運営者 Bitlet 姉妹サービス
2010件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-08 みやき町議会 2019-02-08 平成31年第1回臨時会(第1日) 本文 そして、町内の障害者の方を雇用して、今、通瀬橋のところでされている方々、この事業量というか、非常に仕事がふえて、そのスペースを拡大したいと。そしてまた、高齢者の方々も働ける時間に働けるような、そういうスペースもとりたいとか、いろいろたくさんございます。  現時点では、提案を求めて一つの提案に基づいて町の考え方を入れた中で、少し配置も変わっていますし、今後も変わってきます。 もっと読む
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月20日-09号 余剰金については、いたずらに出すのではなく、利用者の利便性の向上や障がい者の雇用確保に向けた福利厚生の充実、待遇の改善、軽微な補修だけでなく若干大きな施設整備の投資を行うことなどを提案しながら、適正な会計処理を行わせるのが市の務めであった。これだけ大きな余剰金が出ていたが、市のチェックも会計処理の指導も甘かった。 もっと読む
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月20日-付録 年度佐賀市一般会計補正予算(第7号)              │ │    │       │  歳出  7款 商工費                        │ │    │       │      1項 商工費                        │ │    │       │      2目 工業振興費                      │ │    │       │   雇用創出基盤整備事業 もっと読む
2018-12-17 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号 お尋ねの件につきましては、市内企業についてデータはございませんが、県において常用雇用者規模30人以上の民間事業所350事業所を対象に、平成29年度佐賀県労働条件等実態調査を実施されておりますので、その調査結果からお答えさせていただきます。  調査によりますと、子供が病気の際の看護休暇制度を就業規則等に規定している県内事業所の割合は約9割となっております。 もっと読む
2018-12-14 みやき町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 ですから、その中でも今回のこの事業というのは、非常に雇用、それから町の発展、いろいろなもので私は進めるべきだと考えていますけれども、やっぱりこの滞納があるというのはあってはならないこと。しかし、当該土地改良区においても、たびたび督促を出しながらしておりますけれども、なかなか払っていただけない。そういうのをね、ぴしっと片づけてからやっぱり農振除外というのは審議に入るべきだと私は考えます。   もっと読む
2018-12-13 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月13日-08号 次に、第109号議案 平成30年度佐賀市一般会計補正予算(第7号)、歳出7款商工費、1項商工費、2目工業振興費、21節、雇用創出基盤整備事業の実践型地域雇用創造事業運営資金貸付元金として200万円上がっておりますが、この実践型地域雇用創造事業の内容についてお示しください。  また、事業運営資金貸付元金となっておりますが、補助金でなく貸付金となった、その理由と使い道についてお示しください。   もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 各自治体にて、農業の担い手不足と障がい者雇用という福祉課題の双方の解決を図る農福連携の取り組みが広がりつつあります。  農林水産省、厚生労働省だけでなく、政府においても、日本最高戦略、日本一億総活躍プランを掲げ、農福連携が推進されています。 もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 業務の効率化というのが必要になるかと思いますけれども、それについても後でお聞きしますが、まず、雇用勤務体制の面で各課の忙しい時期に横断的に動いて対応する人がいるだとか、フレックスタイムの導入であるとか、そういう検討がなされていないのでしょうか。  私自身、非正規雇用、正規雇用働いていた時期ありましたけれども、人手が必要なところに柔軟に割り当てられることは割と日常的にありました。 もっと読む
2018-12-12 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 これは、議員から御紹介がございましたように、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟国193カ国が2030年を期限として、御紹介ありましたが、誰ひとり取り残すことのないということでございまして、例えば「貧困をなくそう」でございましたり、経済成長や雇用の確保を目指すものとして「働きがいも経済成長も」である標語であるとか、また、持続可能なまちづくりを目指すものとして「住み続けられるまちづくり もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 その相談の範囲は個人の消費生活に係るものとなっており、個人が事業主として契約したものや個人同士の金銭の貸し借り、インターネットオークションなどの契約、また、雇用契約や損害賠償などに関するものは相談業務の対象外となります。 もっと読む
2018-12-11 みやき町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 今後、それでは地方創生という名のもとに地方をどのようにつくっていくのかというのは非常に難しい問題があると思いますけれども、その中で特に県内の企業におきましては、やはり雇用という部分に人口減というのが非常に影響しているところでございます。  県内のある企業におきましては、5年前に就職希望という登録が1,500名ぐらいあったのが本年度は半分以下になったと。 もっと読む
2018-12-11 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月11日−03号 大きなものを申し上げますと、新設の運営が適切にされるかという項目を7項目設けまして最高点で45点、これが一番大きなところで、あとは地域交流、地域拠点、地元雇用、地元発注への配慮とか機器管理、情報管理、業務引き継ぎに当たっての円滑な対応などで100点満点構成をしているところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 浦田議員。 もっと読む
2018-12-11 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 奨励金の種類としましては、大きく立地促進奨励金と雇用奨励金の2つがございます。  立地促進奨励金については、さらに4つの種類に分かれており、1つ目が設備機器取得等補助で、これは県の補助金交付額を差し引いた投資額の2分の1を交付するものです。2つ目に立地奨励金としまして、投下固定資産に対し課税された3年間分の固定資産税相当額を交付するものです。 もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 まず、全国と佐賀の雇用情勢について御説明いたします。  ことし11月に内閣府が発表した月例経済報告によりますと、全国の経済状況は、雇用、所得環境の改善が続く中で、緩やかな回復が続くことが期待されております。 もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 隊員の雇用形態につきましては、市の嘱託職員として委嘱しており、森林整備課と三瀬支所に所属しております。  勤務日数、勤務時間につきましては、富士町の隊員は土日勤務なしの週休2日制で、三瀬村の隊員は直売所での勤務もあるため、土日勤務ありの週休2日制で、ともに週35時間の勤務となっております。  報酬につきましては、月額163,970円となっております。 もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 地方自治体の障害者雇用率の目標到達ということで、1)番目の障害者の雇用義務でございます。  障害者の雇用に関しましては、障害者の雇用の促進等に関する法律という名称でございます。そこの中で法第3条におきまして、基本理念といたしまして、「障害者である労働者は、経済社会を構成する労働者の一員として、職業生活においてその能力を発揮する機会を与えられるものとする。」 もっと読む
2018-12-10 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号 現在、職員といたしましては、館長以下5名を雇用されておりまして、社会保険、労災保険、雇用保険に加入されておられます。   もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 名簿 )2019年5月1日より新元号の準備       │       ┃ ┃  │古 賀   通│ 2)印刷物の対応                │       ┃ ┃  │       │ 3)条例等の対応                │       ┃ ┃  │       │ 4)その他想定できる困難なこと         │       ┃ ┃  │       │3.地方自治体の障がい者雇用もっと読む
2018-11-30 佐賀市議会 平成30年11月定例会−11月30日-01号 また、事業の効果についての説明では、藻類培養企業による現在までの投資額とそれに伴う本市への経済波及効果は、少なく見積もっても30億円であること、また、雇用者数は33名で、年間総額1億円以上の賃金の支払いが見込まれていること、そして、今後の植物工場進出などにより、事業全体では180名程度の雇用が見込まれることなどが報告されました。   もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 人権課題には、障がいのある人、インターネットによる人権侵害、高齢者、外国人、男女差別、LGBT、雇用のあり方、犯罪被害者や受刑者への差別、原爆被爆者や福島原発被災者への偏見など幅広いものがあり、市民意識調査でも、今後必要なこととしては、同和問題に限定せず、人権全般にわたっての意識を高めるという回答が66.4%に上っています。 もっと読む