101件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会−12月20日-10号

)歳入全款、│     │ │      │歳出1款、2款、4款1項6 │     │ │      │目、10款6項、12款、13 │     │ │      │款、第2条(第2表)2款、 │     │ │      │第3条(第3表)本庁舎立体│     │ │      │駐車場設計施工委託料、│     │ │      │市民活動応援事業、東京│     │ │      │2020オリンピック

佐賀市議会 2019-12-13 令和 元年11月定例会−12月13日-09号

─────────┤ │第95号議案 │令和元年度佐賀市一般会計補正予算│ │      │(第6号)中、第1条(第1表)歳入全  │ │      │款、歳出1款、2款、4款1項6目、10 │ │      │款6項、12款、13款、第2条(第2表) │ │      │2款、第3条(第3表)本庁舎立体駐車 │ │      │場設計施工委託料、市民活動応援事│ │      │業、東京2020オリンピック

佐賀市議会 2019-12-12 令和 元年11月定例会-12月12日-08号

◆堤正之 議員   この2年余り、不調・不落が急増しているわけですが、実はもう三、四年前ぐらいから例のオリンピックのことやら、それから、いろんな他都市での災害等の材料が不足するとか、高騰するとか、職人が全部東京に行ってしまっているとか、いろんな現象がこの数年、もう見えていると思うんです。そこにまた平成30年と平成31年の大きな佐賀県内の災害でございますから、本当に対応は大変だと思います。

佐賀市議会 2019-12-04 令和 元年11月定例会−12月04日-02号

佐賀県が今開発を行っているSAGAサンライズパーク、このアリーナの建築工事は人件費や資材費の高騰で新築工事の入札が不落となって、今開会されている11月定例会にアリーナ本体で60億円の増額、アリーナの建設工事が当初197億円が257億円に膨らむと、議会としてもこの額はどうなのかということできょうの新聞に載っていたんですけれども、やはり来年のオリンピックに向けて人件費、さらには資材費が高騰する、これはますます

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

また、来年は東京オリンピックパラリンピック日本国中が盛り上がると思いますし、2023年には佐賀県国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会が開催され、SAGAサンライズパークの整備も進んでいきます。これから数年にわたり、佐賀市スポーツにかかわる事業が増大し、それにあわせて施設や町並みの整備も進み、スポーツに対する市民意識が高まると思いますし、高まってほしいところであります。  

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

東山田地区の場合は事業計画を決定したのが平成30年度であり、令和2年度、西暦でいいますと、2020年度、ちょうど東京オリンピックの年度には分譲を開始したいと答弁いただいたと思っております。  事業着手から2年が経過したと思いますが、スケジュールどおりに進んでいるのか、現在の進捗状況についてお聞かせいただきたい。  

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

また、合宿時のサポート体制を評価していただきまして、実業団ボート部の合宿が定着したこと、それから、県と市の連携が実を結びまして、2020年の東京オリンピックニュージーランド陸上代表の事前合宿の誘致が実現したことも成果の一つであるというふうに考えております。 ◆山下伸二 議員   特に評価できる点として2点お示しいただきました。

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

その合板を活用して、東京オリンピックパラリンピック競技大会における臨時施設用の家具や内装材を開発すること。合板を生産するためのパイロットプラント──いわゆる試験的な生産設備でございますが、これを設立すること。これらのことを共通ビジョンとして、その目標に向けてお互い連携、努力していく内容となっているところでございます。  

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

ですから、今後は沿線自治体がJRとかと話し合いをする場合は、九州運輸局も一緒に入って協議しますよというようなことですので、私はやはりある面では、来年、東京オリンピックもありますし、オリンピックの場合は、岡企画調整課長が言われたように、乗降客数が3,000人以上の駅はバリアフリー化にしますと。

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

トップアスリートを支援する国立スポーツ科学センターのリハビリテーション室や、2016年のリオオリンピックパラリンピック日本代表選手の現地サポート施設にも人工炭酸泉が導入されるなど、スポーツ選手の疲労回復の促進やコンディション調整にも活用されているとお伺いしているところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

近年では、スケートボードやBMXは正式なオリンピック種目となり、我が国でも非常に人気が高まってきている分野であります。また、オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで2大会連続銀メダリストの平野歩夢選手のスケートボードへの参入と、先月の日本選手権での初優勝という、非常にホットな話題となっております。  

佐賀市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-07号

ただ、オリンピック等々の関係から競技力向上という点で、やっぱりこれまで学校教育の一環として行われた部活動が果たしてきた役割というのはかなり大きいものがあったんじゃないかと思うんですね。これは何も中学校だけじゃなくて高等学校を含めてそうだろうと思うんです。やっぱりそのことが再度また蒸し返されてくる危険性はなきにしもあらずと思うんですね。

佐賀市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-05号

2020年の東京オリンピックまで1年半を切りました。オリンピックでの陸上競技最大の注目種目は、マラソンレースであります。1964年、昭和39年に前回の東京オリンピックが開催されています。当時、私、中学3年生で、聖火ランナーの伴走をさせていただき、10月10日、秋晴れの中、93カ国・地域の方々の参加の中、開会式が行われたのを鮮明に覚えております。

みやき町議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

2月2日には、バルセロナオリンピック柔道金メダリストで、みやき町出身の古賀稔彦氏をお招きして、みやき町ふるさと大使委嘱式及び記念講演会を開催しました。古賀氏から金メダルをお借りして、金メダリストコーナーを設置しました。記念講演でもスポーツ選手としてだけではなく、人間形成という部分で何が重要かという趣旨の講演をしていただき、当日は約500名の参加がありました。

佐賀市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会−09月25日-08号

去年はたしか台風の影響でミストシャワーを設置できなかったんじゃないかなと思うんですが、ことしは設置されていて、2020年の東京オリンピックでは、各公共交通機関の駅から競技会場を結ぶ歩道とか滞留が予想されるセキュリティゲート付近に、やっぱりこのミストシャワーを置くようなことをするそうです。