54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

実際に相談に応じる職員の資質向上も大変重要な課題であるというふうに考えておりますので、県や警察本部が主催する研修への参加ですとか、あるいはまた市独自の研修会を開催するなどして、犯罪被害者の方たちが受ける、いわゆる二次的被害ですとか、また相談を受ける側の二次受傷、こういったことへの対処の仕方などについて理解や知識を深めるよう努めているところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

そういったことから、佐賀県警察本部でゾーン30を設置するかどうかの判断、それから、制度の運用といいますか、そういったことをされておりますので、その取り組みがどういったものなのかということを市のホームページなどで紹介していきたいというふうに思っておりますし、また、佐賀市交通対策議会でも情報提供しながら、各種団体の方々と意見交換をしてまいりたいと思います。

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

◎眞崎武浩 市民生活部長   分析についてでございますが、佐賀県警察本部に確認しました。平成29年中の佐賀県の中学生による自転車交通事故の負傷者数ですけれども、ここ数年、減少傾向だったのが、確かにこの平成29年は前年より36件、約46%程度の増というふうになっております。しかしながら、県警のほうでは、はっきりとした原因は特定できていないということでございました。  

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

◎志満篤典 建設部長   当該箇所で車が一時的にはけていく理由といたしましては、市道江頭西渕線を含む佐賀駅北口周辺の信号機は、佐賀県警察本部により面的に集中制御されていると聞いております。市道三溝線との交差点を含む、この駅前周辺の交差点は、東西南北両方向にセンサーを設置されており、車の交通量に応じ、コンピューターの自動制御により信号の青時間を調整することで、通行の最適化が図られております。

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

加えて、佐賀県佐賀県警察本部、それから、佐賀VOISSが主催する犯罪被害者支援フォーラムへの参加の呼びかけを市のホームページを使って行っており、昨年の開催時には佐賀市職員もスタッフとして参加し、社会全体で被害者を支えるまちづくりのために関係機関と連携したところであります。また、その際、市のリーフレットの配布を行い、積極的に広報啓発活動に取り組んだところであります。  

佐賀市議会 2018-06-15 平成30年 6月定例会−06月15日-04号

第10次佐賀市交通安全計画では、毎年実施計画を定め、年度ごとの取り組みを推進しておりますが、平成29年度においては佐賀県警察本部が発表いたしました平成28年中の県内市町別の交通事故発生状況ランキングにおいて、佐賀市がワーストワンとなったことを受けまして、交通事故脱ワーストワンキャンペーンを実施し、南北警察署や南北交通安全協会等の関係機関と連携しながら、市民総ぐるみで交通事故防止に取り組んでまいりました

佐賀市議会 2018-06-13 平成30年 6月定例会−06月13日-02号

さらに、佐賀県防災安全・安心情報配信システムのあんあんメールにより、佐賀県警察本部から登録者へ事案発生のメールが送信されます。  このようにして学校保護者へ周知が行われております。  以上でございます。 ◆富永明美 議員   それぞれ答弁いただきました。  それでは、まず少子化対策の観点から見た不妊治療についての一問一答に入ります。  

佐賀市議会 2017-12-08 平成29年11月定例会−12月08日-07号

次に、このままでは6年連続のワーストワンになるのではないかという御質問でありますが、佐賀県警察本部に確認いたしましたところ、ことしの県内の人身交通事故は10月末現在で昨年同時期より11%程度減少しているものの、人口10万人当たりの人身交通事故発生件数は681.9件で、残念ながらワーストワン脱却には至っておりません。  なお、ワーストツーの静岡県との差が10.9件と僅差というふうになっております。

佐賀市議会 2017-03-09 平成29年 2月定例会−03月09日-06号

◎眞崎武浩 市民生活部長   県からの情報提供といいますか、要請については佐賀県警察本部からになります。佐賀県警察本部から昨年の2月に、県知事と、それから、県内20の市や町の首長が意見交換をするGM21、こういった場におきまして各市や町に対して、この犯罪被害者支援条例を制定してもらいたいという要請はあっているところであります。  

佐賀市議会 2016-12-07 平成28年11月定例会−12月07日-04号

相談を受けた警察の対応といたしましては、市役所近隣の巡回を強化し、佐賀県警察本部サイバー犯罪対策室が電子提言が行われた市役所のパソコンのアクセスデータ解析し、現在、捜査が行われております。  また、財産活用課の対応といたしましては、ふだんから人目につきにくく気がつきにくい場所を、爆破予告時間前まで複数回、人員をかえながら不審物の捜索を行っております。

佐賀市議会 2016-09-09 平成28年 8月定例会−09月09日-02号

それと、佐賀消防署の協力を得まして、通常は佐賀県警察本部の北側のほうの中央出張所には救急車がないんですけれども、この祭りの期間中は救急車を配置させるなどしてもらって、万が一のための対応ということで準備させてもらっております。 ◆宮崎健 議員   救急車、保健師、それと多分、給水所もふやされたんじゃないかなと思うんですね。給水所にもかなり多くの市民が来られていました。

佐賀市議会 2015-03-10 平成27年 3月定例会−03月10日-04号

この研修会では、やはり佐賀県警察本部サイバー犯罪対策室、あるいは佐賀県教育委員会協力を得ながら最新の犯罪、あるいはトラブル事例、こういうものを紹介しながら教職員の研修を積んでいただいて各学校での指導に生かしているところでございます。 ◆池田正弘 議員   現在、そういった教科の中でも当然カリキュラムの中に入っている、また、生徒指導でも行っているということでございます。  

みやき町議会 2014-12-12 2014-12-12 平成26年第4回定例会(第3日) 本文

佐賀県警察本部が毎年発行している統計情報交通さが」というのがありますけれども、その中には、国道を初め、主要地方道、一般県道ごとの路線別交通事故発生件数が掲載されております。しかし、御質問の県道277号江口東尾線については、統計資料の掲載がございませんでしたので、鳥栖警察署担当課に照会をいたしたところでございます。  

佐賀市議会 2014-12-04 平成26年11月定例会−12月04日-03号

最後に、オレオレ詐欺や還付金詐欺などの佐賀市内での振り込め詐欺の発生件数と、その被害金額につきまして、このことは佐賀県警察本部に問い合わせた結果でございますが、平成25年度は13件で被害金額は2,350万円、今年度は10月の時点で24件、4,960万円となっており、既に昨年度の約2倍の被害が報告されているところでございます。  以上でございます。