811件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-18 多久市議会 平成31年 3月 定例会-03月18日−03号 昨年の利用者は77万6,000外国からの客(インバウンド)は36万とのことです。ターゲット層のツアー客、個人・グループ客、外国観光客、修学旅行客の状況がわかりましたら詳しくお願いします。 ○議長(山本茂雄君)  商工観光課長。 もっと読む
2018-12-17 多久市議会 平成30年12月 定例会-12月17日−04号 何か佐賀県内の出身の社会を含めて、そういったのを取り組んでいるというのは聞きました。こういった取り組みがあるから、今後、市民の方にももっとPRしたがいいかなと私は思いました。  それでは、次の生産年齢人口について聞きます。  今、生産年齢の人口につきましては、詳しく市長のほうから述べてもらいました。今、国で外国雇用の問題がやっぱり大きな動きがあっております。 もっと読む
2018-12-14 多久市議会 平成30年12月 定例会-12月14日−03号 1点目、行政・生活情報の多言語化と相談体制の整備は。  2点目、日本語教室の充実と日本語教育を担う人材の育成は。  3点目、防災・減災対策の取り組みの中での在留外国への対応は。  4点目、防犯・交通安全対策の取り組みの中での在留外国への対応は。  以上で1回目の質問を終わります。 ○議長(山本茂雄君)  市長。 もっと読む
2018-12-14 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号 このようなことから、例年以上の人出となり、外国からのお客様も多数見受けられ、63万という過去最高の人出となったものでございます。   もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 国においては、観光立国を掲げ、観光庁をつくり、国内はもちろんですが、特に外国からの旅行者等の増加を図っていくため、ビザの緩和、免税制度の拡充、出入国管理体制の充実、LCCなど航空ネットワークの拡大等々、ここ3年間、戦略的に改革に取り組んであり、その結果、日本に来る外国旅行者数は、2012年には836万だったのが、2015年には1,974万に急増、外国旅行者の消費額は2012年が1兆846億円 もっと読む
2018-12-11 みやき町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 この中で、祝い金をいただく、申請するときなんですけれども、町内で生まれた子供たちということで、外国登録をなさっているところの子供もいらっしゃるんじゃないだろうかと。この子たちというのは、みやき町にとってどういう存在かなということを考えたんです。私は、この中にやはり外国登録をなさっている方たちに対しても、支給の申請はできますよというようなものが必要じゃないかなということをちょっと考えました。   もっと読む
2018-12-11 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 農地の貸借については、新規就農者においても可能でありますので、お気軽に御相談いただければというふうに思っております。  以上です。 ○議長(前田久年)  松尾議員。 ◆17番(松尾雅宏)  今のお話をちょっと先に飛ばしますけど、もう一がお気軽にじゃなくて、もちろんこういう質問をするときにもJAの組合長とも協議をしてまいりました。 もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 そして、新たな労働力として、農福連携、企業参入、外国労働者の雇用などを加え、さらに新たな施策として、ロボット技術、ICTの活用を図るスマート農業の推進を設定し、重点的に取り組んでいくこととしております。   もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 移住者の悩み相談や地域住民との交流促進ということの手助けなどにも、集落支援員の活動が効果的だというふうに思うわけですけれども、いかがでしょうか。 ◎古賀臣介 地域振興部長   先ほども申しましたけれども、集落支援員の業務の中には、定住希望者等への定住支援というものがございます。その中で移住後の悩み事等の相談も含め、さまざまな場面で対応していただいているところでございます。   もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 当該ホテルのブロック塀については、6月に地元区長も心配され、既存のブロック塀の安全性に関する相談窓口を開設されております。県の東部土木事務所に相談されております。区長からの相談に対応した土木事務所の建築課の担当者が現地を確認されており、ホテルの経営者ともお話をされております。 もっと読む
2018-10-05 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号 主要成果説明書の事業内容の説明の中に計画相談支援とありまして、それも平成27年度は64、平成28年度が90、そして、平成29年度は106と年々増加をしてきているようであります。  この計画相談支援のサービス内容について、また、市内の相談支援事業所は、どういうところにあるのか、お示しください。 ○議長(田中秀和君) 田中保健福祉部長。            もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-付録                │ │    │   │       │ (2) 市の支援について                     │ │    │   │       │3.クリークの外来種の駆除について                │ │    │   │       │ (1) 外来種の種類について                   │ │    │   │       │ (2) 釣りもっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 困り事がある場合は福祉まるごと相談窓口を初め、さまざまな窓口を通して相談していただきたいと考えており、これらの相談窓口を中心としてサービスの周知に努めていきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-10-04 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号 3階子育て相談フロアにつきましては子育て緊急サポートセンター、病後児保育事業、利用者支援事業、地域子育て支援拠点事業を行われていると。また4階はキッズルームとして活用されているとの答弁でありました。  3階の子育て相談フロアは、8,000から1万の利用見込みに対し6,700弱の利用と。 もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 主な事業と決算額を申しますと、小中学校児童生徒通学費等助成事業費1億520万円、中学校放課後等補充授業学習支援事業費113万9,000円、そのほか外国語指導助手事業費、「いきいき学ぶからつっ子」育成事業費などを実施いたしました。   もっと読む
2018-09-26 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-09号 また近年、インバウンド、外国観光客が増加しているということは昨年の6月定例会で江頭議員も発言されているとおりでございます。  一方で、留学や技能実習などを目的とした在留外国の数もふえており、6月に閣議決定された骨太方針2018の中で外国労働者の受け入れ拡大が盛り込まれるなど、今後、労働者としての外国人数もふえていくものと思われます。   もっと読む
2018-09-25 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月25日-08号 まず、第1項目めの外国の国民健康保険についてですが、平成24年の住民基本台帳法の改正に伴い、外国登録制度が廃止されて、3カ月を超える在留であれば外国も住民票が作成され、日本人と同様に国民健康保険の加入ができるようになっています。 もっと読む
2018-09-25 伊万里市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月25日−07号 国のまち・ひと・しごと創生基本方針2018のポイントとしては、「ひと」と「しごと」に焦点を当て、UIJターンによる起業・就業者の創出、女性・高齢者等の活躍の推進、地方における外国人材の活用など、ライフステージに応じた地方創生の充実・強化を図るとされている。また、自らのアイデアで意欲的に取り組む自治体を強力に支援をすると示されている。 もっと読む
2018-09-21 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月21日-07号 各年度の新規相談事業者は、平成27年度は353、平成28年度は363、平成29年度が426でございました。この新規相談者の年齢構成でございますけれども、平成27年度は二十未満が26.9%、二十から39歳までが37.9%、40歳から59歳までが25.1%、60歳以上が10.1%でございました。   もっと読む
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 最長5年の技能実習制度の期間制限の見直しなど、問題はいろいろあるんですけれども、労働力の確保と技能実習、これについて外国労働者の人材確保を始めている自治体もあるようでございます。  現在の外国労働者の受け入れ等について、なかなか住居アパートの問題であるとか、まだまだ地域ではそういう方々を受け入れたたちが困っている部分もあります。 もっと読む