運営者 Bitlet 姉妹サービス
368件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月20日-付録 ──────────────────┤ │    │ 18 │川 崎 直 幸│1.漁業法等の改正による本市漁業への影響について         │ │    │   │       │2.財政状況について                       │ │    ├───┼───────┼────────────────────────────────┤ │    │ 19 │富 永 明 美│1.児童虐待 もっと読む
2018-12-20 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月20日−07号 ただ、そうなった場合に、じゃ、児童クラブだけ無料にして、保育園はどうするのかという問題が1つ出てきますよね。   もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 まず1点目は、児童虐待についてであります。  私は、ことしの6月定例会で不妊治療について質問しました。少子高齢化が進む中、子どもを授かることを支援するのも大切ですが、授かった子どもの命をとうとび、育ち、つまり、子育て・育児を支援することも大切だと考えます。その育児において社会問題となっているのが児童虐待です。   もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 ◎眞崎武浩 市民生活部長   佐賀VOISSに確認しましたところ、平成29年度中に佐賀VOISSに寄せられた相談が560件でありまして、そのうち佐賀市分といたしまして、強制性交等が83件、それから、DVが19件、また、虐待が10件、それから、殺人が8件など、合計で292件ということでございました。 もっと読む
2018-10-16 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月16日−12号 意見書案第9号、下水道施設の改築への国費支援の継続に関する意見書、意見書案第10号、児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書、意見書案第11号、原子力損害賠償措置額の大幅な引き上げを求める意見書、意見書案第12号、地方財政の充実・強化を求める意見書、以上、4件の意見書案は、唐津市議会会議規則第37条第3項の規定により、提案理由の説明を省略したいと思います。 もっと読む
2018-10-05 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号 ですから、兄や姉と年齢が離れている児童は、半額及び無償の恩恵を受けられない場合がございます。市独自施策では、兄や姉の年齢制限を小学6年生までに拡大し、半額及び無償の恩恵を受けられる世帯を拡大しているところでございます。  平成29年度の市独自施策による多子世帯保育料軽減の実績でございますが、軽減対象児童は、1年間12月の延べ数で1万2,642人で、軽減総額は約2億3,800万円でございました。   もっと読む
2018-09-25 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月25日-08号 そういう中、高齢者を取り巻く社会問題として、孤独死や虐待や振り込め詐欺、高齢者の災害犠牲など、深刻なニュースが我々のもとに伝わってくるわけでありますけれども、こういう地域で起こり得るさまざまな課題に対応するために、高齢者の見守りなど、民生委員が果たす役割は重要であり、地域福祉の中心的な役割を担ってもらっているのが民生委員の皆さんであります。 もっと読む
2018-09-14 伊万里市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−06号 児童虐待を含みます家庭におけるさまざまな問題につきましては、福祉課内にございます家庭児童相談室に、元教師をしていらっしゃった相談員3名を配置して対応しているところでございまして、平成29年度の児童虐待対応件数は46件というふうになっております。 もっと読む
2018-09-13 みやき町議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 まず1つ目の、現在、小・中学校で不登校の児童・生徒が何名いるのかということでございますが、統計法に基づいて、文部科学省が実施する学校基本調査の中で、「「不登校児童生徒」とは「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校をしないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由によるものを除いたもの」と定義されております。   もっと読む
2018-07-04 伊万里市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-07月04日−07号 (418ページで本文掲載)      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○議長(前田久年)  意見書案第2号 子どもの命を守る児童虐待防止対策の強化を求める意見書の提出について。3番岩﨑議員。 もっと読む
2018-06-14 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月14日−06号 学校生活におきましては、学級経営、教科指導、道徳特別活動で、規範意識の醸成とともに、児童生徒が主体的に、対話的に、学習を進めることで、自分で調べたり考えたりしたことを友達の発表と比較して学習の楽しさを感じ取らせるようにしております。   もっと読む
2018-06-13 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月13日−05号 また、子どもに関しましては、いじめ、不登校、虐待など、子どもを取り巻く諸課題を解消するとともに、子どもたちの健全な育成に向けて、学校や地域、行政などが連携し、子どもの権利擁護のための施策を推進しているところです。   もっと読む
2018-06-04 みやき町議会 2018-06-04 平成30年第2回定例会(第1日) 本文 待機児童は8名となっています。幼児教育認定につきましては215名に認定を行いました。  待機児童対策としまして、風の子保育園に小規模保育施設を整備する事業費、三根みどり保育園に整備いただきます小規模保育施設整備に対する補助金及びさくらの杜保育園に増築いただきます保育施設整備に対する補助金として、本議会の補正予算として提案しておりますので、御審議をお願いいたします。   もっと読む
2018-03-09 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月09日-07号 ただ、今でもそれは人権課題として受けとめていますし、人権問題には高齢者の問題や児童虐待問題や障がい者差別の問題などさまざまあり、先ほども言いましたように、男女共同参画問題だけを人権政策と一緒に進めていく課の統合には疑義を感じております。  不利益をこうむったときの女性の人権問題だけではなく、男女共同参画社会のより一層の構築は、男性にも暮らしやすい、そういった社会をつくるという目的があります。   もっと読む
2018-03-05 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月05日-03号 まず、市立図書館においてでございますけれども、子どもの読書活動を推進するために、全館の蔵書数82万点のうち4分の1強、これが児童向けの図書資料として整備しているものでございます。  また、本館や分館には子どもコーナー、これを設けておりますけれども、一部の館には専用のおはなしの部屋を設けてもおります。   もっと読む
2018-03-02 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月02日-02号 人権問題には高齢者や児童虐待問題、そして、障がい者差別の問題などさまざまあり、男女共同参画問題だけを人権問題と一緒に進めていく課の統合には疑義を感じます。不利益をこうむったときの女性の人権、それは人権問題だけでなく、男女共同参画社会のなお一層の構築は男性の暮らしやすさにもかかわる課題です。   もっと読む
2017-12-14 みやき町議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第4日) 本文 そうした中、特にひとり暮らしの高齢者、高齢者世帯の増加を初めとし、高齢者の孤立やひきこもり、高齢者虐待、子育て家庭の孤立や児童虐待、障害者虐待、低所得者などの生活困窮者問題及び貧困の拡大など、地域における福祉ニーズや生活をしていく上での課題は複雑化、かつ多様化してきているところでございます。   もっと読む
2017-12-14 鳥栖市議会 平成29年12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 市内には、公設、民設を合わせまして18クラブの放課後児童クラブ、いわゆる学童保育がございます。利用者の割合につきましては、平成29年4月現在、鳥栖市の小学校に在籍する児童数4,919人のうち、利用者総数653人で、全児童の13.3%が利用をしております。特に1年生では32.8%、2年生では32.5%であり、低学年の利用割合が多くなっております。   もっと読む
2017-12-11 伊万里市議会 平成29年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 さらに、福祉課内にあります家庭児童相談室で行っている子育てに関する悩み相談や児童虐待の通報受け付けなどの情報につきましては、ホームページへの掲載のほか、特に児童虐待の通報受け付けにつきましては、毎年11月に児童虐待防止啓発月間に合わせまして、広報紙への掲載やポスターを掲示するなど周知を行っているところでございます。   もっと読む
2017-12-07 佐賀市議会 平成29年11月定例会−12月07日-06号 市内の小・中学校における心身に障がいを持っているお子さん、児童・生徒が増加傾向にあるというのは、誰でもが一致する認識でございます。先日の教育長の答弁でもわかるように、やはりそのことが言えるのではないかなというふうに思うのであります。  私は長年、児童クラブ初め、子どもたちと地域でかかわりを持ってまいりました。 もっと読む