254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2021-03-23 令和 3年 3月定例会−03月23日-付録

                      │ │    │   │       │  コロナ禍の課題をどう捉えるか               │ │    │   │       │2.理科教育について                      │ │    │   │       │  理科教育充実のための考え方を問う             │ │    │   │       │3.売茶翁顕彰

みやき町議会 2021-03-12 2021-03-12 令和3年第1回定例会(第4日) 本文

そのうち、統合医療を核にしたまちづくり推進に関する事業、こちらが残額で896,667千円、もう一つみやき町名誉町民であり、リコー三愛グループ創業者である市村清先生顕彰する事業、こちらが529,814千円、もう一つ、株式会社DHC社会医療法人天神会とのみやき健幸長寿まちづくり包括連携協定に関する事業、こちらが43,483千円、以上3つがその関連基金残高令和元年度末の分でございます。

みやき町議会 2021-03-04 2021-03-04 令和3年第1回定例会(第3日) 本文

なぜなら、一般財源を使わなくて、町民の多額の税金を使わなくて、ふるさと寄附金ということでメディカルコミュニティという項目に十数億円御寄附いただいたり、市村清記念事業という顕彰事業等もいただいています。イニシャルについては、それを充当して特例債を活用して、それから起債分についても寄附項目はずっと起こしていますから、それからイニシャル償還財源としたい。  

みやき町議会 2021-02-10 2021-02-10 令和3年第1回臨時会(第1日) 本文

(1)がみやき町名誉町民であり、リコー三愛グループ創業者である市村清先生顕彰する事業、(2)統合医療を核としたまちづくり推進に関する事業、(12)がみやき健幸長寿まちづくり包括連携協定に関する事業ということで、ここに丸をつける。そうすると、指定でこの事業に充てて使わないけないということになっていると思うんですよ。  

佐賀市議会 2020-11-27 令和 2年11月定例会−11月27日-01号

第116号議案佐野常民三重津海軍所跡歴史館条例」は、佐野常民の遺徳の顕彰及び体験学習を通した博愛精神の普及を図るとともに、明治日本産業革命遺産及び構成資産である史跡三重津海軍所跡の理解を増進するための拠点施設として、これまでの佐賀佐野常民記念館を廃止し、新たに佐野常民三重津海軍所跡歴史館を設置するものであります。  

多久市議会 2020-03-05 03月05日-02号

また、加盟自治体先人顕彰事業子ども嚶鳴フォーラム等子どもたち参加等も行っているところです。また、先人顕彰団体へそうした先進事例情報提供を行っているということもございます。 今回の嚶鳴フォーラムにつきましては、初めての多久開催であり、より多くの市民の方に還元できるよう、市民参加型の交流会講演会を予定しているところでございます。 以上です。 ○議長山本茂雄君)  総務課長

伊万里市議会 2019-12-19 12月19日-07号

文化顕彰し、この伊万里文化都市伊万里というものを目指すためには、そういった施設が私は大事かなと考えております。 それに、まだまだ市民の声が届いていないとも思っております。パブリックコメントのことも先ほど言われましたけれども、なかなか開けない状況もあったようです。そのパブリックコメントの中身に対しても、なかなか開けなかったというものも書いてあったのを知っております。

みやき町議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2日) 本文

リコースペースに本プロジェクトの趣旨に沿った新たなテナントの提案もあっておりますので、そこに一部提供して、あとは市村清氏という名誉町民顕彰するコーナーは設けます。しかし、リコーのPRをするとか、そういうのは縮小していきたいということで、今、最終的な調整を行っているところでございます。浄財を期待して、過度なリコーの本体のスペースを設けるということは、これはあり得ないと。

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

取り組みについて          │ │    │   │       │2.各種イベントへの協力と予算化について            │ │    │   │       │  夏休み家族ふれあい木工教室について            │ │    ├───┼───────┼───────────────────────────────┤ │    │ 12 │黒 田 利 人│1.島義勇公顕彰

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

今年の4月、北海道札幌市の島義勇公顕彰会の主催で行われました島義勇公顕彰の集いに参加してまいりました。北海道札幌市の人たちが神様のように崇拝されている姿を見るとき、感銘を受けたのであります。昨年、銅像が建立された際には、北海道の当時の高橋知事札幌市の秋元市長を初め、それぞれの議長や行政の方々顕彰会の方々が来佐されました。そして、盛大に除幕式が行われたのであります。

多久市議会 2019-06-24 06月24日-03号

3点目、志田林三郎博士顕彰会は、平成21年8月19日の設立総会以来、ロボットコンテスト志田林三郎博士についてのエッセイ募集、会員による書籍の出版、市内義務教育学校への顕彰碑建立など、理科が好きな子を育成することや郷土愛を育むことを目的とする事業を展開していただいています。 現在も継続していただいている事業といたしましては、多久市おもしろキッズサイエンス教室がございます。