16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

唐津市議会 2020-12-11 12月11日-06号

PAZの全年齢人口4,043人に対しまして配布数2,066人、配布は51.1%でございます。このうち40歳未満人口で申し上げますと、1,284人に対しまして配布数584人、配布は45.5%でございます。 次に、UPZでございます。こちらもUPZ住民対象といたしまして、本年8月18日と8月23日に実施いたしました事前配布説明会終了時点実績をご説明いたします。

唐津市議会 2020-03-12 03月12日-05号

安定ヨウ素剤配布数及び配布についてでございますが、PAZEPZともに県との共催で実施しております事前配布説明会が終了いたしました令和元年12月1日時点での数値を述べさせていただきます。 まずは、玄海原子力発電所からおおむね5キロ圏内PAZについてでございますが、PAZの全住民は4,157人で、配布数は2,131人、配布は51.2%でございます。

唐津市議会 2019-12-16 12月16日-07号

原子力災害対策指針の改正によりまして、今後、調剤薬局での配布も可能となってまいりますので、まずはPAZ圏内配布向上に努めてまいりたいと考えているところでございます。 また、緊急配布につきましても、災害時にできるだけ混乱なく配布できるような体制づくりを整備する必要があると考えているところでございます。 

唐津市議会 2019-09-12 09月12日-05号

PAZ圏では、配布46%、602人と半数にも達していません。配布会場での配布準備等でも多くの職員関係者が必要となっています。以前、市民や職員負担の軽減のために、期間を定めて、医療機関で受診をして、そして、薬局ヨウ素剤を受け取るような仕組みをつくったらどうかというようなことも要請をしていましたけども、多くの職員関係者が必要なくなるし、私は配布も上昇するというふうに考えています。

唐津市議会 2017-03-16 03月16日-08号

配布の状況でございますが、2月20日時点で、肥前地区対象者155人に対しまして受領者は146人で配布は94.2%、鎮西地区では対象者3,012人に対しまして受領者は1,437人で配布は47.7%、呼子地区におきましては対象者1,192人に対しまして受領者は574人で配布は48.2%となっており、3地区合計配布対象者4,359人に対して2,157人に配布配布は49.5%となっており、

唐津市議会 2016-06-13 06月13日-04号

このように、今年度におきまして新たな対応を行うことになりますので、今年度の新規の対象者や未交付者への配布向上につきまして、開催方法など配布向上に向けた方策について、今、議員さんからも郵送とか、そういったご提案もありましたけれども、そういったことも含めまして、佐賀県と十分検討を重ねてまいりたいというふうに考えております。 

唐津市議会 2015-10-05 10月05日-10号

ブックスタート事業での平成26年度の絵本配布でございますが、808冊を配布いたしまして、81%でございました。 赤ちゃんを対象にした、ぴよぴよおはなし会では、手遊びや歌を交えて絵本の楽しさを伝えております。 平成26年度に図書館が開催したお話会には、延べ313人の親子の参加がございました。何度も参加される親子や、お母さんたち情報交換の場にもなり、とても喜んでいただいております。 

佐賀市議会 2010-06-16 平成22年 6月定例会−06月16日-05号

中島敏道 保健福祉部長   平成14年度から17年度までの絵本配布時での実績といいますか、対象者数、それから配布冊数配布といいますか、そういったことについて御説明申し上げます。  まず実績ですが、平成14年から17年までの4年間配布をしております。平成14年度のまず対象者数でございますが、対象者数が1,688人でございまして、一方、配布した配布冊数でございますが、1,543冊でございます。

佐賀市議会 2005-03-11 平成17年 3月定例会−03月11日-06号

佐賀市内での防犯ブザー配布はどのようになっているか、お示しください。 ◎白木紀好 教育部長   児童への防犯ブザー配布は、主にPTAとか防犯協会の御協力により実施しておりまして、16年度当初に行いました調査ですと、市内の全小学校児童配布している防犯ブザーは 8,287個ということで、全児童の 86.27%に配布をいたしております。

佐賀市議会 2002-06-17 平成14年 6月定例会-06月17日-03号

しかし、今年度は60%程度の配布になっております。本来、教師は教科書をもとに教材研究に務めてこそ実践的指導力を発揮するものであると考えております。その際、教材研究を手助けするため教科用指導書があると考えてほしいと考えております。教材研究の手助けとなるため使用するものであり、これまで市で購入し、先生方へ貸与していたものでございます。  

  • 1