡の資産や旧三菱合資会社唐津支店につきましては、明治日本の産業革命遺産の構成資産選定の際に、外国産業遺産権威を含む専門家委員会で調査が行われております。その際、その歴史的価値を認めながらも、鉱口から積出港までの多くの資産が残っております三池炭鉱と比較して、資産の完全性が足りないということで、候補から漏れた経緯がございます。