56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

設置するポスター掲示場箇所数につきましては、投票ごと選挙名簿登録者数投票区の面積に応じ、5カ所から10カ所の間で設置数が決められており、選挙ごとに算定をいたしまして設置することになっております。  こうした規定に基づき、12月16日執行佐賀県知事選挙においては、市内44投票区に359カ所のポスター掲示場を設置しています。

佐賀市議会 2018-09-18 平成30年 9月定例会−09月18日-04号

中村純士 選挙管理委員会事務局長   現在、国においても投票率、また投票環境向上に向けた投票環境向上方策等に関する研究会平成26年度より開催され、その報告に従い、これまで共通投票所創設期日投票所投票時間の弾力化選挙名簿投票制度見直しなどについて公職選挙法改正が行われています。  今後も国で投票環境向上に向けた法改正が行われるというふうに考えます。

鳥栖市議会 2018-07-10 12月12日-04号

また、18歳になって、初めて鳥栖市の選挙名簿登録される際には、18歳の有権者に対して、選挙についての啓発小冊子を送らせていただいております。 18歳選挙権が施行され、鳥栖市においては、今まで、平成28年7月10日執行参議院議員通常選挙平成29年10月22日執行衆議院議員選挙平成29年11月19日執行市議会議員選挙と3回の選挙をとり行っております。 

佐賀市議会 2017-12-04 平成29年11月定例会−12月04日-03号

先日の千綿議員質問にもお答えいたしましたけれども、2つの選挙選挙名簿基準が異なることから、名簿照合をそれぞれする必要があったこと、それから、所有する期日投票システム受け付け用端末が不足すること、本庁については全ての日程で期日投票所を開設する必要があることから、予定をしていた1階の会議室ではスペース的に困難と判断いたしまして、4階の執務室に移動させてもらい会場を確保いたしました。  

佐賀市議会 2017-12-01 平成29年11月定例会−12月01日-02号

今回の選挙では、市長市議選衆院選選挙名簿が異なることから、2カ所の名簿照合と最大5つの投票ができるスペースを確保する必要があること。それから、所有する期日投票システム名簿照合用パソコンが手配できないこと。市長市議選で契約している人材派遣会社事務従事者の増員が困難であること。市長市議選投票日の10月15日に投票所となる支所が3カ所あること。

伊万里市議会 2016-06-21 06月21日-04号

選挙名簿登録制度には、登録及び抹消に係る要件がありまして、今回、18歳選挙権年齢引き下げや、登録要件見直しにより、さらに制度が複雑になっております。 しかし、公職選挙法規定に基づく当日投票期日投票及び不在者投票しか投票する方法はございません。遠方にお住まいになられますと、現実的には不在者投票制度による投票しかできないと考えているところでございます。 

みやき町議会 2016-03-10 2016-03-10 平成28年第1回定例会(第3日) 本文

目1.総務費県補助金286千円の増額ですけれども、選挙名簿システム改修費補助金については、18歳までの選挙権引き下げに伴う改修費補助金追加交付ということになっております。  目の2.民生費県補助金14,063千円の減額ですけれども、説明欄のとおり、実績見込みによる調整をお願いしております。  16ページをお願いいたします。  

みやき町議会 2015-12-17 2015-12-17 平成27年第4回定例会(第6日) 本文

目1.総務費県補助金458千円の増額ですが、来年6月から実施されます選挙権年齢18歳への引き下げに伴う選挙名簿システム改修費補助金となっております。  8ページをお願いいたします。  目の2.民生費県補助金2,650千円の増額です。節1.社会福祉費県補助金1,100千円ですが、トイレ洋式化11基分に伴うユニバーサルデザイン推進事業費補助金となっております。  

伊万里市議会 2015-12-15 12月15日-05号

これを受けて、伊万里市でも今議会の議案として選挙名簿システム等改修業務委託が計上をなされております。今は18歳から19歳に目が向いておりますが、自分としては、今後確実に有権者となってくる小学生並びに中学生も対象として、法改正に対応していかなければならないと強く思っております。そのためにも、地方自治議会に深く関心を持ってもらうためには子ども議会だと考えております。

みやき町議会 2015-12-08 2015-12-08 平成27年第4回定例会(第1日) 本文

新規事業といたしましては、総務費では、選挙名簿システム改修業務委託料4,540千円、衛生費では、健幸長寿まち推進看板制作委託料1,000千円、配水管布設整備費補助金6,000千円、商工費では、町内商工業者情報サイト管理委託料1,156千円、土木費では、配水管布設整備事業補助金1,883千円、消火栓工事費負担金6,300千円、教育費では、三根西小学校手すり等改修工事2,350千円、UD推進工事3,240

佐賀市議会 2015-12-03 平成27年11月定例会−12月03日-02号

また、今年度から、3月、6月、9月、12月の年4回行っている選挙名簿定時登録のときや選挙登録の際、新規登録された新成人に対して、佐賀市の選挙名簿登録されたことをお知らせするとともに、直近に予定される選挙のお知らせと投票棄権防止を呼びかけるダイレクトメールを送付する事業を新たに行っているところでございます。  以上でございます。

佐賀市議会 2015-06-23 平成27年 6月定例会−06月23日-04号

単純にその方々が選挙名簿にそのまま登載されると考えますと、合わせておよそ5,000人が有権者名簿登録されるというふうに考えております。  次に、主権者教育に関してでございますけれども、佐賀選挙管理委員会といたしましても、小・中学生に対しても早い段階からの主権者教育が重要であると認識しておるところでございます。  

多久市議会 2015-06-22 06月22日-03号

それと、現在、この選挙名簿システムでいけば、公職選挙法に沿った形で20歳以上になっていると思いますけど、プログラムを変えることが必要になるのか、その点含めてお聞きします。 ○議長山本茂雄君)  総務課長。 ◎総務課長荒瀬弘之君)  費用につきましては、名簿調製等ですね、入場券有権者がふえる分、若干の費用がふえるかと思いますけれども、選挙システムについては改正が必要です。

伊万里市議会 2015-06-19 06月19日-04号

選挙管理委員会事務局長木戸正弘)  不在者投票については、選挙名簿投票された方が名簿登録地内で行う不在者投票については先ほど説明をいたしましたが、期日投票に移行したところでございます。ですから、基本的には出張所での不在者投票はできません。 ○議長盛泰子)  中山議員。 ◆4番(中山光義)  わかりました。