129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会−03月22日-付録

                │ │    │   │       │ (3) 返礼品への前副市長の関与について            │ │    │   │       │2.危機管理について                      │ │    │   │       │ (1) 危険区域における避難所のあり方について         │ │    │   │       │ (2) 昨年の豪雨災害

伊万里市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月13日−06号

しかし例えば、去年の豪雨災害時など、SNSを使った市からの情報提供だけではなくて、市民の方からの問い合わせなどが想定されると思います。災害時などは特にその返信などをしたほうがよいと思いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(前田久年)  総務部長。 ◎総務部長(古場博)  災害時のSNSへの返信についてということでお答えをいたします。  

みやき町議会 2019-03-04 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日) 本文

款1.ふるさと寄附金事業費のうち、平成30年7月豪雨災害復旧事業費特別交付金につきまして、やむを得ない理由等により、年度内復旧が完了できない場合等に対応するため、繰越明許費をお願いするものでございます。  6ページをお願いします。  歳入予算の補正について御説明いたします。  款3.繰入金、項1.基金繰入金は325,831千円の減額をお願いいたしております。

みやき町議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

平成30年の7月豪雨災害復旧事業費特別交付金として8,167千円をお願いいたしております。  議案第22号から議案第29号までは各会計の当初予算でございます。  議案第22号 平成31年度みやき町一般会計予算については、総額14,026,468千円の予算計上をお願いしております。昨年度と比較して955,086千円、7.3%の増となっております。  

唐津市議会 2018-12-14 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号

10月には、豪雨災害復旧にかかわり、長時間の時間外勤務を続けている職員さんが就業中に倒れて、救急車で運ばれるという事態も起こっています。災害復旧業務とはいえ、現場を管理する管理職の方々は、職員さんの健康や命に責任を持つ立場として、どのように時間外業務の命令を出されているかということについて疑問を持っている次第です。  

伊万里市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号

本年7月6日に発生した西日本豪雨災害に関連する市の対応について改めて質問をいたします。  昨日もお話があったところですけれども、議会では第2回の議員と語ろう・意見交換会を市内全13町で行いました。今回は共通テーマとして、災害時における自助・共助・公助について意見交換を行ったところであります。

唐津市議会 2018-12-11 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月11日−03号

平成29年度の赤字につきましては、熊本地震など九州における災害の影響による客足の減少が回復しない中、当年7月に九州北部豪雨災害が発生するなど、近年増加傾向にある天候不順により客足が遠のいたことが主な原因であると考えているところでございますが、当施設は、性質上、天候不順の影響が受けやすく、収入面で不安定なところを持ち合わせております。  

唐津市議会 2018-12-10 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号

◆5番(古藤宏治君) 前任者の質問によりますと、中止期間中に必要な費用については、唐津市建設工事請負契約約款の条項により負担し、工事一時中止に係るガイドラインに沿って算定し請負業者と協議をするとのことですが、7月の梅雨前線豪雨災害のときには、のり面下方に設置してあった現場事務所、重機等が被災したと報告がありました。  

伊万里市議会 2018-12-06 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−03号

2点目については、先ほどもありましたように、7月の西日本豪雨災害を受けての、市町村においてはため池の緊急点検というのがなされたと思っております。その緊急点検の状況、結果についてお知らせいただければと思います。  3点目では、今回、西日本豪雨の教訓を生かして、また新たに豪雨による決壊対策として、防災重点ため池の新しい具体的な基準が示されております。

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-付録

する支援の内容及び全体的な復旧の見通しに│ │    │   │       │ ついて                            │ │    │   │       │4.農業の振興策について                     │ │    ├───┼───────┼────────────────────────────────┤ │    │ 10 │松 永 憲 明│1.豪雨災害対策

唐津市議会 2018-10-04 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号

駐車場の整備が完了した状態での営業が可能となったことし6月以降の状況を見ますと、6月は利用者で97%、販売高で99%と、好調だった前年に近い数字を記録し、7月は七山でも豪雨災害があった中、利用者が96%、販売高で97%を記録いたしました。さらに、8月は利用者で前年比109%、販売高で110%と伸びております。

佐賀市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会−09月25日-08号

次に、今回の豪雨災害住宅の被害があった基山町では、被災者生活再建支援法により支援金が支給されたと聞いております。  佐賀市でもこういう全壊、半壊の家があったと思いますけど、それは該当しないのでしょうか。 ◎田中稔 保健福祉部長   まず、被災者生活再建支援制度の内容について説明しながら回答したいと思います。  

伊万里市議会 2018-09-25 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月25日−07号

(2)議会災害時対応について 7月の豪雨災害時の対応を教訓に、議会において、災害発生時に執行機関を支援し、迅速かつ適切な対応をするために、平時において対応の指針を定めておくことが極めて大切であるとの認識のもと、昨年度の特別委員会で策定過程であった、「伊万里市議会における災害発生時の対応要領」、「大規模災害発生時の議員行動マニュアル」及び「対応フロー図」の見直し作業を行った。

佐賀市議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-07号

◆御厨洋行 議員   今回の豪雨災害は、今までにない甚大な被害をもたらすものでした。昨今、日本全国で台風地震など、さまざまな災害が発生しております。ガイドについては、つくってそのままでは機能が十分ではないかなというふうに考えます。先ほど3,000部というふうにお示しいただきましたが、ガイドの見直し、内容の見直しは行っていますでしょうか。

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

次に、平成30年7月豪雨災害を踏まえて、市の災害対策を問うということで質問いたします。  7月5日から6日以降、西日本を中心として広範囲に被害を広げた豪雨災害を初め、台風21号、北海道地震など、打ち続く各地での災害のもと、改めて亡くなられた方をお悼みするとともに、被災された皆さんのなりわいや暮らしが一日も早く復興することをお祈りいたします。  

佐賀市議会 2018-09-19 平成30年 9月定例会−09月19日-05号

1点目に豪雨災害の対応について伺います。  7月6日17時10分に佐賀長崎福岡の3県に発表された大雨特別警報は1日で8府県に広がり、最終的に運用が開始されて以来、最多となる計11府県で発表されました。この豪雨により西日本を中心に多くの地域河川の氾濫、浸水害土砂災害が発生し甚大な災害となったところです。

みやき町議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第6日) 本文

予備費は当初予算で20,000千円を計上しておりましたが、7月の豪雨災害対策に係ります緊急的な経費等に予備費充用をさせていただきました関係から、今後の緊急を要する経費に備え追加補正を計上させていただいているところでございます。  以上、一般会計補正予算(第2号)につきまして、主な歳入、人件費及び総務部関連の主な歳出について説明いたしました。