46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例会−03月11日-03号

白倉和子 議員   それぞれの施設管理者唐津市からの避難住民の受入れをすると理解をしていただいているものと思いますと言い切られましたが、ほとんど私は理解されていないし、御存じでもないと思います。  平成31年度の協議会周知が必要であろうとの見解が示されたものの、説明には至っていないというのが現状じゃないでしょうか。いかがですか。

唐津市議会 2020-12-11 12月11日-06号

しかし、いまだにふるさとに帰れない福島事故からの避難住民が約3万7,000人もいるという報道もされています。すぐそこに玄海原発が立地する我々唐津市民も、しっかりと考えなければならない現実だというふうに思います。 関西電力大飯原発4号機が、本年の11月3日に定期検査のために停止をしました。その結果、全国で玄海原発4号機のみの稼働となりました。それでも十分に電気は足りています。

多久市議会 2020-12-11 12月11日-03号

避難所開錠施設管理及び避難住民の自家用車の駐車場確保については多久市の役割となっております。避難所運営及び避難住民健康管理については、唐津市と多久市が共に役割を担うことになります。 費用負担についても、災害救助法原子力損害賠償法及び国の費用負担等によりまして、最終的に多久市の負担とならないことを原則としております。 ○議長山本茂雄君)  中島慶子君。

鳥栖市議会 2020-07-21 06月08日-02号

災害時の対応も多くの避難住民受け入れというふうに書いています。 勝ったほうのグループは、避難所のほうに何人収容できますかと。40人と答えになられました。 今回負けたほうは何人ですかと。200人とおっしゃいました。 40人って誰を入れる予定なんでしょうか。本当に住民の命を考えて、最優先で住民避難させようとしているのか。 

唐津市議会 2020-03-19 03月19日-08号

この目的要綱等から解釈すれば、福島第一原発事故前の原発安全神話が言われたときからの事業ではありますけれども、そうした安全面だけではなく、同時に福島第一原発事故、その教訓を生かしながら、この事業でも避難住民生活原発の大きなリスク講演避難者との意見交換などでも学ぶことができるというふうに考えます。そうした中で、原発に賛成でも反対であっても、原発に向き合う姿勢を考えるべきだと思います。 

唐津市議会 2020-03-12 03月12日-05号

しかしながら、避難開始からしばらくは、避難住民の送り出しとかに全力を挙げる必要がございますので、そういう状況になるというふうに認識をしておりますので、その間の運営につきましては、どうしても避難先自治体や県の協力をお願いしなければならないというふうに考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 浦田議員

唐津市議会 2020-03-11 03月11日-04号

議員提案周辺自治体との意見交換、また、避難住民との意見交換につきましては、調査事業に該当いたしまして、これは職員対象とすることにされております。したがいまして、この交付金事業対象にはなっていないところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 伊藤一之議員。 ◆8番(伊藤一之君) 調査事業職員対象で、これまでどおり意見交換等はできないということであります。

唐津市議会 2019-10-04 10月04日-11号

そして、周辺自治体との意見交換とか、避難住民との意見交換につきましては、調査事業のほうに該当するということで、これは職員を現在対象とされているということで、今はこの事業対象とはなっていないところでございます。現時点ではこの事業で行うことはできないということでございます。 ○議長田中秀和君) 福島議員。 ◆17番(福島尚美君) 現時点では、この事業では行うことができないということでした。

唐津市議会 2019-03-12 03月12日-04号

議員提案周辺自治体との意見交換避難住民との意見交換につきましては調査事業に該当いたしまして、これは職員対象とされております。こういった議会での声があるということは県のほうにもお伝えをしておりますけど、現在対象にはなっていないものでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 伊藤一之議員

鳥栖市議会 2018-12-03 12月10日-02号

今回の災害で、住民避難に関する課題といたしましては、市の避難情報発令において、気象情報の判断が難しかったものの、避難住民に関する情報を経ないままの避難勧告発令となり、住民避難に当たり十分な時間がとれなかったこと、周知が足らず居住する地区の避難所場所がわかりにくかったこと、市内全域避難勧告を出したものの、避難者の数が少なかったことなどがございました。 

唐津市議会 2018-03-26 03月26日-10号

そうした原発推進危険性避難住民の実態を知ることも、この事業目的原発周辺地域住民に及ぼす影響に関する調査等に合致しているというふうに思います。しかし、使えないということでございます。それではこの事業に賛同することはできません。 2点目は、議案第17号、唐津職員退職手当に関する条例等の一部を改正する条例制定についてでございます。 

唐津市議会 2018-03-12 03月12日-04号

何度も言っていますけど、この交付金要綱の文言をしっかり見てみますと、私がこれまで言ってきた原子力発電所施設とともに、唐津市と同じ状況に置かれている原子力発電所周辺自治体住民意見交換、そしてまた、福島第一原子力発電所事故から避難をしている避難住民との意見交換佐賀県内にも、近隣の福岡市とかにも多く避難者がいます。

唐津市議会 2017-03-10 03月10日-04号

そういう意味で言えば、今回の視察先選定方法でございますけれども、原子力発電施設とともに周辺自治体との意見交換避難住民との意見交換とか、そうした事故被害者講演なども設定できるのかお伺いをしたいというふうに思います。 ○議長田中秀和君) 寺田総務部長。          (総務部長 寺田長生君登壇) ◎総務部長寺田長生君) 再質疑にお答えいたします。 

唐津市議会 2016-03-10 03月10日-04号

◆7番(伊藤一之君) そうした調査については、市町の責任で行うというか、市町が行うんだということでありますけど、私はそうした制限の中で、この事業でいつも申し上げているんですけれども、福島第一原発から佐賀にも結構避難してきている人がいるんですけど、そういう避難住民の生の声やそして訴えを聞けるような研修会、そして視察先唐津と同じような環境にあるというか、自治体に行ってそうした意見交換を行うとか、そういう