運営者 Bitlet 姉妹サービス
36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-19 佐賀市議会 平成30年 6月定例会−06月19日-06号 本市においても、新オレンジプランに基づいた認知対策として、ものわすれ相談室や認知相談ダイヤル、また地域の人たちに認知への理解を深めてもらうための認知サポーター養成講座、医療・介護の相談のための認知ケアパスの普及・啓発、それから、一昨年度から設置された認知の方や家族の相談に応じる佐賀市認知初期集中支援チーム、そして、地域団体や事業所に協力をしてもらう佐賀市高齢者見守りネットワーク事業に取 もっと読む
2016-06-13 鳥栖市議会 平成28年 6月 定例会(第2回)-06月13日−02号 免許証の返納が認知の発症率と強い相関関係があることもわかっています。道路をいかに整備するか、また高齢者になっても自由に移動でき、安心して暮らせる社会、これらは行政がリードすべき分野であることは言うまでもありません。   もっと読む
2015-12-09 佐賀市議会 平成27年11月定例会−12月09日-06号 薬剤の散布及び使用に関しましては、化学物質の使用に関するガイドラインに従い、散布前、散布中、散布後、それぞれに周辺住民に対し、散布日時、使用薬剤の種類等の周知を行うこととしております。また、散布は、風が弱いときに行うなど、近隣に影響が少ない天候の日や時間帯に実施しております。   もっと読む
2015-03-05 多久市議会 平成27年 3月 定例会-03月05日−02号 急激な人口減少に歯どめをかけるべく努力し、医療問題、痴呆を含んだ福祉問題などを解決して、楽しい住みやすい多久をつくることをお願いして、質問を終わります。ありがとうございました。 ○議長(山本茂雄君)  國信好永君の質問は終わりました。  次に、平間智治君。 ◆13番(平間智治君) (登壇)  おはようございます。13番議員の平間智治です。 もっと読む
2012-06-04 佐賀市議会 平成24年 6月定例会−06月04日-01号                      全日本年金者組合佐賀市支部                          執行委員長 関家敏正 ・23万市民を守るために九州電力との安全協定の締結を求める陳情書                     玄海原発プルサーマル裁判の会                         代表 石丸初美 外15名 ・子どもの健康を守るための学習会開催のお願い(化学物質過敏 もっと読む
2011-10-06 佐賀市議会 平成23年 9月定例会-10月06日-付録 [建設環境分科会]   平成22年度佐賀市一般会計歳入歳出決算    ・(歳出4款2項3目)環境衛生費の生活環境美化推進経費のうち衛生害虫駆除経費      [質問]公有水面等において薬剤散布による蚊の幼虫の駆除を行ったとのことだが、蚊の駆除の問題と化学物質過敏などの環境問題とは非常に難しい部分がある。市としてどのような考え方で行っているのか。       もっと読む
2011-03-24 佐賀市議会 平成23年 3月定例会−03月24日-付録 複合観光施設の設置について(平成22年9月議会一般質問の関連)  (5) 旧協和館の活用方針について 9 ▲本田耕一郎 一問一答 1.公園の整備について  (1) 公園の整備はどのように行われているか  (2) 荒れている公園の整備の優先順位は 2.図書館の運営について  (1) 合併後の各地域の図書館との連携は  (2) 合併前に収集された地元の資料や情報の整理・発信はどのように行われているのか 3.化学物質過敏 もっと読む
2011-03-08 佐賀市議会 平成23年 3月定例会−03月08日-03号 3点目、化学物質過敏について。  私は、平成18年の6月と9月議会において、化学物質過敏への取り組みというテーマで質問を行いました。それから約5年経過し、化学物質過敏を取り巻く情勢も大きく変わりました。 もっと読む
2010-06-16 佐賀市議会 平成22年 6月定例会−06月16日-05号 シックハウス症候群というのは、住宅の高気密化や化学物質を放散する建材、内装材などの使用により、新築、改築後の住宅やビルにおいて、化学物質による室内空気汚染等で居住者のさまざまの体調不良が生じてくる現象であります。近年、数多く報告されております。 もっと読む
2008-12-10 佐賀市議会 平成20年12月定例会−12月10日-06号 私が所属するJA青年部の盟友も化学肥料の高騰を受け、ことしの麦やその他の作物に鶏ふんペレットなどの堆肥を使用している農家が大変多くなっており、鶏ふんペレット等については品薄状態が続いております。佐賀県においては耕畜連携を進めてこられておりますが、なかなか進んでいないのが現状ではないでしょうか。私も、ことしのタマネギには鶏ふんペレットをまいて栽培しております。 もっと読む
2008-06-12 佐賀市議会 平成20年 6月定例会−06月12日-04号 そして、いろいろやっぱり消費者の人たちに聞いても、農薬、化学肥料はなるだけ少なくお願いしますというのが多いんです。そういう部分でありますので、佐賀市としても、将来的に、例えば平成二十何年にはどれぐらいの数値目標にしますよと、そういう目標を掲げて進めるべきだと思いますけど、それについて部長のお考え、お願いします。 もっと読む
2008-03-27 佐賀市議会 平成20年 3月定例会−03月27日-付録 暫定税率廃止の場合、市への影響は 2.売茶翁ゆかりの地活用について   売茶翁ゆかりの地を生かした施策展開は 3.温暖化防止対策   緑のカーテン事業について 10日(月) 4 ▲千綿正明 一問一答 1.自治会加入率について  (1) 現在の旧町村ごとの自治会加入率は  (2) 格差是正に対する対応は 2.学校校納金の徴収について  (1) 現在の徴収体制について  (2) 滞納の督促体制について 3.化学物質過敏 もっと読む
2008-03-11 佐賀市議会 平成20年 3月定例会−03月11日-04号 これはにおいに敏感な人にとっては非常につらいことで、化学物質に反応する人は入ることができません。費用もかかることですし、旧佐賀市では廃止しておりますので、同じように廃止すべきだと思いますが、あわせてお尋ねします。  もう1つ、各支所に設置されている掲示板や告示板が非常にがらんとしていて、さびれた感じがいたしました。本庁であれ、支所であれ、住民の皆様に伝えることはたくさんあるはずです。 もっと読む
2006-09-19 佐賀市議会 平成18年 9月定例会-09月19日-05号 これは6月議会で行った化学物質過敏の現状と対策について、シックスクールの対応マニュアルが作成されているが、どのように活用されているのか。また、施設内の化学物質を減らすためにどのような取り組みを行っているのかというテーマの続きであります。  前回の質問では、対象を市の直営施設に限った内容でありましたが、今回、市から委託されている体育施設で除草剤がまかれるということがありました。 もっと読む
2006-06-20 佐賀市議会 平成18年 6月定例会−06月20日-付録 (4) 生活指導員へ出張旅費の支給を  (5) 小中学校(教職員)へのパソコンの支給について 20 ▲野中宣明 1.多重債務問題について 2.住基カードの利活用について 21 ▲本田耕一郎 1.化学物質過敏の現状と対策について  (1) シックスクール対応のマニュアルが作成されているが、どのように活用されているのか    また、施設内の化学物質を減らすためにどのような取り組みを行っているか   もっと読む
2006-06-12 佐賀市議会 平成18年 6月定例会−06月12日-06号 2番目の化学物質過敏の現状と対策についてから始めます。  この問題については、16年12月議会で質問を行ったところでありますが、その後さまざまなデータや研究が重ねられ、自治体によっては進んだ取り組みを行うところも出てきましたので、再度質問を行うものです。  これまで人類が人工的につくり出した物質というのは大体1,000万種類あると言われています。 もっと読む
2005-06-29 佐賀市議会 平成17年 6月定例会-06月29日-08号 この結論を受けて、フッ素洗口に批判的な団体、日本消費者連盟、主婦連合会、東京都地域消費者団体連絡会、健康情報研究センター、化学物質問題市民研究会、食生活改善普及会、薬物オンブズパースン・タイアップ仙台支部、日本フッ素研究会、患者なっとくの会INCA、日本教職員組合の養護教員部など12の団体の代表が連名で、歯磨きをしていればフッ素洗口の有効性はほとんどないという報告書を、詳しい資料をつくって、フッ化物洗口 もっと読む
2005-06-22 佐賀市議会 平成17年 6月定例会−06月22日-07号 特に化学物質過敏の方にとっては、そこを通るだけで大変つらいと訴える方もいらっしゃいます。条例の作成に当たり、市ではこのことについて協議はどのようになされたのか、お伺いいたします。  続いて、第69号議案 佐賀市下水浄化センターNo.1,2水処理更新工事請負契約の締結についてお伺いします。   もっと読む
2004-12-20 佐賀市議会 平成16年12月定例会−12月20日-付録 開放について 2.現在の農業振興策は 3.農業委員会の役割について 16 ▲本田耕一郎 1.人材育成と交流について   人材の育成やスムーズな交流をどう推進していくのか  (1) ゼネラリストの中に求められる専門性をどう実現するか  (2) 合併を目前にして人材育成をどう転換させるか  (3) 人事交流の中で、住民サービス低下が起こらないような嘱託や臨時職員の位置付けや制度が必要ではないか 2.化学物質過敏 もっと読む
2004-12-09 佐賀市議会 平成16年12月定例会−12月09日-05号 次に、化学物質過敏の対策であります。  シックハウス、シックスクールについては、今回も藤野、千綿両議員が質問を行っておりますので、それらを取り込んだ形での、いわゆる化学物質過敏としての見解を伺います。  これまでに人類が人工的につくり出した物質というのは大体 1,000万種類あると言われています。 もっと読む
  • 1
  • 2