71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥栖市議会 2023-06-17 06月17日-02号

これから人工知能の進歩が、想像、もう本当できますけれども、想定する必要があると思います。 市役所の機能は、今までどおりでなくなる可能性も秘めているのではないでしょうか。 住民票戸籍謄本などを発行するような業務は、コンビニなどでも行える仕組みも鳥栖では持っていますし、AIに取ってかわられることもたくさん出てくるのではないかと思います。 ですが、できないこともたくさんあります。 

唐津市議会 2023-06-12 06月12日-04号

例えば、RPA、5Gは、こういったものがどんどん入ってきております。要は、仕事のやり方そのものが変わるということを意識する必要があるだろうと思っております。そういった意味では、もう私自身の考え方も若い人にとっては古臭くなっている、そういった可能性もあるわけですので、時代変化をしっかり意識してほしいということをお伝えしました。 3番目が、もういわゆる基本です。

多久市議会 2020-12-13 12月13日-03号

国はなどの技術革新が進むSociety5.0という新たな時代に対応するためには、不断の取り組みとして、学校教育変化していかなければならない。そのためには、ICTを基盤とした先端技術やそこから得られる教育ビッグデータを効果的に活用することで、子どもの力を最大限引き出し、公正に個別最適化された学びを実現させていくことが求められると報告しています。 そこで、最後にお聞きします。 

佐賀市議会 2020-06-29 令和 2年 6月定例会−06月29日-付録

について                 │ │    │   │       │ (1) 現状と進捗状況について                 │ │    │   │       │ (2) 気候非常事態宣言について                │ │    │   │       │2.おおたサイエンススクールについて              │ │    │   │       │3.

鳥栖市議会 2020-06-25 06月27日-07号

審査の過程において各委員から、財政調整基金に関し、取り崩し額が多い理由について、処理場敷地土壌調査が及ぼす影響について、市勢要覧作成考え方について、中学校電子黒板専用パソコンに関し、中学校における導入考え方について、小学校への導入見通しについて、等調査研究事業取り組みの進め方について、鳥栖人口ビジョン及び"鳥栖発"創生総合戦略改訂における考え方について、お試し移住事業に関し、目的、成果及

佐賀市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会−06月15日-05号

活用した水道管劣化診断につきましては、データを基に今後の更新時期を予測する予知保全の考えに沿ったもので、管路劣化状況の予測や可視化により、管路更新効率化と事故の抑制が期待できるというものでございます。  そこで、川崎市上下水道局、神戸市水道局、大阪市水道局において実証実験が行われていますので、聞き取り調査を行っております。  

佐賀市議会 2020-03-24 令和 2年 2月定例会−03月24日-04号

     │第2条(第2表)、第3条(第│     │ │     │3表)財務会計システム運│     │ │     │用事業番号制度応統│     │ │     │合宛名システム運用事 │     │ │     │業文書管理システム運│     │ │     │用事業議事録作成サー│     │ │     │ビス運用事業RPA活│     │ │     │用支援業務委託料

佐賀市議会 2020-03-13 令和 2年 2月定例会−03月13日-03号

     │10款5項2目、5目、6目、11目、12 │ │     │目、13目、6項1目、2目、12款、13 │ │     │款、第2条(第2表)、第3条(第3表)財│ │     │務会計システム運用事業番号制度│ │     │対応統合宛名システム運用事業文│ │     │書管理システム運用事業議事録作│ │     │成サービス運用事業RPA活用支│ │     │援業務委託料

佐賀市議会 2020-02-27 令和 2年 2月定例会−02月27日-01号

そこで、「マイクロソフト&イノベーションセンター佐賀」との連携を図り、IT系企業誘致、創業の支援テレワーク推進などに取り組んでまいります。  さらに、AIを含む最先端の技術とその利活用につきまして、情報収集を行い、今後の実用化可能性を探ってまいります。  また、大和町東山田地区工業団地につきまして、造成を進め、企業誘致を本格化し、引き続き、雇用の場の創出に取り組んでまいります。  

伊万里市議会 2019-12-12 12月12日-06号

C、ですから、コンピューター・アシステッド・インストラクション、教育をコンピューターによって支援していくんだというのが一番最初の始まりなんです。CAIというのが伊万里市では山代中学校に30年前、平成元年に入っているんです。そのとき私は、当時、原口校長先生がいらっしゃったんですけれども、この機器選定にかかわってくれないかというふうなことがありまして、最初機器選定をやりました。

みやき町議会 2019-12-10 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第1日) 本文

行政視察研修関係では、10月10日に京都府木津川市議会より議員4名が「、IoT活用したスマート農業について」、10月15日に佐賀吉野ヶ里町議会より議員12名が「議会放映について」、10月21日に佐賀基山町議会より議員13名が「タブレット導入について」、11月13日に埼玉県所沢市議会より議員8名が「学校給食無償化について」、11月20日に大分県竹田市議会より議員6名が「ICT活用した議会運営

佐賀市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会−12月05日-03号

本市における第2期の策定に向けての視点といたしましては、今、議員御案内いただきました野村総合研究所成長可能性都市ランキング調査分析に加え、第1期総合戦略効果検証、SDGs、、IoTを初めとした情報技術革新などの社会潮流変化、それと、毎年実施しております市民意向調査の結果などを踏まえて、総合戦略基本方針を検討しているところでございます。  

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

また、委員より、自治体における活用に関して調査研究事業を実施し、調査研究報告をまとめたとのことだが、シティプロモーションに関してどのような調査報告がなされたのかとの質問があり、執行部より、平成29年度にこの共同研究事業の実施を検討した際、プロモーション上での活用を考えていたことから、秘書課で予算を計上し、調査研究を行った。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

その取り組みは2つありますが、1つ目は、ドローン撮影画像解析による生育診断実証実験でございます。これは水稲の育成調査とドローンの近赤外線カメラによる画像解析をもとに相関関係を分析し、追肥や防除等適期判断を行うための実証実験でございます。現在、生育測定撮影画像解析データの集積を行っているところでございます。  2つ目は、水管理システム実証実験でございます。

鳥栖市議会 2019-08-27 09月10日-03号

議員久保山博幸)  これからAIがさらに進化していけば、それらのリアルタイムで、地域ごとの細やかな情報対策本部に届けることができれば、いずれは等によって、対応手段等も下される時代が来るのではないかと思っております。 ライオンが逃げ出したというガセネタは、こういうのはいけませんが、信頼性のある情報収集はこれからさらに求められると思います。