運営者 Bitlet 姉妹サービス
53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 ただ、政府が想定しているのは、この養殖については、マグロ等の魚類ということで私も聞いておりますけれども、実際にどうなのか、ちょっとわかりません。  この法改正が、佐賀市のノリ養殖に与える影響がどうなるのか、お示しください。 もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 ◎川副浩顯 農林水産部長   生き物を育む環境づくりについてでございますが、クリークと田んぼをつなぐ水田魚道を昨年度から実験圃場に設置しまして、実際に魚類が行き来していることを確認しております。水田魚道は、田んぼを魚類等の産卵場所や稚魚の餌場とする狙いがございます。  次に、冬場に麦などの作物をつくらず水を張る冬水田んぼですが、ことし1月にはシギなどの野鳥の飛来が確認できております。 もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 最後に、次世代型バイオ水産技術開発プロジェクトでございますが、思いどおりに標的遺伝子を改変する技術であるゲノム編集という技術を使い、高成長、高肉質の魚類を開発する研究を、カタクチイワシをモデルとして行っており、現在も研究を継続している状況でございます。  今後は、マサバの共食いを抑えるため、ゲノム編集技術におきまして攻撃性が低下するマサバの研究を行っていく予定でございます。  以上でございます。 もっと読む
2017-10-02 唐津市議会 平成 29年 9月 定例会(第5回)-10月02日−09号 最後に5番目でございますが、「次世代バイオ水産技術開発プロジェクト」、これは近年開発をされましたゲノム編集という遺伝子関連の技術でございまして、高成長・高肉質の魚類を開発・研究を行っております。現在はマサバでの研究を開始したところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 吉村慎一郎議員。 もっと読む
2017-09-13 佐賀市議会 平成29年 8月定例会−09月13日-06号 ◎喜多浩人 環境部長   まず、自然環境懇話会の中での議論が生かされるかというところかと思いますけれども、御意見いただきまして、今年度、植物、魚類、昆虫類、鳥類、哺乳類、植物に分けて詳細な調査を行っております。 もっと読む
2017-03-10 佐賀市議会 平成29年 2月定例会−03月10日-07号 最後に、滋賀県の魚のゆりかご水田米、これは排水路から魚が田んぼに上って産卵、繁殖ができる環境を保つため、堰上げ式の魚道を設置したり、魚類に影響を及ぼす除草剤を使用しないなど、魚や琵琶湖にも優しい農業に取り組まれております。   もっと読む
2016-10-04 唐津市議会 平成 28年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号 次に、次世代型バイオ水産技術開発プロジェクトでは、平成24年度より、カタクチイワシを使ったゲノム編集、すなわち遺伝子研究によります次世代型の魚類育種法の開発に取り組んでいるところでございます。今後、論文等をまとめていただきまして、最先端の学術情報をこの唐津から世界に向けて発信をいたしていくというふうな予定でございます。   もっと読む
2015-12-11 唐津市議会 平成 27年12月 定例会(第7回)-12月11日−05号 こうしたことから、佐賀県では、平成14年に佐賀県環境保全と創造に関する条例が施行されておりまして、オオキンケイギクなど植物で18種類、通称ブラックバスと呼ばれるオオクチバスなど魚類で7種類、カミツキガメなど爬虫類で3種類、アライグマなど哺乳類で4種類、計32種類の動植物を移入指定種として指定しておりまして、これらにつきましては、まず1つ、移入指定種を野外に放つことや、種まき、栽培することの禁止、2つ もっと読む
2015-06-25 佐賀市議会 平成27年 6月定例会−06月25日-06号 ◎田中泰治 環境部長   生態系調査につきましては、佐賀市内における動植物や魚類、昆虫類などの生息状況について定点観測を行うものでございます。そこで、前回調査の平成18年から約10年が経過をしようとしておりますので、実施について検討をしていきたいと考えております。 ◆宮崎健 議員   ぜひ生態系調査を行って現状の把握をお願いしたいと思います。   もっと読む
2014-12-12 みやき町議会 2014-12-12 平成26年第4回定例会(第3日) 本文 あと、中原の校区の部分につきましては、地元の業者、あるいは町内の業者のほうから調達をしておりますが、地元産や県外、県産品を含む野菜、肉、魚類については、納入業者と契約の折にサンプルで食品検査報告書を提出させていただいておりまして、それにより確認をいたしております。   もっと読む
2014-03-17 唐津市議会 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月17日−07号 1つ目の、植食動物でございますけれども、海藻を食べるウニ類、サザエ類などの貝類や、アイゴ、通称バリでございますが、ブダイなどの魚類でございまして、松島におきましては、貝類はもとよりこのアイゴの被害が増大していると伺っております。  また、2つ目の海藻が枯れる、3つ目の海藻が生えなくなる、この原因につきましては、高水温や光不足などの自然環境の変化により、発生することが多いということでございます。   もっと読む
2014-03-11 唐津市議会 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月11日−03号 また、食材の種類によって搬入口を別にすること、下処理室は肉魚類と野菜類を別にすることなども行います。  さらに、調理においても献立を二献立に分けることにより、食中毒の大量発生のリスク軽減を図るように計画しているところでございます。   もっと読む
2014-03-05 佐賀市議会 平成26年 2月定例会−03月05日-03号 また、外来種について申し上げますと、第3回目の調査ではありますけれども、オオキンケイギクやボタンウキクサなどの植物を14種、爬虫類ではミシシッピアカミミガメの1種、魚類ではオオクチバス、ブルーギルなど4種を確認しております。   もっと読む
2012-12-06 佐賀市議会 平成24年12月定例会-12月06日-02号 この潮受け堤防という怪物は、タイラギ、アゲマキ、メカジャ、カキなどの貝類、ワタリガニなどの甲殻類、ムツゴロウ、ワラスボなどの魚類など、豊穣の海、宝の海と呼ばれた有明海の全水産資源に壊滅的な被害を与えるものでありました。その悪い影響が劇的にあらわれたのは、平成11年から12年にかけてのノリの大規模色落ちでありました。 もっと読む
2012-09-13 伊万里市議会 平成24年 9月 定例会(第3回)-09月13日−06号 一般的には、アライグマ、ブラックバスと呼ばれるコクチバス、オオクチバス、カミツキガメなどが知られておりますけれども、哺乳類21種類、爬虫類16種類、魚類13種類など、10分類で105種類の動植物が環境省で特定外来生物として指定されております。  伊万里市内では、現在確認されている特定外来生物は、哺乳類ではアライグマ、両生類ではウシガエル、いわゆる食用ガエルです。 もっと読む
2012-09-10 佐賀市議会 平成24年 9月定例会−09月10日-03号 その際に魚類の種類についても調査をいたしております。 ◆山下伸二議員   4回の調査を行われたということですけども、その4回の調査の中身は、具体的に今お示しはできますでしょうか。 もっと読む
2012-03-13 唐津市議会 平成24年  3月 定例会(第2回)-03月13日−05号 魚類の神経抜きなど実技研修によって取得可能な技術につきましては、現在この技術に詳しい方、先ほど申されました水産庁、この本庁の技術指導課情報技術企画官上田勝彦さんのことだろうと思います。この方は、もともと漁業あるいは漁業の仕事をされていまして、そしてその技術を認められ本庁の課長職になられたというふうに伺っております。 もっと読む
2012-03-09 唐津市議会 平成24年  3月 定例会(第2回)-03月09日−02号 さらには、そういう工夫を生かした加工品の開発、あるいは特色ある魚類の養殖の試験、そしてまた新たな収入を得るための新加工品の開発、こういったものを7島で取り組まれるようになっています。これは平成22年から平成26年の5年間で計画的に行うこととなっておりまして、これらの漁業生産性の向上が離島漁業の再生と、さらには離島の集落に新たな活力をもたらすものと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2011-12-06 佐賀市議会 平成23年11月定例会−12月06日-03号 ◆川副龍之介議員   漁協に関しては魚類関係についてされてあるということで、やはり佐賀市においてはノリが重点的ですので、ノリ自体が6次産業化に向けてできる方向性をぜひ見出していただきたいと思います。  また、林業についてはですね、先ほど言った森林・林業再生プランとあわせて、6次産業化の方向性が見つかれば、そういう方向にぜひ取り組みをしていただきたいと思います。   もっと読む
2011-03-18 みやき町議会 2011-03-18 平成23年第1回定例会(第6日) 本文 そして、これは通告外で、課長が知り得る程度で結構でございますけれども、去る3月2日に市原公民館の横の堀に、3月1日夕方から大量にコイ、フナ、魚類が死んだり、死のうとしておりましたのを近所の人が役場のほうにも通報され、保健所のほうにも通報され、そして現に見に来られまして、東部水道企業団からも来られましたし、保健所からも来られました。そして、課長も当然おられました。 もっと読む