運営者 Bitlet 姉妹サービス
43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-13 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 海士町は2007年度の地域づくり総務大臣表彰を受賞した町で、当時の山内町長さんは、町は放っておくと企業倒産に相当する財政再建団体になるおそれが出てきたと。そこで、町長さんはみずから50%給料を減らしたいと申し出たら、課長たちも「町長だけじゃいかん、私たちも30%カットをします」と。 もっと読む
2014-06-19 伊万里市議会 平成26年 6月 定例会(第2回)-06月19日−04号 だから、大丈夫だとか、あるいは財政再建団体に陥る基準というのがありますよね。そこまでには至っていないから、もう少し手前だからまだ安心だよと言い切れないんじゃないかなと私は思います。   もっと読む
2013-03-14 唐津市議会 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月14日−06号 それでは、もう一つ、北海道の夕張市が財政再建団体となりましたが、旧唐津市も昭和30年代に財政再建団体になったと聞いております。現在の財政事情とは共通点があるのかなということもございますが、その点についてわかりやすくご説明ください。 ○議長(熊本大成君) 岡本財務部長。           (財務部長 岡本憲幸君登壇) ◎財務部長(岡本憲幸君) お答え申し上げます。   もっと読む
2013-03-11 多久市議会 平成25年 3月 定例会-03月11日−05号 本市の行財政運営につきましては、昭和29年の市制施行後、水害対策とか都市基盤整備等の事業があり、厳しい運営を迫られて、昭和31年から財政再建団体に指定されて、みずからが主体性を持った行政運営を抑制されていたという経緯があります。 もっと読む
2012-12-12 伊万里市議会 平成24年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 北海道夕張市は、平成18年に深刻な財政難になったことが明らかになって、平成19年3月6日に財政再建団体に指定をされております。夕張市は明治期から炭鉱のまちとして栄え、昭和35年には11万6,908人の人口を擁しておりまして、当時は石炭産業以外の産業は皆無であった都市であります。 もっと読む
2012-06-15 多久市議会 平成24年 6月 定例会-06月15日−02号 相まって、同時期に財政再建団体という経験も昭和30年代から40年代にかけて経験しています。 もっと読む
2012-03-16 唐津市議会 平成24年  3月 定例会(第2回)-03月16日−08号 今後におきましても、大きな財源を伴う事業等もあるわけですので、どこかの市のように財政再建団体にはならないでしょうけれども、しっかりそこら辺を踏まえた財政措置をお願いして、次の質問に移らせていただきます。   もっと読む
2012-03-15 伊万里市議会 平成24年 3月 定例会(第1回)-03月15日−06号 私はこの厳しい財政状況は、伊万里市の規模、伊万里市規模の全国の地方自治体はみんな同じで、伊万里市が夕張のような財政再建団体に陥ることはないというふうに考えています。ここで政策経営部長に、伊万里市がこの夕張のように財政再建団体に陥る可能性があるのかどうか、ちょっとお聞きしたいと思います。 ○議長(内山泰宏)  政策経営部長。 もっと読む
2011-06-17 多久市議会 平成23年 6月 定例会-06月17日−03号 これには経緯がございまして、かつて昭和31年に多久市は財政再建団体の指定を受けたことがございます。その際に、地方税法が定める標準税率であります100分の1.4を上回る100分の1.6と定め、再建に取り組んだわけであります。 もっと読む
2011-03-11 唐津市議会 平成23年  3月 定例会(第2回)-03月11日−05号 これで一時財政再建団体となる危険性もあったということで、今財政再建に取り組んでいるんですね。  その後を追っかけるように、唐津市も今この財政計画等を見てみますと合併特例債いっぱい使っているでしょう。こういうふうになりはしないかというその危惧もあるわけですよね。ですから、その箱物行政というのは、そのときつくるだけじゃない。その後の維持管理費が要るわけですよね。 もっと読む
2010-12-06 多久市議会 平成22年11月 定例会-12月06日−03号 多久市は昭和29年に合併後、昭和30年代初頭に財政再建団体になりました。 もっと読む
2010-03-25 みやき町議会 2010-03-25 平成22年第1回定例会(第6日) 本文 具体的には、減税や不況により税収が減少し、貯金に当たる基金は底を尽き、多額の借金を抱えておる状況にある一方で、行政施策のための支出はふえる傾向にあるわけで、この状態を放っておくと、どのような地方自治体であれ、いずれ財政再建団体に転落ということになるわけであります。   もっと読む
2009-10-01 多久市議会 平成21年 9月 定例会-10月01日−02号 私がこの4期にかける所信がというお話を差し上げたのは、実は多久市というのは財政再建団体に陥った期間、9年間という歴史があります。昭和31年から39年までということですので、しかし、その39年を越しても、実は多久というのは、炭鉱の閉山によります人口が急激に減っていった年がその後からずっと続くわけですよね。そういったことで、時代は変わっても、そう簡単に健全な団体になるとは思えないと思います。   もっと読む
2008-09-17 唐津市議会 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月17日−08号 この当時の唐津市がどうであったかというときを見たらですね、本議会で田中議員が、赤字再建団体になったところに職員を派遣をしてはどうかということでございましたけれども、昭和31年、もう既に僕は生まれておりますけれども、そのときも唐津市は既に財政再建団体というのを経験しておるわけですね。そのときは吉本副市長は職員で働いていらっしゃったんじゃないかなと思いますけれども、どうでしょうか。 もっと読む
2008-09-12 唐津市議会 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月12日−06号 今回は、庁舎建設問題の是非を議論する意思はありませんけれども、また市が再建団体に陥るということではありませんが、財政再建団体の厳しさを実感させるためにも、研修生として夕張市への職員の派遣を提言するものでありますが、どういうお考えかを伺いたく思います。 ○議長(熊本大成君) 世戸総務部長。           (総務部長 世戸政明君登壇) ◎総務部長(世戸政明君) お答えをいたします。  夕張です。 もっと読む
2008-06-18 佐賀市議会 平成20年 6月定例会−06月18日-08号 この目的は、これまでの財政再建団体制度と違い、いきなりレッドカード、つまり財政再建団体ですよということを突きつけるのではなく、新しく検査項目をふやし、イエローカードとレッドカードの2段階で、自治体の健康状態をチェックするものであります。住民や議会が監視しやすいようにし、早期に是正することで、破綻を防止することに重点が置かれた制度となっております。   もっと読む
2008-03-19 みやき町議会 2008-03-19 平成20年第1回定例会(第6日) 本文 合併後のみやき町のあるべき姿を十分な基幹審議を行い、検証を重ね合わせてあらゆる角度から検討してみたが、みやき町が早晩、財政再建団体に陥り、猶予のある時間ではないと判断され、その検証結果を広く町民、議会に十分な説明を行い、その要因について合併協議会おける審議が不十分ではなかったのか、短期間で分庁方式に至った結論には無理があったのではないかと推定されるとするならば、そのためにみやき町新庁建設計画の基本構想 もっと読む
2007-12-13 唐津市議会 平成19年 12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 また、国総務省は自治体財政健全化法に基づき、破綻状態の財政再生等黄色の信号を示す早期健全化の2段階で自治体財政をチェックする4指数の数値基準を決め、都道府県や市町村に通知し、4指数のうち1つで自治体の隠れ赤字が掌握できる連結実質赤字比率が30%以上の市町村は、財政再建団体となります。自治体の破綻を未然に防ぐため、財政状況改善を強く促すのがねらいだそうです。財務体質の改善を迫るものです。   もっと読む
2007-09-14 唐津市議会 平成19年  9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 以上が法律の概要でございますが、今回の法律は財政再建団体の基準しかなかった地方財政再建促進特別措置法にかわるものでございます。財政状況の悪化が深刻化する前に、早期に健全化を促すための基準や財政措置を盛り込んだ法律と理解をいたしておるところでございます。  以上でございます。 ○議長(熊本大成君) 青木茂議員。 ◆14番(青木茂君) 質問2点とも総務部所管になってしまいました。   もっと読む
2007-09-12 みやき町議会 2007-09-12 平成19年第3回定例会(第3日) 本文 2点目の出資団体が破綻した場合の責任の所在についての御質問ですが、これは出資町が破綻し、財政再建団体となったときと想定をしておりますが、1つの場合として、三養基西部土地開発公社にそれぞれの借り入れがないときは、出資しております町で解散、清算を行うこともできますし、また、継続することも可能であるという上部機関の見解をいただいております。 もっと読む