912件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2019-03-01 平成31年 3月 定例会-03月01日−01号

医療費全体の16.2%を占める「がん」につきましても、早世死亡予防のため、がん検診実施体制を整備し、集団・個別検診による受診機会を拡大し、受診率向上に努めます。平成30年度の2月現在のがん検診率を見ますと23.7%で、改善が必要です。ぜひ市民の皆さんもがん検診を受けていただきたいと思っています。  

唐津市議会 2018-12-17 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号

みんなでどがんかしようじゃないかという盛り上がりをしていかにゃいかん。その手助けを行政も、私はしていただきたいな。椅子には制約があって椅子はおけませんもんねで終わっては、優しいまちづくりは私はできないと思うわけです。  そういうことで、地域の皆さんの受け皿を受けて盛り上がりが必要、そしてこれを支援する行政の力というのも欲しいと思うわけです。

多久市議会 2018-12-14 平成30年12月 定例会-12月14日−03号

我が国において、がんは昭和56年より死因の第1位であり、平成27年には年間約37万人が亡くなり、生涯のうち約2人に1人が罹患すると推計されています。こうしたことから、依然としてがんは国民の生命と健康にとって重大な問題であります。  2018年3月、がん対策推進基本計画の変更がありました。

唐津市議会 2018-12-12 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号

皆さんもご存じだとは思いますが、本庶教授はがん免疫療法の発展に貢献されたということです。免疫の司令塔である細胞表面に分子を発見、この研究をもとにつくられたがん治療薬オプジーボは、異物を攻撃する免疫の仕組みを利用し、免疫ががん細胞を攻撃し続けられるように開発されたということです。  本庶教授は、この治療法が広がり、地球上の全ての人が恩恵を受けられることを願っているとスピーチをされました。

みやき町議会 2018-12-11 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文

2つ目といたしましては、がん検診の現状、そして3つ目といたしまして、それぞれの受診率の向上と二次検診の完全実施の取り組みについて伺うものであります。  それと3つ目といたしましては、この国保税の滞納と資格証明書の発行、これは30年4月1日以降のことで結構でございますので、お知らせいただきたいと思います。  収納率、滞納世帯の現状の推移、それと資格証明書、短期保険証発行の件数とその推移と現状。  

みやき町議会 2018-12-10 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文

このバリウムによるエックス線検査は厚生労働省のがん検診のあり方検討会で、まず、検査が安全であること、それから、死亡に至る可能性が高いがんをできるだけ早期に見つけることができる検査であること、周囲の疾患を確実に発見できる可能性が高いなどの条件から、国が科学的根拠に基づき効果がある検診として推奨しているものです。  

唐津市議会 2018-12-10 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号

そして、健診会場も2カ所しかなく健診車も最大3台までしか配置できないため、同時に複数の事業を実施することに限りがありまして、年間を通じて実施する特定健診、各種がん検診、乳幼児健診、運動教室等の各事業の年間スケジュール調整に非常に苦労し、健診にご協力いただいている医師の皆様にもご迷惑をかけているところでございます。  

みやき町議会 2018-12-06 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文

特定健診・がん検診は、未受診の方を対象に北茂安保健センターで9月9日から14日までの6日間、集団健診を実施しました。  また、その健診結果についての説明会を10月16日から22日までの6日間行いました。集団健診を受診されていない方へは、実施医療機関で行う個別健診を実施しておりますので、未受診者の都合に応じた受診勧奨を行っています。  

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

ただし、あのころとはちょっとやっぱり今様相も違いますし、その一部を持っていたからといって、その次につながるかというと、その8名の地権者が全くばらばらじゃなくて、例えば、顔見知りの人で、自分は売ったからあんたもどがんねとかというような話がつながっていって、相続とかというだけじゃなくて、気分によってですけど、生前贈与でも受け取ってその分を市のほうに売ってもいいよというようなこともひょっとしたらあるかもしれませんけれども

唐津市議会 2018-10-05 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号

健康マイレージ事業につきましては、市民の健康づくりへの動機づけを促進する環境整備を行い、健康に配慮した生活習慣を身につけるきっかけをつくることで健康づくりへの無関心層を掘り起こし、各種健康診断、がん検診等の受診率向上や肥満者の減少、運動習慣者の増加などにつなげ、健康寿命の延伸並びに医療費の削減につなげることを目的として実施するものでございます。  

佐賀市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会−09月26日-09号

◎池田一善 総務部長   平成30年7月豪雨の際に市が発令しました避難に関する情報につきましては、テレビ、ラジオを初め、さがんメール、防災行政無線、緊急速報メール、ホームページなどを通じて市民にアナウンスいたしました。  このうちホームページでは、先ほど申し上げたように、8カ国語で翻訳することができます。

佐賀市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会−09月25日-08号

6月に行われた衆議院厚生労働委員会や外国人労働者等特別委員会では、国民健康保険の疑惑問題が取り上げられ、取り上げた委員は、がんが発覚した外国人が国民健康保険を取得すれば、がん治療薬オプジーボの投与といった1,000万円を超える高額治療を少額負担で受けて、そして、本国に帰国するという抜け穴をすり抜ける不正が疑われる事例があるとして、対策を訴えておりました。  

佐賀市議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-07号

地震発生直後、数分後から佐賀市のさがんメール情報も含めて、いろんな情報を流している。確かにちょっと粗削りだったかもしれません、見ていたら、新聞社の情報を入れたりとかね。それがガイドライン上問題があったんじゃないかと思うけど、そのときに地震に対して何か情報を流そうという姿勢はやっぱりこのときには感じられます、この2日間に関してね。

唐津市議会 2018-09-18 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号

オストメイトというのに関して説明なんですけども、がんや事故などによりまして消化管や尿管が損なわれたことで、腹部などに排せつのための開口部を造設された方のことですが、排せつについては体に装着をされたストーマ装具を利用されます。パウチを複数装着しますとトレイに行かずに過ごせる時間をふやせるということですが、パウチが1つですとおおよそ3時間ぐらいでトイレを利用されるということも聞いております。  

佐賀市議会 2018-09-14 平成30年 9月定例会−09月14日-03号

御紹介しますと、避難勧告による避難所設置の連絡が、受け入れを行う公民館より先に防災メール──これはさがんメールですけれども、さがんメールにより市民へ伝えられた。それから、避難場所が公民館ではない地域であっても住民から避難場所についての問い合わせが公民館に相次いだけれども、公民館への情報提供が不十分だったために対応に苦慮した。  

みやき町議会 2018-09-13 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第3日) 本文

そのときに、やっぱり義務教育がある15の春につまずいたら一生来るかなという思いが強くありますので、まずは15の春に高校に、どこでもいい、専門学校でもいい、どこでもいいからみんな行こうねという形でよくお話をしていると、学校にはほとんど行っていないけど、高校どがんすっと、みんな行きたかと言いますね。そういう思いを子供たちはみんな持っています。  

佐賀市議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会−09月13日-02号

◎池田一善 総務部長   避難情報につきましては、防災行政無線、それから、防災ラジオ、さがんメール、防災ウエブ、緊急速報メール、Lアラートによるテレビの文字情報などにより周知を行いました。  市民への情報伝達手段として避難情報発信の多様化を図っておりまして、おおむね市民への避難情報周知はできたものというふうに認識しております。

唐津市議会 2018-09-12 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−04号

先日、公明党の秋野議員とともに九州国際重粒子線がんセンター、サガハイマットを視察しました。その中で、例えば中川原理事長、そしてまた塩山センター長より、さまざまな状況の説明がございました。そしてまた、2016年から、ある保険適用、そしてまた、2018年から前立腺のがん、こういった治療が保険適用になったと、こういうふうなこともあります。  

唐津市議会 2018-09-11 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月11日−03号

新聞報道によりますと、佐賀県内では、九州国際重粒子線がん治療センター(通称サガハイマット)、早稲田佐賀学園に寄附の再開を予定してあります。それぞれの寄附の総額は、サガハイマットに39億7,000万円、早稲田佐賀学園に20億円となっていると伺っております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 白水議員。