758件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

唐津市議会 2020-10-05 10月05日-11号

また、次、最後項目ですが、同じく教育費近代図書館運営費についてお尋ねします。まず、近代図書館運営費の主な内容についてお尋ねします。 以上で1回目の質疑といたします。 ○議長田中秀和君) 草野財務部長。          (財務部長 草野 陽君登壇) ◎財務部長草野陽君) 中川議員のご質疑にお答えいたします。 

唐津市議会 2020-10-02 10月02日-10号

次に、近代図書館相知図書館購入冊数開架冊数に対する令和年度購入冊数の占める割合の実績についてのご質疑でございました。 令和年度実績といたしまして、近代図書館図書購入冊数は5,522冊、相知図書館購入冊数として799冊を購入しております。開架冊数といたしましては近代図書館が9万6,136冊、相知図書館が3万519冊を開架しております。

唐津市議会 2020-09-09 09月09日-03号

設置場所は、近代図書館の2階と4階に1台ずつ、計2台設置する予定にしております。費用は、設置費まで含め2台で213万4,000円を見込んでおります。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 北方未来創生部長。          (未来創生部長 北方初美登壇) ◎未来創生部長北方初美君) 原議員のご質疑にお答えします。 

唐津市議会 2020-03-24 03月24日-10号

検証された偉人の中でも、日本近代建築の父と称される辰野金吾先生は、没後100年とも相重なって、辰野先生が設計した現存する東京駅や大阪中央公会堂などもさまざまなイベント等でクローズアップされ、市民共有の財産である文化遺産を後世に適切に引き継いでいくことの重要性を考えさせられたところであります。そういうことから、文化財を適正に保存管理していくことについて質問をいたします。 

唐津市議会 2020-03-23 03月23日-09号

その後、提供になりまして58名、74名、これは受験者の数ですけれども、実際に入隊するかどうかというのは、近代図書館合同説明会があっていたのを見ていただくとわかるように、警察であったり、ほかのところと自衛隊とを同時に受験されるという方もいらっしゃると思いますので、それで第一志望がどちらだったかということでの入隊者数の変化もあるかとは思います。

唐津市議会 2020-03-10 03月10日-03号

また、公開につきましては、平成22年から寄贈された唐津焼の展示近代図書館で行っているほか、唐津歴史文化を知るために特に重要な資料につきましては、唐津城や古代の森会館などで展示をしております。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 中川議員。 ◆29番(中川幸次君) 以上で、私の議案質疑を終わります。 ○議長田中秀和君) 宮本悦子議員

唐津市議会 2020-03-09 03月09日-02号

最後に、教育費についてですが、近代図書館図書購入費相知図書館図書購入費は関連する項目なので、一括して質疑で伺います。 まずは、その積算根拠となる計画を立てると以前ありましたが、その計画を立てて目標値が定まったかについて、お伺いいたします。 以上で1回目の質疑を終わります。 ○議長田中秀和君) 脇山政策部長。          

佐賀市議会 2020-03-03 令和 2年 2月定例会−03月03日-02号

令和年度佐賀一般会│ 可 決 │ │     │補正予算(第7号)中、 │     │ │     │第1条(第1表)歳出6款、 │     │ │     │7款、11款1項、第3条(第│     │ │     │3表)6款、7款、11款1  │     │ │     │項、第4条(第4表)漁港施│     │ │     │設ストックマネジメント│     │ │     │事業農業近代化資金融

佐賀市議会 2020-02-27 令和 2年 2月定例会−02月27日-01号

─┐ │ 議案番号 │      件  名      │ ├─────┼────────────────┤ │第10号議案│令和年度佐賀一般会計補正予算│ │     │(第7号)中、第1条(第1表)歳出6款、│ │     │7款、11款1項、第3条(第3表)6款、7│ │     │款、11款1項、第4条(第4表)漁港施│     │設ストックマネジメント事業農業│ │     │近代化資金融資利子補給

唐津市議会 2019-12-11 12月11日-04号

また、今年度、先ほど議員がご紹介いただきましたとおり、唐津が誇る近代建築の父、辰野金吾の没後100年を記念する事業市主催で実施した際には著名な方を講師にお招きしたこともありまして、メディアにも多数取り上げていただき、その結果、集客のあり方を含めて新たな文化的・歴史的価値、そしてその魅力が生まれてきたと捉えているところでございます。 

佐賀市議会 2019-12-10 令和 元年11月定例会−12月10日-06号

さらに、12月1日からは幕末維新記念館で使われていた実際の映像で構成された映像が加わりまして、第10代佐賀藩主鍋島直正公が何を考え、どう動いたのか、また、佐賀日本近代化の先駆けになり得た理由、そして、語り合う七賢人を通して佐賀のわざ、人、志を伝えているものとなっております。  以上でございます。

唐津市議会 2019-12-09 12月09日-02号

2階部分は、現在、唐津が誇る日本近代建築の父、辰野金吾の偉業を中心紹介するスペースとして活用しているところでございますが、提案では辰野金吾資料展示物の調査を行い、収蔵管理定期公開などを行っていくため、まずは日本銀行本店本館貨幣博物館大阪中央公会堂京都文化博物館などとの交流促進を図って、収蔵物貸し出し等も手がけ、施設の誘客を試みる提案があっているところでございます。 

佐賀市議会 2019-12-06 令和 元年11月定例会−12月06日-04号

また、国のほうでは農地農業用施設を災害から守り、農業経営安定化近代化を図ることを目的として、国営事業県営事業が展開されております。国営では、既に完了している事業としましては、平成2年から平成22年にかけて佐賀中部地区国営総合農地防災事業が実施されております。この事業では、大井手幹線水路ほか7路線の用水施設の改修や城西排水機場ほか10カ所の排水施設が新設されております。

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

また、委員より、佐賀偉人佐野常民以外もいるため、七賢人の一部だけではなく、ほかの偉人にも脚光が当たるよう取り組むべきではないかとの質問があり、執行部より、記念館の中で全部を取り込むことは難しいが、2階の展示室の中に設ける佐賀藩近代化事業展示室での人物紹介や、3階に設けるライブラリーなどを活用し、佐野常民以外の偉人について紹介ができないか検討したいとの答弁がありました。