608件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

認知症を抑制するためには、運動、食事、余暇活動、社会参加認知訓練、活発な精神活動などとされております。  市としましては、認知症の発症予防として運動、口腔に係る機能向上、栄養改善、社会交流、趣味活動など、日常生活における取り組みが認知機能低下の予防につながる可能性が高いことを踏まえ、住民主体の運営によるサロンや運動教室の開催などの取り組みを行っております。  

みやき町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5日) 本文

この無償化する中において、まず、今までは保育料と、そして、給食費というか、食事ですね、材料費なども一緒に徴収されていたわけですけど、今回からは子供たちの保育料というのは国が見ますよということで、これを別枠にして、ただし、食事だけはちゃんと払ってくださいねと、そういうのが給食の中に出てきていると思うんです。  

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

私、ずっとSDGsのバッジというのをつけているんですが、民間で取り組んでいらっしゃる企業のビジネスマンとか、昼に駅のほうに食事にとか行ったら、つけてある姿がちらほら映ります。市長、お持ちですか。  (発言する者あり)  そしたら、ここに新しいのがありますので、後でお持ちします。  このSDGsこそ、やっぱり官民一体となって取り組んでいくべき問題だというふうに思います。

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

Gigiが運営するスマートフォンアプリ「ごちめし」を活用し、高校生以下の町内の子どもたちに、特定の飲食店で食事を無料で提供するみやき町子ども食堂プロジェクトを進めてまいります。  また、9月3日には、町民の生きがいづくり・やりがいづくりによる「健幸長寿のまち」を推進するため、株式会社内職市場協定調印式を行いました。

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

これは要支援、要介護認定者を対象に生活援助を行うもので、食事の支度、掃除、日用品等の買い物の代行も行っております。このほか市の独自の取り組みとしまして、軽度生活援助がございます。軽度生活援助につきましては、要支援、要介護認定を受けていない方で身体的に日常生活に支障がある方が利用できるサービスで、買い物支援も行っております。  以上です。

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

子を持つ親としては、子どもに対し当たり前の食事を与え、当たり前の服装や生活をさせたいと思うのが普通であり、そのためにはどうしても働かなければならないのが実情でございます。  そんな中で頼るところ、放課後児童クラブもその一つではないでしょうか。賃金水準の低い佐賀県では共働きが一般的でございます。また、ひとり親家庭も増加していると聞き及んでおります。

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

それから、子どもの成長を手助けする食事を心がけるということで、大人の具体的な行動指針として掲げているところでございます。これは新たに追加いたしました。  また、いじめ問題につきましても、家庭学校が当然連携をしながら、それぞれ役割を持って、佐賀市「いじめ・いのちを考える日」についてどう取り組んでいくかを行動目標として掲げているところでございます。  

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

昨年3月、東京目黒区で、当時5歳の女の子が両親から十分な食事を与えられず死亡しました。  ことし1月には、千葉県野田市で小学4年生の女の子が虐待を受けて死亡し、両親が逮捕されるなど、児童虐待の痛ましく悲しい事件が相次いでいます。  児童虐待に対する相談対応件数は、2008年度から10年ほどで約13万件と3倍にふえています。  ちょっとしたことがきっかけで虐待は起こります。  

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

暴力ではなく、子供の養育放棄、ネグレクトが疑われる保護者もおられるようであり、着衣が乱れていたり食事が十分でなかったりすると学校に行きづらくなって不登校につながることもあるようでございます。そのような場合は、学校や子ども未来課、スクールソーシャルワーカーとも連携し、丁寧に対応していきたいと考えております。  

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

3010運動は、宴会の席で発生する食べ残しの削減を目的としたものであり、宴会の最初と終わりは席に着いて食事をしてもらうことを呼びかけるという取り組みでございますが、30分と10分というのはあくまで語呂合わせでございます。時間の配分については、宴席の実情に合わせて柔軟な対応を呼びかけております。  

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

食事の提供を行っているところとか、いろんな形があるかと思いますけれども、市内の子ども食堂の数自体はどのようになっているのか、お答えいただきたいと思います。 ◎藤田基明 子育て支援部長   市内の子ども食堂の数でございますが、子ども食堂を含め、食事の提供を行っている子どもの居場所の数を申し上げますと、現時点で9カ所把握しております。

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

まともに食事を摂取できず、あごも発達していない場合も多くあります。口の中まで関心がいかないんですね。健康や発育のチェックは虐待防止の鍵ですので、さらなる支援、そして、対策に力を入れていただきたいと思います。保健福祉部長、ありがとうございました。  引き続き子育て支援部長に御質問いたします。  目黒区事件では、ほかの虐待事件同様、幼い5歳の子どもの命を奪った親への非難が集中しました。

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

◎田中稔 保健福祉部長   新しく設立されようとしていますフードバンク団体についての後押しについてということでございますが、本来、市の福祉部門から食事を十分にとることができないなどの生活困窮世帯については、困窮の状態に応じた食事住宅など、生活保障や自立に向けた教育や就労の支援を含め、生活保護制度や生活困窮者自立支援法に基づく対策の中で行政として取り組みを進めてまいりました。  

佐賀市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会−03月01日-02号

まなざし宣言の1つ目である、まなざしデーにつきましては、毎週水曜日は定時退社に努め、家族と一緒に食事や団らんの時間をつくることを推進するものでございます。  市職員に対しましては、その周知、啓発を目的として、毎週火曜日に「あすはまなざしデーです」と題して全庁各課宛てにメールを送信しております。