451件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

唐津市議会 2020-12-09 12月09日-04号

最後に、将来負担比率でございますが、これにつきましては将来の財政を圧迫する可能性度合いを示すものでございまして、本市の数値は108.1%から115.8%で推移をしておりまして、財政健全計画を定めなくてはならない早期健全化基準350%を下回っているものの、県内他市と比較をすると、これも高い水準でございまして、県内10市においては10番目の数値となっているところでございます。 

唐津市議会 2020-10-06 10月06日-12号

しかしながら、財政健全の道のりにつきましては、決して平坦なものではございませんで一朝一夕で達成できるものではございません。 監査意見書でご指摘いただいているように、近年は社会保障経費投資的経費増加をしておりまして、さらには多様化する住民ニーズ対応公共施設老朽化対策等におきましても今後、多額の財源が必要になる見通しでございます。

唐津市議会 2020-10-02 10月02日-10号

最後に、将来負担比率でございますが、将来の財政を圧迫する可能性度合いを示すものでございまして、早期健全化基準の350%を超えますと、財政健全計画を定めなければなりませんが、令和年度は115.8%となっております。 平成30年度の108.1%からは、7.7ポイント上昇となったところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 吉村議員

唐津市議会 2020-09-15 09月15日-07号

最後に、将来負担比率につきましては、108.1から115.9%で推移をしておりまして、財政健全計画を定めなければならない早期健全化基準350%を下回っているものの、類似団体と比較しますと高い水準推移をしてきております。 ただ、この4年間で実質公債費比率、将来負担比率につきましては、数値の低下は見られてきているものではございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 白水議員

多久市議会 2020-06-22 06月22日-05号

この地方公共団体財政健全化に関する法律におきましては、4つの指標について毎年度財政状況をチェックし、早期健全化基準財政再生基準を超える自治体にそれぞれ財政健全計画、また、財政再生計画を策定し、実施することを義務づけるという制度となっています。言わば早めにイエローカード、レッドカードを見分けてちゃんと忠告をし、健全化に復帰できるようにしなさいという法律の趣旨になっています。

伊万里市議会 2020-03-23 03月23日-05号

まず、私が赴任して力を入れて取り組み、そして、今後も取り組んでいただきたいのは、これまでの議論にある地方創生、この取組を支えるための財政健全でございます。私は伊万里市の財政状況、特に、お金の使われ方などを様々なところで説明してまいりました。 伊万里市は、御承知のとおり、伊万里湾を抱く市域でございます。昭和の合併以降は、製造業などの集積により工業港として発展しております。

鳥栖市議会 2020-03-09 03月11日-03号

財政健全、社会保障充実のためということが大きな理由でした。 しかし、この消費税は、財政健全のためでも社会保障充実のためでもなく、法人税引下げの穴埋めに使われてきました。 当初予算を見ても、地方消費税交付金社会保障財源化分として8億5,000万円、前年度比約3億円の増になっています。 しかし、国保税介護保険料引下げに使われるどころか、引上げというのが実態であります。 

唐津市議会 2019-12-16 12月16日-07号

令和年度税制改正に関する提言でも、財政健全国家的課題であると、歳入では安易に税の自然増収を前提にすることなく、また歳出については聖域を設けずに、分野別の具体的な削減の方法と工程表を明示し、着実に改革を実行するよう求めてありますとなっておりますけども、財政健全に向けても計画的に進めてください。 そのためにも、施設の統廃合の具体化についても、早急な判断が要ると思っております。

みやき町議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

地方行財政改革といたしましては、国、地方双方歳出改革効率化を積極的に推進することとし、具体的には新経済財政再生計画に定める目安に従って、歳出改革等の加速、拡大や臨時財政対策債等発行額の圧縮、さらには臨時財政対策債などの債務の償還に取り組み財政健全につなげるとしています。  

唐津市議会 2019-12-13 12月13日-06号

2つ目が、財政健全に向けた行財政改革推進でございます。 さきに申しましたように、今後の財政運営が厳しさを増すことが予想される中、サステナブル、いわゆる持続可能な財政運営を確立するためには、限りある歳入に見合った歳出削減を図りつつ、基礎的な行政サービスを含めた真に必要とする施策に対しまして、安定的かつ継続的な財源措置が必要でございます。

伊万里市議会 2019-10-17 10月17日-08号

これからも厳しい財政状況が見込まれるなか、引き続き財政健全に取り組むこと。(1) 歳入について 一般会計における収入未済額合計は12億1,907万円で、前年度に比べ6億5,433万円増加している。増加の主なものは、災害復旧事業の翌年度繰越によるものである。 市税収入未済額は1億7,602万円で、前年より5,832万円減少している。

唐津市議会 2019-10-15 10月15日-12号

執行部におかれましては、引き続き財政健全に向けた取り組みを緩めることなく進めていただくとともに、これらの財政需要への対応や今回の決算審議で取り上げられました課題について十分に検証し、加えられ、今後の行政運営にしっかりと反映していただくよう要望いたしまして、賛成討論といたします。 以上です。 ○議長田中秀和君) 伊藤一之議員。          

唐津市議会 2019-09-09 09月09日-02号

◆9番(吉村慎一郎君) この項、最後質疑になりますが、財政調整基金については、財政計画における今年度末の残高14億7,000万円を下回らない範囲ということではあるようですが、引き続き、財政健全に努められますようお願いいたします。 次に、6月議会でもお尋ねしました、繰越事業進捗状況について質疑をいたします。