216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

唐津市議会 2020-12-10 12月10日-05号

唐津市におきます特殊詐欺への被害防止に向けた現在の対応状況でございますが、行政放送による特殊詐欺事例紹介や市のホームページへの掲載市報への特集記事掲載をはじめ、事案が発生した場合には行政放送での緊急テロップでの案内、また、各市民センターにおいては防災無線での放送、それから緊急情報メール告知など、様々な媒体を活用して、特殊詐欺被害防止の啓発に努めているところでございます。 

みやき町議会 2020-12-10 2020-12-10 令和2年第4回定例会(第2日) 本文

総務省がその機能性とかを認めて、これが防災無線戸別受信機として交付税措置対象として本町の取組実証の評価をしてくれたんです。7割が交付税で来ますので、基本的には無償で貸与しないと交付税対象になりませんから、災害弱者と言われる方々に、また、防災無線が聞こえない方もいらっしゃいますので、そういう聴覚にちょっと不具合がある人たち戸別受信機としてそれをお貸ししていこうというのが300台です。

佐賀市議会 2020-12-04 令和 2年11月定例会−12月04日-04号

◎池田一善 総務部長   避難所開設情報につきましては、さがんメール、LINE、携帯電話へのエリアメール防災無線、テレビ字幕放送ハイブリッドラジオなどの伝達手段で発信しております。そのほか自治会長民生委員自主防災組織代表者には電話による自動音声通話による情報発信を行うなど、多様化を進めているところでございます。  

鳥栖市議会 2020-11-01 09月29日-08号

私も、昨年6月定例議会一般質問の際に、災害時の避難計画についてという項目の中で、平成30年度7月豪雨の災害を踏まえ、災害が起きたときの対応について、どのように考えているのかと質問したところ、梅雨の時期以降にはなるが、防災ラジオ整備した際は、携帯電話防災無線など、様々な媒体などと複合的に情報を取得していただき、早期の避難に結びつけていただきたいとの答弁を頂いており、その活用に大変注目していたところでございます

唐津市議会 2020-10-02 10月02日-10号

4つ目の福祉のまちづくり災害に強いまちづくりを目指した安心力では、人口減少対策としての婚活総合支援事業を開始し、障がい者の方の過ごしやすいまちづくりに向けた相談事業段差解消を図るための道路改良を行ったほか、防災情報伝達手段を多重化するため、防災無線システム整備、また老朽化した消防分署の改築を進めてまいりました。 

伊万里市議会 2020-09-15 09月15日-05号

4つ目で、私の家の近くもそうなんですけれども、防災無線のことでちょっと言いたいと思います。 防災無線の声が、この前の台風が来る前の天気のいい日だったんですけれども、避難情報がなかなか聞き取れないというか、残響があって聞き取れないところが私の近くでもありました。声がダブって、最初に言った言葉と次の言葉と重なったような感じで、聞きにくい場所があったのかなと思っております。

唐津市議会 2020-03-19 03月19日-08号

しかしながら、昨今の異常気象からは、市民を守るために迅速で確実に、災害情報伝達として、屋内に戸別防災無線受信機希望世帯全てに対応する予算が計上されたことは評価すべきものと考えます。 今回の予算の中で反対を表明するものとして、一般会計予算から原子力発電広報調査等交付金事業であります。原子力発電施設等周辺住民に対し、原子力発電に関する正しい知識の普及を目的に予算化されております。 

みやき町議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

水深、筑後川が大雨によって増水し堤防が決壊したらこうなりますよということで、0.5メートル、あるいは1メートル、3メートルということになっていますけど、このときに避難をするときに、町のほうからも防災無線いろんなので皆さんに町が言っていきます。しかし、なかなか聞こえづらい、これは皆さん御承知のとおりですね。そんな中で、さあ、行くぞと思ったときに、水がたくさんたまって行けない。

みやき町議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

高齢者の中には防災無線だけでは聞こえないという方もおられます。そこで、個別受信機が必要だと思われます。行政情報におきましても、町の広報紙だけだと月1回だけです。そういうものをサポートする意味で、今、モニターとして使っていただいているMAGOボタンを活用することによりまして、防災情報を迅速に、行政情報も同じく伝達できます。

唐津市議会 2019-12-11 12月11日-04号

これまで唐津市においては、防災無線整備してこられました。しかし、ここ数年の災害の中で防災無線が聴こえないという声があちこちからあったと思っております。そういった状況の中で、市としての対応としては、必要な方には戸別受信機対応していくことは総務部長から話を聞いておりますけれども、田舎の、特に山を背負った農村集落には1カ所の防災無線では対応できない状況のところがたくさんあります。